音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサード リンク

Pagesの1979年のアルバム『Future Street』。
Pages / Future Street
PagesはRichard PageとSteve Georgeの二人を中心とするグループ。彼らは80年代中盤に「Broken Wings」と「Kyrie」という2曲の全米No.1ヒットを生んだMr.Misterの前身である。Pagesは知らなくても、Mr.Misterを知っている80's洋楽ファンは多いだろう。

本作はPagesのセカンド・アルバム。
彼らは5人組でデビューしており、78年のデビュー作『Pages / ファースト・ペイジス』では、Peter Leinheiser(g), Jerry Manfredi(b), Russ Battelene(ds)が残りのメンバーであった。このセカンド・アルバムでは、ギタリストがCharles "Icarus" Johnsonに、ドラマーがGeorge Lawrenceに交代している。

本作の収録曲は、共作も含めて全てが彼らのオリジナル。
このうち、1曲目の「I Do Believe In You」はシングル・カットされ、Billboard Hot 100チャートの84位にチャート・インした。Americaが1980年のアルバム『Alibi』で、この曲をカヴァーしている。

また、「Who's Right, Who's Wrong」はKenny LogginsとRichard Pageの共作。Kenny Logginsは79年のアルバム『Keep The Fire』でこの曲をセルフ・カヴァーしており、そこではMichael JacksonとRichard Pageがバック・ヴォーカルを務めた。

RichardとSteveは、それぞれが優れたシンガーであり、本作は彼らの美しいヴォーカル・ハーモニーを存分に味わえる。二人はPagesの活動以外にもヴォーカル・ユニットとして活動しており、様々なアーティストの曲で、二人の美しいバック・ヴォーカルを聴くことができる。

Pagesの演奏はかなりテクニカル。また、楽曲に上品(クール)でソフト(メロウ)な独特の質感があるので、メロウ・フュージョンあるいはソフトなジャズ・ロックとも言える聴き応えのあるサウンドだ。

美しいヴォーカル・ハーモニーと上品でメロウなサウンド、そして技巧的な演奏と、引き出しの多いグループだ。彼らには作詞(lyrics)を専門に担当するJohn Langという6人目のメンバーも存在しており、プロ意識の高さを感じる。Johnは、Richard Pageのいとこである。

●収録曲
1. I Do Believe In You - 4:02
2. The Sailor's Song - 4:20
3. Take My Heart Away - 3:46
4. Future Street - 4:10
5. Who's Right, Who's Wrong - 4:19
6. Chemistry - 5:16
7. Two People - 4:25
8. Keep On - Movin' 4:02


◆プロデュース: Bobby Colomby(per)

◆参加ミュージシャン: Richard Page(vo, k, sy), Steve George(k, sy, vo), Charles "Icarus" Johnson(g), Jerry Manfredi(b), George Lawrence(ds), John Lang(lyrics)
with Kenny Loggins(vo), Joey Trujillo(g), Jai Winding(k), Michael Brecker(sax), Chuck Findley/Jerry Hey/Larry Williams(horns), Don Alias(per), Russell Battelene(ds), etc

▶こちらもお薦め

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサード リンク



2017/03/28 17:08 AOR名盤(1979年) TB(0) CM(0)
The Bee's Kneesの1979年のアルバム『Pure Honey』。
The Bee's Knees / Pure Honey
The Bee's Kneesは、テキサス州のダラスで活動していた男性3人組。メンバーは、Roger Burton, Jerry Jackson, Michael Paulsonの3人で、1978年と79年にアルバムを1枚ずつ残した。

どちらも自主制作のようだが、ライト&メロウの王道を行く素晴らしいサウンド。フロント・カヴァーでは、美味しそうな純蜜で一杯のボトルがオレンジの光を反射しているが、彼らのサウンドはこの蜜のように甘美でナチュラル。また、ボトルのラベルに描かれた南国の木が象徴するように、爽やかな風を運んでくれる。

2004年にはダラスから遠く離れた日本でCD化され、アルバム制作から40年近く経とうとする今もAmazonではCDが購入できるし、こうしてショート・レビューを書く日本人までいる。

さて、本作は彼らのセカンド・アルバム。収録された9曲は、Tony Joe White作の有名曲「Rainy Night In Georgia」とバック・メンバーのRusty Lewisが書いた1曲(5)を除いてメンバー3人のオリジナル。Roger Burtonが5曲(1, 2, 3, 7, 8)、Jerry Jacksonが1曲(9)、Michael Paulsonが1曲(4)を分担し、それぞれリード・ヴォーカルを取っている。

Roger Burtonの歌声は、Kalapana~Macky Feary BandのMacky Fearyと似ており、人肌のぬくもりのある甘い声がとてもロマンティック。Rogerと比べるとJerryとMichaelの歌声は素朴で荒削りな感じだが、Jerryの歌うラストのバラード「I Can See The Child」などは、しみじみと良い。

2004年に発売されたCDには、ボーナス・トラックの扱いで彼らのファースト・アルバム『The Bee's Knees』から8曲が収録されている。実際にはもう1曲あるのだが、「マスターテープの状態が収録に耐え得る度を越していた」という理由で見送られた。実際に8曲を聴いてみると、確かにそういうところもある。

