音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサード リンク

Mike Finniganの1978年のアルバム『Black & White』。
Mike Finnigan / Black & White (1978年)
Mike Finniganはセッション・キーボーディスト兼ヴォーカリストとして、60年代後半から様々なアーティストと活動を共にしたベテラン・ミュージシャン。バンドの一員としての活動も、70年代のDave Masonバンドでの活動や、その後のDFK(The Dudek, Finnigan, Krueger Band)の結成などが知られている。

ソロ・アルバムは2枚あり、本作はセカンド・アルバム。76年のデビュー作『Mike Finnigan』はスワンプ・ロックの名盤と言われているが、本作『Black & White』はFinniganのシンガーとしての魅力と力量を存分に伝える内容。長身を生かしたそのパワフルな歌声は、しばしばBill Champlinと比較される。

本作にはDave Mason(g)の他、MasonバンドのメンバーであったJim Krueger(g), Rick Jaeger(ds), Bob Gloub/Gerald Johnson(b)が参加した。また、Les Dudek(g)も参加しており、DFK結成の布石となっている。

収録曲にはカヴァー曲が2曲(7, 9)あり、残りをAl Kooper(1)、Max Gronenthal(2, 5, 6, 8)、Jim Krueger(3)、Tom Jans(4)、Richard Stekol(10)等が提供した。

ポップで爽やかな「Just One Minute More」やアコースティックの名品「The Words」、メロウ・ミディアムの「Can't Keep A Secret」や熱唱系の情熱的なバラード「I Could Never Leave You」、コクのあるグルーヴが心地よいファンキー・チューン「Hideaway From Love」など、良曲が揃っている。


このうち、Jim Krueger作の「The Words」は、Dave Masonの同年のアルバム『Mariposa De Oro / 黄金の蝶』にも収録された。また、カヴァー曲のうち「Expressway To Your Heart」は、Soul Survivorsの67年のヒット曲(全米4位)。もう一方の「Let Me Love You」は、Ray Kennedy作のソウルフルなロック・ナンバーで、Ray Kennedyが在籍したKGBの76年のデビュー作『KGB』の収録曲である。

Mike Finniganの豪快な歌いっぷりは、確かにBill Champlinを思わせる。「I Could Never Leave You」のような一途なバラードにおける熱さはBill Champlin以上かも知れない。


Bill Champlinも同じ年に『Single / 独身貴族』でソロ・デビューするが、その後の活動の幅はFinniganよりも広い。曲作りの才能に恵まれていたことと、甘いバラード系も歌いこなす器用さがそうさせたのかも知れない。

Mike Finniganは本作の後、Les Dudek、Jim Kruegerとロック・バンドのDFKを結成し、80年にアルバム『DFK』でデビューする。ダイナミックで爽快なロック・ナンバーを揃えた男っぽいアルバムで、お薦めだ。

●収録曲
1. Just One Minute More - 3:32
2. How Wrong Can You Be - 4:19
3. The Words - 3:12
4. Can't Keep A Secret - 3:30
5. I Could Never Leave You - 4:13
6. Sailfish - 4:04
7. Expressway To Your Heart - 3:54
8. Love Might Keep Us Forever - 3:34
9. Let Me Love You - 2:45
10. Hideaway From Love - 4:23


◆プロデュース: Ron Nevison

◆参加ミュージシャン: Mike Finnigan(vo, k), Dave Mason(g), Les Dudek/Jim Krueger(g, bv), Max Gronenthal(k, bv), Bob Gloub/Gerald Johnson(b), Jeff Porcaro/James Gadson/Rick Jaeger(ds), Bobbye Hall(per), Marty McCall(bv), etc

▶こちらもお薦め

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサード リンク



2017/05/28 16:10 AOR名盤(1978年) TB(0) CM(0)
Bill Champlinの1978年のアルバム『Single / 独身貴族』。
Bill Champlin / Single (独身貴族) (1981年)
Bill Champlinはカリフォルニア生まれのベテラン・シンガー。60年代から活動しており、ロック・バンドのSons Of Champlinを率いて65年から77年まで活動したのちにソロに転向し、セッション・ヴォーカリストやソングライターとして精力的に活動を続けた。Chicagoの元メンバーとしても知られており、82年の名作『16 / ラヴ・ミー・トゥモロウ』からChicagoに加入し、2009年に脱退するまでキーボード、ギター、ヴォーカルを担当している。ChicagoというとPeter Ceteraのイメージが強いが、在籍期間はBill Champlinの方が長い。

ソロ・アルバムはこれまでにライヴ盤も含めて8枚を制作しており、本作はファースト・ソロ・アルバム。Sons Of Champlinを解散してからChicagoに加入するまでの間に制作されたアルバムである。

本作ではまだ駆け出しのDavid Fosterをプロデューサーに起用。Fosterの他にTOTOのメンバーやJay Graydon、Michael McDonald等、この後のAORシーンを牽引する主要なミュージシャンが集い、活気に満ちたフレッシュなサウンドが生まれた。

私がAORを聴くようになった最初の頃に出会ったアルバムで、1曲目の「What Good Is Love」を聴いて、その溌剌としたメロディとガッツのある演奏をとても気に入ったことを覚えている。


この曲はHarry GarfieldとJay Graydonによる共作だが、残りは全てBill Champlinの作/共作。David Foster等が共作者となっている。

「I Don't Want You Anymore」は、ファンキーでノリの良いリズムとフュージョン・タッチの洗練された演奏の両方を味わえる好ナンバー。ただ勢いがあるだけでなく、サウンドの細部まで緻密に練られているところがこのアルバムの良さだ。

