音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサード リンク

The Bliss Bandの1979年のアルバム『Neon Smiles』。
The Bliss Band / Neon Smiles (1979年)
The Bliss Bandは、イングランド出身の職人ソングライターであるPaul Bliss率いるイギリスの5人組。彼らのデビュー・アルバムは1978年の『Dinner With Raoul / デビュー!』で、そこではJeff Baxterがプロデュースを担当した。本作『Neon Smiles』はそれに続くセカンド・アルバム。彼らのアルバムはこの2枚しかなく、どちらもソニーの「AOR CITY 1000」シリーズから2016年7月に再CD化されている。

前作と同様に、リーダーのPaul Blissがメンバーとの共作も含めて全ての曲を書いている。Paul Blissの作るメロディには独特の気品と繊細さ、憂いがあり、そうしたところに英国らしい魅力を感じる。

後にメジャーになる曲が2曲あり、1つ目はチャーミングでポップなメロディの「How Do I Survive?」。Michael McDonaldの奥様のAmy Hollandが80年のデビュー作『Amy Holland / エイミー』でこの曲をカヴァーし、Billboard Hot 100チャートの22位となるヒットを記録した。Dan Sealsも同じ年のデビュー作『』でカヴァーしたほか、The Nolansも82年のアルバム『』でこの曲を歌っている。

もう1曲は、7分を超える重厚なロック・チューンの「That's The Way That It Is」。こちらはGraham Bonnetの81年のアルバム『』や、Uriah Heepの82年のアルバム『』など、ハード・ロック系のアーティストにカヴァーされたほか、AORでもThe Presidentの83年のアルバム『By Appointment Of / ホット・ブラッド・サマー』でカヴァーされている。

静かで幻想的な「Someone Else's Eyes」や牧歌的なインスト曲の「If It Takes Until Forever」はブリティッシュ・プログレの味わい。Paul Blissは90年代にThe Moody Bluesの活動に参加するが、その片鱗が窺えるようだ。

「Chicago」も絶品。靄のかかったような憂いのあるメロディと濃厚なメロウネス。重たいベース・ラインは、どこかKenny Logginsの名曲「Nightwatch」を思わせる。Paul Blissのソング・ライティングの妙を味わえる名曲だ。

●収録曲
1. Stagefright - 4:34
2. How Do I Survive? - 4:08
3. Hollywood - 3:51
4. Someone Else's Eyes - 4:12
5. Doctor - 4:31
6. Chicago - 5:40
7. We Never Had It So Good - 3:14
8. If It Takes Until Forever - 2:37
9. Something About You - 3:59
10. That's The Way That It Is - 7:15


◆プロデュース: Geoff Westley(k, flute, ar)

◆参加ミュージシャン: Paul Bliss(vo, k), Phil Palmer(g, vo), Alan Park(k), Andy Brown(b, vo), Nigel Elliott(ds, per)
with Frank Ricotti(per), Raphael Ravenscroft(sax)


最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサード リンク



2017/09/24 15:20 AOR名盤(1979年) TB(0) CM(2)
Bill LaBountyの1979年のアルバム『Rain In My Life』。
Bill LaBounty / Rain In My Life (1979年)
Bill LaBountyは癒しと和みのある曲を作ることで定評のあるシンガー・ソングライター。切ないが人肌の温もりのあるメロディ。素朴で穏やかな歌声。さり気なく洗練されたアレンジ。Billの作る曲と歌声には、疲れた時や気分が沈んだ時にそっと寄り添ってくれるような優しさがある。

Bill LaBountyは70年代初めにFat Chanceというグループで活動し、72年にアルバム1枚を残している。その後にソロとなり、75年にファースト・アルバム『Promised Love』を、78年に2作目の『This Night Won't Last Forever / 涙は今夜だけ』をリリース。本作『Rain In My Life』は3作目にあたる。

前2作に続いてJay Senterがプロデュースを担当。前作のような豪華ミュージシャンを招いての制作ではなく、バンドのようなまとまりのある等身大の音になっている。

収録された10曲のうち「Clap Me In Irons」はRandy Goodrumの作で、それ以外はBill LaBountyのオリジナル。このうち、Michael Johnsonと2曲(1, 5)、Roy Freelandと3曲(2, 4, 7)、ギタリストのRon Culbertsonと1曲(3)、Milo Adamo、Jay Senterと1曲(6)を共作している。

「Dancin' Tonight」「Trail To Your Heart」「I'm Hurtin'」「What About You」「Little Rivers」などは、まさにBill LaBounty節。優しくちょっぴり切ないメロディにほろっと来る。

本作で2曲を共作したMichael JohnsonはBill LaBountyの曲を好んで歌っており、本作の収録曲に関しては、78年のアルバム『The Michael Johnson Album』で「Dancin' Tonight」と「Trail To Your Heart」を、79年のアルバム『Dialogue』で「Drops Of Water」を歌った。

