音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサード リンク

Gerard Kennyの1980年のアルバム『Living On Music』。
Gerard Kenny / Living On Music
Gerard Kennyはニューヨーク生まれのシンガー・ソングライターであり、ピアノ・マン。ニューヨーク生まれのピアノ・マンと言えばBilly Joelの名前が挙がるが、二人は親交があり、1970年から71年にかけてPrimoというバンドで一緒に活動している。

Billy Joelが71年にファースト・アルバム『Cold Spring Harbor』でデビューしたのに対し、Gerardはなかなか日の目を見なかった。彼がファースト・アルバム『Made It Thru The Rain』を出したのは、32歳になる年の1979年。英RCAレコードからのリリースである。ところが、翌80年にそのタイトル曲をBarry Manilowがカヴァーし、本国アメリカのBillboard Hot 100チャートにおいて10位となるヒットを記録。これにより、Gerard Kennyの名前が知られるようになった。

さて、本作『Living On Music』はGerard Kennyのセカンド・アルバムである。アメリカでレコーディングされているが、参加ミュージシャンは英国勢。The Bliss BandのPhil Palmer(g)、元AffinityのMo Foster(b)、元StackridgeのPeter Van Hooke(ds)、Frank Riccotti(per)、元PilotのBilly Lyall(sy)などが参加している。その多くは、ファースト・アルバムの参加メンバーだ。

本作からは、「Getting To Know Each Other」「Fantasy」「Jailbait」「Maggie」がシングル・カットされた。「Jailbait」はThe Beach Boys風の賑やかなナンバーだが、それ以外はGerardがピアノを弾きながら歌うピアノ・マンらしい曲。このうち、瑞々しいバラードの「Fantasy」が英国チャートの34位を記録している。

タイトル曲「Living On Music」の堂々とした歌いっぷりや美しいハーモニーは、どこかQueenを思わせる。"Living On Music" というタイトルには、音楽で生きていくという意気込みや実際にそうしているという自信が表れているようだ。

食事をしているフロント・カヴァーをよく見ると、テーブル・クロスには五線譜が引かれ、フライド・ポテトは音符の形で、マグカップの取っ手はト音記号になっている。音楽が好きだという気持ちが溢れ出ていて、見ていて幸せ。

このアルバムは、昨年7月のソニー「AOR CITY 1000」シリーズにおいて、世界初CD化された。素直にGerard Kennyを祝福したい気持ちになる。

●収録曲
1. You're The Best / きみが最高
2. Fantasy
3. Sucker For Love
4. Crime That Pays
5. April's End / 四月の終わり
6. Southern Comfort
7. Maggie
8. Jailbait / 恋のとりこ
9. Getting To Know Each Other / 知り合えばふたり
10. Living On Music


◆プロデュース: Christopher Neil(bv)

◆参加ミュージシャン: Gerard Kenny(k, vo), Phil Palmer(g), Peter Van Hooke(ds), Mo Foster(b), Frank Riccotti(per), David Cullen/Billy Lyall(sy), Dominic Bugatti/Allan Carvel(bv), etc

▶こちらもお薦め

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサード リンク



2017/03/21 17:18 AOR名盤(1980年) TB(0) CM(0)
Livingston Taylorの1980年のアルバム『Man's Best Friend』。
Livingston Taylor / Man's Best Friend
Livingston Taylorは、James Taylorの弟。兄と同様にシンガー・ソングライターであり、1970年のアルバム・デビューから現在に至るまで、兄とほぼ同じペースでアルバム制作を続けている。Taylor兄弟はAlex, James, Livingston, Kate, Hughの5人で、Livingstonはその三男。全員がミュージシャンである。

Livingstonが兄のJamesと似ているのは、アルバム制作のペースだけではない。アコースティックな響きのある穏やかな曲調や歌声、歌い方も兄と似ている。特に歌声に関しては、兄と区別が付かないほど。従って、彼のアルバムはJames Taylorのアルバムのように聴けてしまう。

本作はLivingston Taylorの5枚目のスタジオ・アルバムで、プロデュースをJeff BaxterとJohn Boylanが担当した。Jeff Baxterが6曲(1, 4, 5, 6, 8, 9)を、John Boylanが残りの曲をプロデュースしている。

Jeff BaxterはSteely DanとThe Doobie Brothersのギタリストを務め、前年の79年にThe Doobie Brothersを離れている。John BoylanはLinda RonstadtのアルバムやBostonのデビュー・アルバムなどを手掛けた名プロデューサー。シンガー・ソングライターのTerence BoylanはJohnの弟だ。

本作にはカヴァー曲が4曲(2, 3, 6, 10)収録されている。
「Dance With Me」はOrleansの75年のアルバム『Let There Be Music / 歌こそすべて』に収録されたヒット曲で、John Hall夫妻の作。「First Time Love」はPat Alger等の作で、Pat AlgerもArtie Traum & Pat Alger名義の80年のアルバム『From The Heart』に収めている。「Dancing In The Streets」は、Martha & The Vandellasの歌により64年に大ヒットしたモータウン・クラシック。そして「Marie」は、Randy Newmanの74年のアルバム『Good Old Boys』の収録曲である。このうち「First Time Love」はシングル・カットされ、Billboard Pop Singlesチャートの38位をマークした。

John Boylanのプロデュースした曲はシンガー・ソングライターらしい曲調であるのに対し、Jeff Baxterのプロデュースした曲には、軽快でポップな「Ready Set Go」やカリプソの「Face Like Dog」、ジャジーにスウィングする「Pajamas」など、リズムを意識したものが多く、本作にほのぼのとした明るさを与えている。

