音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサード リンク

John Farrarの1980年のアルバム『John Farrar』。
John Farrar / John Farrar (1980年)
John Farrarはオーストラリア出身のミュージシャン。Olivia Newton-Johnのソングライター兼プロデューサーとしての仕事は有名で、「Have You Never Been Mellow / そよ風の誘惑」(75年)、「You're the One That I Want / 愛のデュエット」(78年)、「Magic」(80年)などの全米No.1ヒットを始め、彼女の多くのヒット曲やヒット・アルバムを手がけた。

ロック・バンドのメンバーとしても60年代から活動しており、70年代中盤には英国のThe Shadowsのリズム・ギターを担当していた。ソロ・アルバムは1枚だけあり、それが本作。とても丁寧に作られた印象を受けるアルバムだ。

収録曲は全てJohn Farrarのオリジナルで、このうち3曲(2, 3, 6)を優れたメロディ・メイカーのTom Snowと、1曲(7)をThe Shadowsのリード・ギタリストであるHank Marvinと共作している。

Olivia Newton-Johnの「そよ風の誘惑」もそうだが、優しいメロディを紡ぎ、それをふんわりと華やかに仕上げる手腕が素晴らしく、本作では「Reckless / ときめき」「Cheatin' His Heart Out Again / 雨のハイウェイ」「Recovery」「Falling」「From The Heart / 真心をこめて」あたりにFarrarの良さが表れている。

ファルセットの美しいコーラスがアルバムの随所に入るので、Bee GeesのBarry Gibbあたりが参加しているのかと思いきや、実際はFarrar自らがヴォーカルを幾重にも重ねたもの。細やかな仕事に頭が下がる。

Tom Snowと共作した曲の中では「Recovery」が素晴らしい。ポップなメロディを柔らかくアレンジしたドリーミーな曲だ。

ほとんどFarrarのヴォーカルだけで最後まで聴かせる「Falling」も、しっとりと美しい曲、Olivia Newton-Johnとデュエットしたら、さぞやロマンティックだろうと想像してしまう。

そのOlivia Newton-Johnとのデュエットは、「Reckless / ときめき」の方で実現した。2008年のOlivia Newton-John & Friends名義のアルバム『』に収録され、二人の息の合ったデュエットを聴くことができる。

●収録曲
1. Reckless / ときめき - 3:21
2. Tell Someone Who Cares - 4:16
3. Can't Hold Back - 3:22
4. Gettin' Loose - 3:07
5. Cheatin' His Heart Out Again / 雨のハイウェイ - 4:03
6. Recovery - 4:22
7. It'll Be Me Babe - 3:27
8. Falling - 3:35
9. From The Heart / 真心をこめて - 4:23


◆プロデュース: John Farrar(vo, g, k, b)

◆参加ミュージシャン: Tom Snow(k), Michael Boddicker(sy), Mike Porcaro/David McDaniels(b), Ed Greene/Michael Botts(ds)

▶こちらもお薦め

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサード リンク



2017/06/28 11:04 AOR名盤(1980年) TB(0) CM(0)
Nigel Olssonの1980年のアルバム『Changing Tides』。
Nigel Olsson / Changing Tides (1980年)
Nigel Olssonはイングランド出身のロック・ドラマー。1967年にデビューし、70年からはElton Johnのバンドで活躍している。ソロ活動も並行して行い、最初のソロ作は71年の『Nigel Olsson's Drum Orchestra And Chorus』。内容はインスト・アルバムだが、その後は自ら歌うヴォーカル・アルバムを作っている。

本作『Changing Tides』は5作目。ただし、79年の前作『Nigel / 涙のダンシング・シューズ』の内容が78年の『Niegel Olsson』と3曲しか違わないため、実質的には本作が4枚目のソロ・アルバムと言って良いだろう。

収録曲はカヴァー曲と他のライターの曲で構成されており、選曲がなかなか良い。

爽やかな「Only A Matter Of Time」はEngland Dan & John Ford Coleyの79年のアルバム『Dr. Heckle and Mr. Jive』の収録曲。

美しいバラードの「Should We Carry On」はDavid Foster夫妻とJay Graydonの共作。同年のAirplayのアルバム『Airplay / ロマンティック』の収録曲で、オリジナルではGraydonが歌っている。

ポップな「Trapeze」は、Tony Sciutoの同年のアルバム『Island Nights』の収録曲。「Showdown」もTony Sciutoの作で、Tony自身は99年のアルバム『Be My Radio』でセルフ・カヴァーしている。

ラストの甘美なバラード「If This Is Love」はKerry ChaterとRobbie Pattonの共作。Melissa Manchesterも同年のアルバム『For the Working Girl』で歌い、ACチャートでは19位を記録している。

なお、スペシャル・ゲストとしてElton Johnが参加し、「Showdown」でピアノを弾いている。Elton Johnの同じバンド・メンバーであるDee Murrayもゲスト参加し、「Saturday Night」と「Showdown」のベースを担当した。

Nigel Olssonは決して器用なシンガーではないと思うが、歌心がある。「Should We Carry On」などは、緻密にアレンジされたAirplayのオリジナルよりも、Nigelの歌うバージョンの方が曲の本来の良さを伝えている。あるいは、Fosterが「バラードを叩かせたらピカイチ」と絶賛したというNigelのドラム・プレイにそのような力があるのかも知れない。