私は4作目の『Bill LaBounty / サンシャイン・メモリー』に感動して、AORを広く聴くようになった。サウンドが格段に洗練した4作目と比べると本作は地味な印象を受けるが、曲に癒しと安らぎを求めるならば、Billのどのアルバムからも同じ満足を得られる。

●収録曲
1. Dancin' Tonight - 4:40
2. Trail To Your Heart (Sailing Without A Sail) - 3:17
3. Isn't It A Cry - 3:57
4. Drops Of Water - 4:31
5. I'm Hurtin' - 3:37
6. Sometimes Love Songs Make Me Cry - 4:22
7. What About You - 3:50
8. Clap Me In Irons - 4:25
9. To Hear The Band - 3:09
10. Little Rivers - 3:52


◆プロデュース: Jay Senter

◆参加ミュージシャン: Bill LaBounty(vo, k), Ron Culbertson/Steve Gibson(g), David Jackson/Reggie McBride/Jack Williams(b), Randy Hart/Shane Keister(k), Jack White/Roy Yeager(ds), Mike Harvey/Oliver Brown(per), Jim Gordon(sax), Tommy Morgan(harmonica), Marcy Levy/Randy Hart(bv)


最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサード リンク



2017/08/06 17:57 AOR名盤(1979年) TB(0) CM(2)
Paul Ankaの1979年のアルバム『Headlines』。
Paul Anka / Headlines (1979年)
Paul Ankaはカナダ出身のシンガー・ソングライター。「Diana」(57年, 米2位)、「Lonely Boy」(59年, 米1位)、「Put Your Head On My Shoulder」(59年, 米2位)、「Puppy Love」(60年, 米2位)などの大ヒット曲の作者であり、Frank Sinatraの代表曲である「My Way」の英詩を担当したことでも知られる。

60年代初めまでに隆盛を極めた大スターというイメージがあるが、その後も精力的に曲やアルバムを制作し、「(You're) Having My Baby」(74年, 米1位)のヒットによって70年代中盤のチャートに復帰。時流を捉える感度が高く、同郷のDavid Fosterのフレッシュな才能にもその頃から注目し、アルバム制作に起用していた。

本作『Headlines』は、Paul AnkaがDavid Fosterを大きく起用した最初の作品。Fosterがリズム・アレンジを担当したタイトル曲「Headlines」ではタイプライターの効果音を巧みに使うなど、時流を意識したエレガントなポップ・ロック・サウンドになっている。ちなみに、この曲ではPaul Anka本人が実際にタイピングをした。

共作も含めて全曲がPaul Ankaのオリジナル。Paul Ankaらしい甘美なバラードの「Andi」とメロディの瑞々しい「Life Song」以外を共作している。

穏やかな曲調の「As Long As We Keep Believing」は、優れたソングライターのBarry Mann & Cynthia Weil夫妻との共作。シングル・カットされ、ACチャートでは29位をマークした。

David Fosterとは「Never Get To Know You」と「Learning To Love Again」の2曲を共作。フレッシュなロック・サウンドと美しいバラードの組み合わせだが、どちらも華やかなオーケストレーションで包まれており、とてもエレガントな仕上がり。

「Learning To Love Again」は、David Fosterの83年のファースト・ソロ・アルバム『』に収録の美しいインスト曲「The Dancer / 氷上のダンサー」の原曲と言われている。聴き比べると面白い。

●収録曲
1. Headlines - 4:54
2. As Long As We Keep Believing - 3:40
3. Andi - 3:33
4. Never Get To Know You - 6:34
5. Learning To Love Again - 5:28
6. I Can't Get Over You - 3:29
7. Together Again - 3:00
8. Life Song - 3:20
9. Leave It All To Me - 5:30


◆プロデュース: Michael DeLugg, Paul Anka(vo)

◆参加ミュージシャン: Fred Tackett/Jay Graydon/Larry Carlton(g), John Pierce/Mike Porcaro/Neil Stubenhaus(b), David Foster/Neil Larsen/Terry Trotter(k), Michael Boddicker(sy), Mike Baird/Rick Shlosser(ds), Joe Porcaro/Victor Feldman(per), Tom Scott(sax), Chuck Findley(tp), Adam Mitchell/Jim Haas(bv), etc


最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサード リンク



2017/08/02 19:25 AOR名盤(1979年) TB(0) CM(0)
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサード リンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
AOR名盤(1979年) - The Bliss Band / Neon Smiles 2017/09/24
AOR名盤(1982年) - China / China (夜明けのダンサー) 2017/09/22
AOR名盤(1981年) - Niteflyte / Niteflyte II 2017/09/20
AOR名盤(1976年) - Silver / Silver (シルヴァー・ファースト) 2017/09/18
AOR名盤(1977年) - Fools Gold / Mr. Lucky 2017/09/15
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
アクセスカウンター