音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサード リンク

Art Garfunkelの1975年のアルバム『Breakaway / 愛への旅立ち』。
Art Garfunkel / Breakaway (愛への旅立ち)
Art GarfunkelはNY生まれのシンガー・ソングライター。Paul Simonと組んだ「Simon & Garfunkel」の活動があまりにも有名だが、70年代以降はソロ活動に専念し、高音域の美しいテナー・ヴォイスをじっくり聴かせる良質なアルバムをリリースしている。

本作は、Art Garfunkelの2枚目のソロ・アルバム。カヴァー曲や外部のライターが書き下ろした曲のみで構成したアルバムである。各々のプロフィールは以下のとおり。

●カヴァー曲
「I Believe / 永遠の想い」:Stevie Wonderの72年のアルバム『Talking Book』から。
「Rag Doll / 悲しきラグ・ドール」:Steve Eatonの74年のアルバム『Hey Mr. Dreamer』から。
「Disney Girls」:The Beach Boysの71年のアルバム『Surf's Up』から。(Bruce Johnston作)
「Waters of March / 春の予感」:Antonio Carlos Jobimの73年のアルバム『Jobim』から。
「I Only Have Eyes for You / 瞳は君ゆえに」:ジャズ・スタンダード。(Al Dubin, Harry Warren作)
「99 Miles From L.A. / L.A.より99マイル」:Albert Hammondの75年の同名アルバムから。

●書き下ろし
「Break Away / 愛への旅立ち」(Gallagher and Lyle):彼らも翌年のアルバム『Break Away』に収録。
「My Little Town」(Paul Simon):Paulも同年のソロ・アルバム『時の流れに』に収録。
「Looking for the Right One / めぐり会い」(Stephen Bishop):Stephenも78年作『水色の手帖』に収録。
「The Same Old Tears on a New Background」(同上):Stephenも76年のアルバム『Careless』に収録。

このうち、「I Only Have Eyes for You / 瞳は君ゆえに」、「Break Away / 愛への旅立ち」、「My Little Town」、「I Believe / 永遠の想い」の4曲がシングル・カットされ、最初の3つはBillboard Hot 100チャートの各々18位、39位、9位をマークした。また、アルバム自体もBillboard 200チャートの9位に到達している。

本作のハイライトはやはり、Paul Simonとのデュエットが久し振りに実現した「My Little Town」だろう。Simon & Garfunkelの歌声には、きんと冷えた冬の朝のような清潔感と緊張感があって好きなのだが、この抜群にフレッシュな曲にも同じ歌声を聴くことができる。

また、ロマンティック・バラードの達人として知られるStephen Bishopが書き下ろした2曲も名曲中の名曲。Art Garfunkelほど高音ではないが、Stephen Bishopも美しいテナー・ヴォイスの持ち主。両曲ともセルフ・カヴァーをしているので、聴き比べると良いだろう。

Albert Hammondの「99 Miles From L.A. / L.A.より99マイル」もグレート。Art Garfunkelは「天使の歌声」と称されるが、この曲での歌声は「天使の」という形容に相応しい神聖な響きを宿している。

●収録曲
1. I Believe (When I Fall In Love It Will Be Forever) / 永遠の想い - 3:48
2. Rag Doll / 悲しきラグ・ドール - 3:06
3. Break Away / 愛への旅立ち - 3:35
4. Disney Girls - 4:32
5. Waters Of March / 春の予感 - 3:37
6. My Little Town - 3:50
7. I Only Have Eyes For You / 瞳は君ゆえに - 3:39
8. Looking For The Right One / めぐり会い - 3:21
9. 99 Miles From L.A. / L.A.より99マイル - 3:30
10. The Same Old Tears On A New Background / ある愛の終りに… - 3:45


◆プロデュース: Richard Perry, Art Garfunkel(vo)

◆参加ミュージシャン: Stephen Bishop(g, bv), Paul Simon(g, vo), Pete Carr/Andrew Gold(g), Bill Payne/Bruce Johnston/Barry Beckett(k), Jim Keltner/Jim Gordon/Russ Kunkel(ds), Joe Osborn/Max Bennett(b), Joe Clayton(per), Toni Tennille/Graham Nash/David Crosby(bv), etc

▶こちらもお薦め

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサード リンク



2017/03/27 17:39 AOR名盤(1974~1976年) TB(0) CM(0)
James Taylorの1974年のアルバム『Walking Man』。
James Taylor / Walking Man
James Taylorはアメリカを代表するシンガー・ソングライター。(意外にも、)The Beatlesの設立したアップル・レコードから1968年にデビューし、現在に至るまでゆったりしたペースで活動を続けている。

作る曲の多くは柔らかいアコースティック・サウンドを基調としており、繊細な詩を穏やかなメロディに乗せて歌うものが多い。その声には癒しとロマンティックな響きがあり、彫の深いハンサムな顔立ちということもあって、異性からモテる。Carly Simonとの結婚生活(72年~83年)などは羨ましい限りだ。

2015年の最新作『Before This World』も素晴らしい内容だった。グラミー賞の受賞歴があり、ロックの殿堂入りもしているのに、全米チャートの1位を獲得したのはこのアルバムが初めてという話も魅力的で、心憎い。

いろいろな意味で、羨ましい人生を歩んでいる。

さて、『Walking Man』はJames Taylorの通算5枚目のスタジオ・アルバム。
プロデュースをセッション・ギタリストのDavid Spinozzaが担当しており、アコースティックで素朴な味わいがありながら、サウンドは洗練されている。

収録曲は、David Spinozzaが書いた「Ain't No Song」とChuck Berryの「The Promised Land」のカヴァーを除いて、James Taylorの作。