ファースト・アルバムも、本作の助走となるナチュラルでまろやかな音。なお、自主制作とは言え、AORの名盤『Ports Of The Heart』で知られるJimmie Spheerisが参加している。

●収録曲
1. Starry Eyes
2. Winnin' & Losin'
3. All My Love
4. Slip Away
5. Smile
6. Rainy Night In Georgia
7. Wasted
8. You & I
9. I Can See The Child


◆プロデュース: Larry Wallance(ag, per, bv), Michael Paulson, The Bee's Knees

◆参加ミュージシャン: Roger Burton(vo, g), Jerry Jackson(vo, g, p), Michael Paulson(vo, per)
with Anson Funderburgh/Patrick Darling(g), Rusty Lewis(k, ag, bv), Richard Bannister(b), DC Dancan(ds), Randy Lee(sax), etc

▶こちらもお薦め

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサード リンク



2017/02/15 15:14 AOR名盤(1979年) TB(0) CM(2)
Brooklyn Dreamsの1979年のアルバム『Sleepless Nights / ヘヴン・ノウズ』。
Brooklyn Dreams / Sleepless Nights
Brooklyn Dreamsは、ニューヨーク州のブルックリンで幼馴染みであったJoe Esposito, Eddie Hockenson, Bruce Sudanoの3人によるヴォーカル・グループ。彼らは70年代後半から1980年までに4枚のアルバムを残しており、本作はセカンド・アルバムである。

彼らは曲作りも自前でこなし、本作の収録曲もラストの「Heaven Knows」を除いて自作の曲。
「Heaven Knows」は、Donna Summer, Giorgio Moroder等が書いた曲で、原曲はDonna Summerの1978年のアルバム『Live And More』に収録されている。原曲では、Joe EspositoがDonnaのデュエットの相手を務めており、"Donna Summer with Brooklyn Dreams" 名義でシングル・カットもされ、Billboard Hot 100チャートの4位となる大ヒットを記録した。一方、本作収録のカヴァー・バージョンではJoeがリード・シンガーとなり、Donnaがデュエットの相手を務めている。

この「Heaven Knows」や「That's Not The Way That Your Mama Taught You To Be」、「Street Man」、「Coming Up The Hard Way」は、時流のディスコティークな楽曲。「Street Man」は、David Cassidy主演のTV映画『Police Story - A Chance to Live』にも使われた。

「Make It Last」やタイトル曲の「Sleepless Nights」、「Touching In The Dark」は、メロウ度の高いブルー・アイド・ソウル。「Make It Last」はシングル・カットされ、Billboard Hot 100チャートの69位をマークしている。

「Fashion For Me」や「Long Distance」のようなソフトなバラードも素晴らしい。少しナイーヴな感じのヴォーカルは、Bruce Sudanoと思われる。

グループの解散後、Joe Espositoはシンガーとして活躍。1983年の映画『Flashdance』では、Joeが美しいバラード「Lady, Lady, Lady」を歌っている。

Bruce Sudanoは1980年にDonna Summerの夫になり、Donnaが他界する2012年まで結婚生活を送った。Bruceは3人の中では一番のイケメン(画像の一番右)。Donnaは歌の相手にはJoeを選んだが、結婚相手にはBruceを選んだ。

●収録曲
1. Make It Last - 3:22
2. That's Not The Way That Your Mama Taught You To Be - 4:57
3. Medley: Sleepless Nights / Send A Dream - 5:43
4. Fashion For Me - 3:02
5. First Love - 3:26
6. Street Man - 5:28
7. Touching In The Dark - 4:40
8. Long Distance - 3:09
9. Coming Up The Hard Way - 5:22
10. Heaven Knows - 3:38


◆プロデュース: Bob Esty(ar, k)

◆参加ミュージシャン: Joe Esposito(vo, ag), Eddie Swanson Hockenson(vo, per), Bruce Sudano(vo, ag)
with Donna Summer(vo), Jay Graydon/Lee Ritenour/Thom Rotella(g), Jai Winding(k), Chuck Rainey/David Hungate/Scott Edwards(b), Ed Greene/Mike Baird(ds), Victor Feldman(per), Jerry Hey(tr), etc

▶こちらもお薦め

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサード リンク



2017/02/06 16:38 AOR名盤(1979年) TB(0) CM(0)
カテゴリー一覧

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサード リンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年作『Bobby Caldwell

お気に入りに追加

ブロとも申請

この人とブロともになる

ブロとも一覧
ミュージックのお薦め
アクセスランキング
QRコード
QR
最新記事一覧
Rock名盤(1981年) - Santana / Zebop! 2017/03/29
AOR名盤(1979年) - Pages / Future Street 2017/03/28
AOR名盤(1975年) - Art Garfunkel / Breakaway (愛への旅立ち) 2017/03/27
Rock名盤(1981年) - Balance / Balance (ブレイキング・アウェイ) 2017/03/24
Rock名盤(1983年) - Le Roux / So Fired Up 2017/03/22
Amazon専用ストア
アクセスカウンター