音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサード リンク

Michael Franksの1983年のアルバム『Passion Fruit』。
Michael Franks / Passion Fruit
Michael Franksは、AORやジャズ・シーンを代表するシンガー・ソングライター。ジャズやボサノヴァが香るエレガントな楽曲を繊細なウィスパー・ヴォイスで歌うというスタイルを、デビュー以来貫いている。その知的な音と歌声は、一聴するとMichael Franksのものと分かるほど個性的。また、端正な顔立ちとクールな佇まい、スタイリッシュなカヴァー・アートというビジュアル面でも際立つ上質感がある。

知的という点では、Donald FagenやKenny Rankin、Ben Sidranなども思い浮かぶが、Michael Franksの場合は、博士号を持つ本物のインテリ。だが、その音はどこまでもソフトでロマンティックだ。

本作は、Michael Franksの通算8作目となるスタジオ・アルバム。
70年代のアルバムのほとんどは、Tommy LiPumaがプロデュースを担当していたが、80年代に入ってからはプロデューサーを変えており、本作以降はRob Mounseyがプロデュースを担当している。

70年代のメロウな質感のアルバム群と比べると、音の輪郭はシャープ。また、「Now That Your Joystick's Broke / ジョイスティックが壊れる時」などの電子音を取り入れた曲に80年代を感じる。

「Rainy Night In Tokyo」は、大の日本好きで知られるMichael Franksらしい曲。私のCDは輸入盤だが、歌詞カードには「東京の夜は雨」という日本語のタイトルまで併記された。

「When Sly Calls (Don't Touch That Phone) / スライが電話をしてきたら」は、本作の中で一番スタイリッシュな曲。Manhattan Transferのようなキメキメの女性コーラスに、Randy BreckerのFlugelhornがシャープに絡む様は最高にクールだ。

「Never Satisfied」と「How The Garden Grows / ふたりの花園」の2曲では、Toots Thielemansがハーモニカを吹いている。特に、「ふたりの花園」における郷愁たっぷりのハーモニカには泣かされる。Tootsの数ある名演の中でも最高の1曲ではないだろうか。

なお、Tommy LiPumaがすっかり手を引いたかというと、そうでもない。本作のデザインは、Tommy LiPumaの姪であるLaura LiPumaが担当している。

●収録曲
1. Alone At Night / ひとりぼっちの夜 - 4:35
2. Never Satisfied - 3:51
3. Amazon - 5:40
4. Now That Your Joystick's Broke / ジョイスティックが壊れる時 - 2:48
5. Sunday Morning Here With You / 愛のサンデイ・モーニング - 4:33
6. Never Say Die - 3:36
7. Rainy Night In Tokyo / 東京の夜は雨 - 4:42
8. Tell Me All About It / 愛の物語 - 4:31
9. When Sly Calls (Don't Touch That Phone) / スライが電話をしてきたら - 5:22
10. How The Garden Grows / ふたりの花園 - 3:37


◆プロデュース: Rob Mounsey(k)

◆参加ミュージシャン: Hiram Bullock/Jeff Mironov/John Tropea(g), Will Lee(b, bv), Neil Jason(b), Steve Gadd/Chris Parker(ds), Nana Vasconcelos(per), Astrud Gilberto/Kenny Rankin/Hamish Stuart(bv), Randy Brecker(tr), Toots Thielemans(harmonica), etc

▶こちらもお薦め

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサード リンク



関連記事
2017/02/23 18:11 AOR名盤(1983年) TB(0) CM(0)
Steely Danの1980年のアルバム『Gaucho』。
Steely Dan / Gaucho
Steely Danは、Donald Fagen(vo,k)とWalter Becker(g)のユニット。彼らのアルバム制作のスタイルは、一流のセッション・ミュージシャンを集めて二人が納得するまで何テイクも演奏させるというもの。1976年の前作『Aja』からその方法が採られ、通算7枚目のスタジオ・アルバムとなる本作『Gaucho』では、それがさらに徹底された。

本作は、ニューヨークのスタジオを中心に、複数のスタジオでレコーディングされている。本作のために、「スタジオの同じ部屋を1年以上も押さえていた」という説もある。レコーディング費用は100万ドル近くかかり、それを回収するために通常のレコードよりも1ドル高い価格で発売された。

実際には10曲ほどがレコーディングされたが、アシスタント・エンジニアのミスで消されてしまった曲など、いくつかのトラブルが原因で7曲になったらしい。

多くの曲が5分を超える長さだが、プロデューサーのGary Katzによると、「無駄なパートは一切なく、どれもが必然性がある。削れるところを削っても1曲が5分以上になってしまう」そうだ。

二人はミュージシャンにやり直しを求める理由を言わず、ただ、「違うアプローチでやって欲しい」と言うらしい。また、曲に合わせて必要な部分だけを使うため、自分の演奏が全く採用されなかった不幸なミュージシャンもいたようだ。その中には、Will Lee(b)やChris Parker(ds)というビッグ・ネームもある。

前作『Aja』では、「Peg」のJay Graydon(g)や「Aja」のSteve Gadd(ds)、「Home At Last」のBernard Purdie(ds)など、後世に語られる名演というものがある。かたや本作では、一分の隙もなく洗練した演奏があるものの、ミュージシャンの顔はあまり見えない。

二人が楽曲を洗練させるプロセスにおいて、ミュージシャンの「個」は不要なのだろう。最高の1曲を作るために、一流のミュージシャンの個性をあえて犠牲にする。この異様なストイックさが、本作の7曲を崇高なものにしている。

本作の翌年、二人はコンビを解消した。Donald Fagenは、「創作意欲が枯れてきた」と発言。Fagenが、その創作意欲が尽きるほどに情熱を注いだ芸術作品である。

●収録曲
1. Babylon Sisters - 5:51
2. Hey Nineteen - 5:04
3. Glamour Profession - 7:28
4. Gaucho - 5:32
5. Time Out Of Mind - 4:10
6. My Rival - 4:30
7. Third World Man - 5:14


◆プロデュース: Gary Katz

◆参加ミュージシャン: Donald Fagen(vo, k), Walter Becker(g, b)
with Mark Knopfler/Steve Khan/Larry Carlton/Hugh McCracken/Hiram Bullock/Rick Derringer(g), Rob Mounsey/Don Grolnick/Joe Sample(k), Chuck Rainey/Anthony Jackson(b), Bernard Purdie/Steve Gadd/Jeff Porcaro/Rick Marotta(ds), Ralph MacDonald/Victor Feldman(per), Tom Scott/David Sanborn/Michael Brecker(ax), Randy Brecker(tr, flugelhorn), Michael McDonald/Patti Austin/Valerie Simpson(bv), etc

▶こちらもお薦め

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサード リンク



関連記事
2017/02/22 15:51 AOR名盤(1980年) TB(0) CM(0)
カテゴリー一覧

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサード リンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年作『Bobby Caldwell

お気に入りに追加

ブロとも申請

この人とブロともになる

ブロとも一覧
ミュージックのお薦め
アクセスランキング
QRコード
QR
最新記事一覧
AOR名盤(1983年) - Michael Franks / Passion Fruit 2017/02/23
AOR名盤(1980年) - Steely Dan / Gaucho 2017/02/22
AOR名盤(1976年) - Steely Dan / Royal Scam 2017/02/21
AOR名盤(1988年) - Ned Doheny / Life After Romance 2017/02/20
AOR名盤(1977年) - Rosie / Last Dance 2017/02/19
Amazon専用ストア
アクセスカウンター