「We Both Tried」はメロディの美しいロマンティックなバラードで、Bill Champlinのソウルフルな熱唱を味わえる。Robbie Dupreeも80年のデビュー作『Robbie Dupree / ふたりだけの夜』でこの曲をカヴァーした。


Bill Champlinのヴォーカルは表情豊かでパワフル。また曲ごとのクレジットがないので詳細は分からないが、Jeff Porcaroと思われるしなやかで引き締まったドラムスも随所で聴こえてくる。

昨年7月にソニーの「AOR CITY 1000」シリーズからCDが再発されており、お薦め。アルバム全体がポジティヴなムードに満ちており、聴くと元気をもらえる。

●収録曲
1. What Good Is Love - 3:40
2. I Don't Want You Anymore - 3:56
3. We Both Tried - 4:56
4. Yo' Mama - 4:09
5. Fly With Me - 3:59
6. Love Is Forever - 3:59
7. Careless - 3:53
8. Elayne - 3:30
9. Keys To The Kingdom - 5:08


◆プロデュース: David Foster(k)

◆参加ミュージシャン: Bill Champlin(vo, g, k), Jay Graydon(g, sy), Steve Lukather/Ray Parker, Jr.(g), David Paich(k), Steve Porcaro(sy), David Hungate/David Shields(b), Jeff Porcaro/Larry Tolbert/Duris Maxwell(ds), Jerry Hey(horn), Marty Paich(strings), Daryl Hall/Bobby Kimball/Michael McDonald(bv), etc

▶こちらもお薦め

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサード リンク



2017/05/20 19:54 AOR名盤(1978年) TB(0) CM(2)
Marc Jordanの1978年のアルバム『Mannequin / マネキン』。
Marc Jordan / Mannequin (1978年)
Marc Jordanは、ニューヨーク生まれのカナダ人シンガー・ソングライター。セッション・ミュージシャンやソングライターとして活動しながらソロ・アルバムもコンスタントに制作しており、特に最初の2枚のアルバムはAORの名盤として高い人気と評価を得ている。

本作はファースト・アルバムで、Steely Danの一連のアルバムのプロデュースを手掛けたことで知られるGary Katzがプロデュースを担当した。なお、79年のセカンド・アルバム『Blue Desert』では、当時勢いのあったJay Graydonがプロデュースを担当している。

Steely Danの名作『Aja / 彩(エイジャ)』の翌年ということもあって、このアルバムにはDonald Fagenを始めとする "Aja参加ミュージシャン" が多く集まった。他にもDavid FosterやTOTOのメンバー、J.D. SoutherやTimothy B. Schmitなど、AORやウェスト・コースト・サウンドを牽引した面々がこぞって参加している。デビュー・アルバムにして、これだけの豪華な顔ぶれは珍しい。

「Survival」の乾いたギターはLarry Carltonかな? どっしりした硬質なドラムスはHarvey Masonだろう。
「Jungle Choir」のクールなシンセはDonald Fagen、グルーヴ感満点のドラムスはJeff Porcaroだな。
「Mystery Man」の艶やかなギターはLarry Carlton、いやDean Parksだろうか? もしかしてJay Graydon?
…などと勝手に想像しながら聴くのは本当に楽しい。


全曲がMarc Jordanの作。ロック、ポップス、ジャズなど、曲によって表情を変えながら、洒落たメロディと上品な演奏を楽しむことができる。どの曲も、聴いていて心地よいことこの上なし。

「Only Fools」などは、Steely Danのアルバムに入っていそうなクールな雰囲気。また、「Marina Del Ray」のようなトロピカルな避暑地ポップスもMarc Jordanらしい。この曲は、カナダのAC(Adult Contemporary)チャートでは23位をマークした。


Marc Jordanの歌い方はどこかぶっきらぼうでラフな感じだが、バックのきちんとした演奏と不思議と合う。

Marc Jordanのソング・ライティングのセンスが光る名盤。2016年4月にワーナーの「新・名盤探検隊」シリーズから、最新のデジタル・リマスタリングでCDが再発されている。

●収録曲
1. Survival - 3:40
2. Jungle Choir - 3:00
3. Mystery Man - 4:08
4. Marina Del Ray - 3:11
5. Red Desert - 4:45
6. Street Life - 4:24
7. Dancing On The Boardwalk - 3:54
8. Only Fools - 3:50
9. On Step Ahead Of The Blues / ブルースの一歩先 - 2:58
10. Lost Because You Can't Be Found / 愛はこれから - 2:42


◆プロデュース: Gary Katz

◆参加ミュージシャン: Donald Fagen/David Foster/David Paich(k), Larry Carlton/Dean Parks/Steve Lukather(g), Chuck Rainey(b), Jeff Porcaro/Harvey Mason(ds), Tom Scott(sax), J.D. Souther/Timothy B. Schmit/Brenda Russell(bv), etc

▶こちらもお薦め

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサード リンク



2017/05/11 17:14 AOR名盤(1978年) TB(0) CM(2)
カテゴリー一覧

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサード リンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年作『Bobby Caldwell

お気に入りに追加

ブロとも申請

この人とブロともになる

お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
ミュージックのお薦め
アクセスランキング
QRコード
QR
最新記事一覧
AOR名盤(1978年) - Mike Finnigan / Black & White 2017/05/28
AOR名盤(1982年) - Leslie Smith / Heartache 2017/05/27
AOR名盤(1980年) - Randy Meisner / One More Song 2017/05/25
AOR名盤(1982年) - Tom Snow / Hungry Nights 2017/05/23
AOR名盤(1982年) - Jimmy Webb / Angel Heart 2017/05/21
Amazon専用ストア
アクセスカウンター