●収録曲
1. Saturday Night - 3:18
2. Fool Me Again - 3:23
3. Only A Matter Of Time - 3:10
4. If You Don't Want Me To - 3:33
5. That's How Long - 3:33
6. Showdown - 3:42
7. Should We Carry On - 4:00
8. Trapeze - 3:15
9. If This Is Love - 3:53


◆プロデュース: James Stroud(per), Ed Seay

◆参加ミュージシャン: Nigel Olsson(vo, ds, per), Elton John(p), Richie Zito/Kenny Mims(g), Dee Murray/Don Barrett(b), Russell Ferrante(k), Marilyn Scott(bv), etc

▶こちらもお薦め

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサード リンク



2017/06/18 16:54 AOR名盤(1980年) TB(0) CM(2)
Airplayの1980年のアルバム『Airplay / ロマンティック』。
Airplay / Airplay (ロマンティック) (1981年)
AirplayはJay Graydon(g, vo)、David Foster(k)、Tommy Funderburk(vo)の3人が組んだ名グループ。セッション・プレイヤー、ソングライター、アレンジャー、プロデューサーと、マルチな才能を次々に開花して名声を上げていたGraydonとFosterが意気投合し、そこに強力なハイトーン・ヴォイスを駆使するTommy Funderburkを加えてAirplayが始動した。

本作はAirplayの唯一のアルバム。GraydonとFosterというシーンを牽引する二人の才能が組んだこと、ワン&オンリーの作品であることから、AORシーンでは別格あるいは金字塔的作品として扱われている。

プロデュースをGraydonとFosterが担当し、収録曲も全て彼らの作。共作者をSteve KipnerやAllee Willisといった優秀なライターで固めており、曲のクオリティが高い。

リード・ヴォーカルはFunderburkとGraydonで分け合い、Graydonが4曲(2, 4, 5, 9)を担当している。Graydonの歌声はマイルドかつ爽やかで、歌い方もとても器用だ。

シングルには「Should We Carry On」、「Nothin' You Can Do About It / 貴方には何も出来ない」、日本では「She Waits For Me / 彼女はウェイト・フォー・ミー」が選ばれたがヒットには至らなかった。Graydonのリード・ヴォーカル曲が選ばれていることから、Graydonがグループの中心であることが分かる。

「貴方には何も出来ない」はGraydonが前年にプロデュースしたThe Manhattan Transferのアルバム『Extensions』の収録曲。Leslie Smithも82年のアルバム『Heartache』でこの曲をカヴァーしている。また、ラストの「After The Love Is Gone」はEW&Fの79年の大ヒット曲(全米2位)のセルフ・カヴァーだ。

他の曲も様々なアーティストにカヴァーされており、主なカヴァー・バージョンの収録アルバムは次のとおり。
「Stranded」:『Little Darlin'』(Sheila, 81年)
「It Will Be Alright」:『I Got The Melody』(Odyssey, 81年)、『Harbinger』(Dan Seals, 82年)
「Should We Carry On」:『Changing Tides』(Nigel Olsson, 80年)

演奏陣をTOTOのメンバーを軸に厳選し、バック・ヴォーカリストもBill ChamplinやTom Kellyなどの実力派で固め、精鋭によるレベルの高い演奏を聴かせる。沖縄の海沿いのドライヴでこのCDを聴いたことがあるが、強烈な陽射しの下、真っ青な空と海をバックに「Stranded」が流れ出したとき、とても爽快だった。

●収録曲
1. Stranded - 4:28
2. Cryin' All Night - 4:47
3. It Will Be Alright - 4:00
4. Nothin' You Can Do About It / 貴方には何も出来ない - 4:42
5. Should We Carry On - 3:47
6. Leave Me Alone - 4:35
7. Sweet Body - 4:40
8. Bix - 4:15
9. She Waits For Me / 彼女はウェイト・フォー・ミー - 3:41
10. After The Love Is Gone - 4:29


◆プロデュース: Jay Graydon, David Foster

◆参加ミュージシャン: Jay Graydon(g, vo, ar), David Foster(k, bv, ar), Tommy Funderburk(vo)
with Steve Lukather/Ray Parker Jr.(g), Steve Porcaro/Pete Robinson(sy), David Hungate(b), Jeff Porcaro/Mike Baird(ds), Jerry Hey(tp), Bill Champlin/Tom Kelly/Max Gronenthal(bv), etc

▶こちらもお薦め

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサード リンク



2017/06/16 16:21 AOR名盤(1980年) TB(0) CM(0)
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサード リンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
Rock名盤(1977年) - Phoebe Snow / Never Letting Go (薔薇の香り) 2017/07/21
Rock名盤(1980年) - Billy Joel / Glass Houses (グラス・ハウス) 2017/07/19
Soul/R&B名盤(1976年) - The Sons of Champlin / A Circle Filled With Love 2017/07/14
Soul/R&B名盤(1985年) - Sade / Promise 2017/07/12
Rock名盤(1978年) - Billy Joel / 52nd Street (ニューヨーク52番街) 2017/07/10
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
アクセスカウンター