音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサード リンク

Deep Purpleの1996年作『Purpendicular / 紫の証』の紹介です。
このアルバムから、ギタリストがRitchie BlackmoreからSteve Morseに変わります。

Steve Morseは速いだけでなく、丁寧に、きれいに弾く、職人肌のギタリスト。

個性の強いプレイによって目立つタイプではなく、メンバーとしてバンドの良さを最大限に引き出すタイプのミュージシャンです。

The Dregs、Kansas、Steve Morse Bandなどのバンド活動を経て、Deep Purpleのメンバーとなりました。

アメリカのプログレッシヴ・ロック界を牽引したKansasも、Steve Morseが参加した1986年作『The Power』において、楽曲がレベルアップしています。

紹介する『Purpendicular』も、Steve Morseの参加がバンドに好影響をもたらしています。

1984年の再結成以降のDeep Purpleが好きな方にはマスト・アイテムです。

●収録曲
1. Vavoom: Ted The Mechanic
2. Loosen My Strings
3. Soon Forgotten
4. Sometimes I Feel Like Screaming
5. Cascades: I'm Not Your Lover
6. The Aviator
7. Rosa's Cantina
8. A Castle Full Of Rascals
9. A Touch Away
10. Hey Cisco
11. Somebody Stole My Guitar
12. The Purpendicular Waltz


Deep Purpleは本作以降、『Abandon』(1998年)、『Bananas』(2003年)、『Rapture of the Deep』(2005年)と、コンスタントに作品を出しており、Steve Morseもバンドのギタリストとして定着した感があります。

※他のSteve Morse参加作品のお薦めは、以下の2作品。
 【左】Kansas『The Power』(1986年作)
 【右】The Dregs『Industry Standard』(1982年作)



最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサード リンク



2012/10/14 18:44 Deep Purple TB(0) CM(0)
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサード リンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
Rock名盤(1977年) - Phoebe Snow / Never Letting Go (薔薇の香り) 2017/07/21
Rock名盤(1980年) - Billy Joel / Glass Houses (グラス・ハウス) 2017/07/19
Soul/R&B名盤(1976年) - The Sons of Champlin / A Circle Filled With Love 2017/07/14
Soul/R&B名盤(1985年) - Sade / Promise 2017/07/12
Rock名盤(1978年) - Billy Joel / 52nd Street (ニューヨーク52番街) 2017/07/10
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
アクセスカウンター