あるいは、本作の穏やかな明るさはLivingston Taylorの性格の表れかも知れない。兄Jamesには内省的な印象があるので、よく似た兄弟の唯一の違いはそのあたりだろうか。

●収録曲
1. Ready Set Go - 3:14
2. Dance With Me - 3:13
3. First Time Love - 2:41
4. Sunshine Girl - 3:49
5. You Don't Have To Choose - 3:26
6. Dancing In The Streets - 3:25
7. Out Of This World - 2:31
8. Face Like Dog - 4:04
9. Pajamas - 1:54
10. Marie - 2:17


◆プロデュース: Jeff Baxter(g), John Boylan

◆参加ミュージシャン: Livingston Taylor(vo, g), Larry Carlton/Steve Cropper(g), Paulinho Da Costa/Victor Feldman(per), Scott Edwards/Neil Stubenhaus(b), Ed Greene/Russ Kunkel/Jeff Porcaro/Rick Shlosser(ds), Tom Funderbunk/Howard Kaylan/Tom Kelly/Don Henley(bv), etc

▶こちらもお薦め

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサード リンク



2017/03/16 17:58 AOR名盤(1980年) TB(0) CM(2)
Steely Danの1980年のアルバム『Gaucho』。
Steely Dan / Gaucho
Steely Danは、Donald Fagen(vo,k)とWalter Becker(g)のユニット。彼らのアルバム制作のスタイルは、一流のセッション・ミュージシャンを集めて二人が納得するまで何テイクも演奏させるというもの。1976年の前作『Aja』からその方法が採られ、通算7枚目のスタジオ・アルバムとなる本作『Gaucho』では、それがさらに徹底された。

本作は、ニューヨークのスタジオを中心に、複数のスタジオでレコーディングされている。本作のために、「スタジオの同じ部屋を1年以上も押さえていた」という説もある。レコーディング費用は100万ドル近くかかり、それを回収するために通常のレコードよりも1ドル高い価格で発売された。

実際には10曲ほどがレコーディングされたが、アシスタント・エンジニアのミスで消されてしまった曲など、いくつかのトラブルが原因で7曲になったらしい。

多くの曲が5分を超える長さだが、プロデューサーのGary Katzによると、「無駄なパートは一切なく、どれもが必然性がある。削れるところを削っても1曲が5分以上になってしまう」そうだ。

二人はミュージシャンにやり直しを求める理由を言わず、ただ、「違うアプローチでやって欲しい」と言うらしい。また、曲に合わせて必要な部分だけを使うため、自分の演奏が全く採用されなかった不幸なミュージシャンもいたようだ。その中には、Will Lee(b)やChris Parker(ds)というビッグ・ネームもある。

前作『Aja』では、「Peg」のJay Graydon(g)や「Aja」のSteve Gadd(ds)、「Home At Last」のBernard Purdie(ds)など、後世に語られる名演というものがある。かたや本作では、一分の隙もなく洗練した演奏があるものの、ミュージシャンの顔はあまり見えない。

二人が楽曲を洗練させるプロセスにおいて、ミュージシャンの「個」は不要なのだろう。最高の1曲を作るために、一流のミュージシャンの個性をあえて犠牲にする。この異様なストイックさが、本作の7曲を崇高なものにしている。

本作の翌年、二人はコンビを解消した。Donald Fagenは、「創作意欲が枯れてきた」と発言。Fagenが、その創作意欲が尽きるほどに情熱を注いだ芸術作品である。

●収録曲
1. Babylon Sisters - 5:51
2. Hey Nineteen - 5:04
3. Glamour Profession - 7:28
4. Gaucho - 5:32
5. Time Out Of Mind - 4:10
6. My Rival - 4:30
7. Third World Man - 5:14


◆プロデュース: Gary Katz

◆参加ミュージシャン: Donald Fagen(vo, k), Walter Becker(g, b)
with Mark Knopfler/Steve Khan/Larry Carlton/Hugh McCracken/Hiram Bullock/Rick Derringer(g), Rob Mounsey/Don Grolnick/Joe Sample(k), Chuck Rainey/Anthony Jackson(b), Bernard Purdie/Steve Gadd/Jeff Porcaro/Rick Marotta(ds), Ralph MacDonald/Victor Feldman(per), Tom Scott/David Sanborn/Michael Brecker(ax), Randy Brecker(tr, flugelhorn), Michael McDonald/Patti Austin/Valerie Simpson(bv), etc

▶こちらもお薦め

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサード リンク



2017/02/22 15:51 AOR名盤(1980年) TB(0) CM(0)
カテゴリー一覧

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサード リンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年作『Bobby Caldwell

お気に入りに追加

ブロとも申請

この人とブロともになる

ブロとも一覧
ミュージックのお薦め
アクセスランキング
QRコード
QR
最新記事一覧
Rock名盤(1981年) - Santana / Zebop! 2017/03/29
AOR名盤(1979年) - Pages / Future Street 2017/03/28
AOR名盤(1975年) - Art Garfunkel / Breakaway (愛への旅立ち) 2017/03/27
Rock名盤(1981年) - Balance / Balance (ブレイキング・アウェイ) 2017/03/24
Rock名盤(1983年) - Le Roux / So Fired Up 2017/03/22
Amazon専用ストア
アクセスカウンター