「Rock 'N' Roll Is Music Now」と「Let It All Fall Down」の2曲には、目立たないがPaul & Linda McCartney夫妻がバック・ヴォーカルで参加している。また、James TaylorとCarly Simon夫妻が子守唄のように優しく歌う「Daddy's Baby」は、夫妻の第一子であるSallyに捧げた歌であろう。Sally Taylorはこの年の1月7日に生まれ、両親と同じように音楽の道を進んだ。歌手の矢野顕子さんが、1995年のアルバム『Piano Nightly』において、この曲をピアノの弾き語りで歌っている。

シングル・ヒットがなかったこともあり、このアルバムはあまり売れなかった。売れ行きやヒットは、それを生活の糧とするミュージシャンにとって間違いなく大切なこと。タイトル曲の「Walking Man」は、さはさりながら歩き続ける、と意思表明したかのようだ。淡々とした曲だが力強く、とても清々しい。

●収録曲
1. Walking Man - 3:30
2. Rock 'N' Roll Is Music Now - 3:25
3. Let It All Fall Down - 3:30
4. Me And My Guitar - 3:30
5. Daddy's Baby - 2:37
6. Ain't No Song - 3:28
7. Hello Old Friend - 2:45
8. Migration - 3:14
9. The Promised Land / 約束の地 - 4:03
10. Fading Away - 3:32


◆プロデュース: David Spinozza(ar, g)

◆参加ミュージシャン: Hugh McCracken(g, harmonica), Kenny Ascher/Don Grolnick/Ralph Schukett(k), Andy Muson(b), Rick Marotta(ds), Ralph MacDonald(per), Carly Simon/Paul & Linda McCartney/Peter Asher(bv), etc

▶こちらもお薦め

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサード リンク



2017/03/06 15:58 AOR名盤(1974~1976年) TB(0) CM(0)
Stephen Bishopの1976年のアルバム『Careless』。
Stephen Bishop / Careless
Stephen Bishopは、哀愁漂うロマンティックな曲を作ることで人気のあるシンガー・ソングライター。自らの愛称をタイトルに付けた1978年のアルバム『Bish / 水色の手帖』は、AORの名盤として知られている。

彼は映画音楽も手掛けており、85年の映画『White Nights』の挿入曲で、Phil CollinsとMarilyn MartinによりBillboard Hot 100チャートの1位を獲得した「Separate Lives」や、82年の映画『Tootsie / トッツィー』のテーマ曲「It Might Be You」などはStephenの作。また、顔立ちが男前のStephenは、自らも役者として70年代、80年代の映画に何本か出演している。

本作『Careless』は、Stephen Bishopのデビュー作。
「On and On」がBillboard Hot 100チャートの11位のヒットを記録した他、「Save It for a Rainy Day / 雨の日の恋」も22位を記録するなど、ヒットという点ではStephenのアルバムの中で最も良い成果を残したアルバムだ。

本作の収録曲は全てStephenの自作で、そのほどんどは哀愁のある美しいバラード。それらの曲では、しっとりしたストリングスをバックに、Stephenの甘く香るような優しい歌声と、時折のきれいなファルセットを聴くことができる。残りのポップで軽快な曲に関しても、アコースティックな響きを基調とする穏やかなものが多い。

Eric Claptonが「Sinking In An Ocean Of Tears」と「雨の日の恋」の2曲でギターを弾くなど、デビュー作にしては参加ミュージシャンの顔ぶれが豪華。バック・ヴォーカリストには、Chaka Khan(2, 7, 10の3曲)、Art Garfunkel(3, 6, 11の3曲)の名前も見られる。Clapton以外のギタリストも、Larry Carlton, Lee Ritenour, Jay Graydonと、役者を揃えている。

Stephen Bishopは、その服装も洒落ている。モノクロのフロント・カヴァーからは分からないが、インナーを見ると、白いジャケットにピンクのシャツ、ネクタイにハットという服装で、その足元をスニーカーで崩すカッコ良さ。彼のサイト stephenbishop.com を見ても、デザインがとてもスタイリッシュだ。
Stephen Bishop / Careless (インナー・フォト)

●収録曲
1. On And On - 3:00
2. Never Letting Go - 3:45
3. Careless - 3:42
4. Sinking In An Ocean Of Tears - 3:08
5. Madge - 4:03
6. Every Minute - 3:57
7. Little Italy - 3:35
8. One More Night - 3:58
9. Guitar Interlude - 0:32
10. Save It For A Rainy Day / 雨の日の恋 - 3:10
11. Rock And Roll Slave - 3:35
12. The Same Old Tears On A New Background - 2:38


◆プロデュース: Henry Lewy, Stephen Bishop(vo, g)

◆参加ミュージシャン: Eric Clapton/Andrew Gold/Jay Graydon(g), Craig Doege(k), Jim Gordon/Russ Kunkel(ds), Art Garfunkel/Chaka Khan/Leah Kunkel(vo), etc

▶こちらもお薦め

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサード リンク



2017/02/27 16:25 AOR名盤(1974~1976年) TB(0) CM(0)
カテゴリー一覧

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサード リンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年作『Bobby Caldwell

お気に入りに追加

ブロとも申請

この人とブロともになる

お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
ミュージックのお薦め
アクセスランキング
QRコード
QR
最新記事一覧
AOR名盤(1978年) - Mike Finnigan / Black & White 2017/05/28
AOR名盤(1982年) - Leslie Smith / Heartache 2017/05/27
AOR名盤(1980年) - Randy Meisner / One More Song 2017/05/25
AOR名盤(1982年) - Tom Snow / Hungry Nights 2017/05/23
AOR名盤(1982年) - Jimmy Webb / Angel Heart 2017/05/21
Amazon専用ストア
アクセスカウンター