音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサード リンク

Niteflyteの1981年のアルバム『Niteflyte II』。
Niteflyte / Niteflyte II (1981年)
Niteflyteは、Sandy Torano(g)とHoward Johnson(vo)の二人が結成したマイアミのソウル・ユニット。彼らは2枚のアルバムを残しており、どちらもフリー・ソウルやAORの人気盤になっている。本作『Niteflyte II』は彼らのセカンド・アルバムである。

収録曲は1曲目の「You Are」を除いて彼らのオリジナルで、Howard Johnsonが1曲(6)、Sandy Toranoが残り全てを書いている。また、Sandy Toranoはファースト・アルバムに続いて本作のプロデュースを担当した。

「You Are」はMark CraneyとBrad Coleの作で、Mark Craneyは、同一人物かは不明だが、Gino Vannelliの78年の名盤『Brother To Brother』において見事な腕前を披露したドラマーと同じ名前である。

この「You Are」は、キャッチーなメロディと躍動感溢れる演奏、都会的で洗練されたアレンジの三拍子が揃った、惚れ惚れするようなナンバー。

SMAPの94年のヒット曲「がんばりましょう」の元ネタとして知られており、「がんばりましょう」のサビの部分 "Hey Hey Hey Girl(Boy)" には、この曲の "Hey Hey Hey You" の部分が使われた。「あれっ、どこかで聴いたような…」と思ったら、理由はそういうことである。

続く「You're Breaking My Heart」は、美しくセンチメンタルなバラード。イントロのきらきらしたピアノに続いて流れ出す哀愁を湛えたメロディがとてもロマンティックだ。

切れ味抜群のグルーヴと蕩けるようにロマンティックなバラード。そのどちらにも都会的な洗練と哀愁がある。この2曲がNiteflyteの魅力を十分に伝えている。

Sandy Toranoのギターの腕もかなりのもの。「You Are」のソロではエモーショナルな速弾きを披露し、「Anyway You Want」のイントロではシャープなカッティングを見せ、インスト曲の「Alicia's Song」ではフュージョン・タッチの哀愁味あるギターを聴かせる。

ラストの甘美なバラード「I Knew It Couldn't Happen」のエンディングでは、ベースとサックスとヴォーカル・ハーモニーが幻想的で美しいメロディを織りなし、さながら10ccの「I'm Not In Love」を思わせる。こうしたポップなセンスを持ち合わせているところも人気の秘密だろう。

●収録曲
1. You Are - 3:49
2. You're Breaking My Heart - 4:12
3. Shoot From The Hip - 4:19
4. Anyway You Want - 4:07
5. Sexy Dancer - 4:11
6. On Your Own - 3:54
7. Alicia's Song - 4:18
8. I Knew It Couldn't Happen - 3:51


◆プロデュース: Sandy Torano, Barry Mraz

◆参加ミュージシャン: Sandy Torano(vo, g, ar), Howard Johnson(vo)
with George Bitzer(k), Chocolate Perry/Frank Cornelius(b), Steve Ferrante/Joe Galdo(ds), Joe Lala(per), Jeff Kirk(sax), etc


最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサード リンク



2017/09/20 17:06 AOR名盤(1981年) TB(0) CM(0)
Air Supplyの1981年のアルバム『The One That You Love / シーサイド・ラヴ』。
Air Supply / The One That You Love (シーサイド・ラヴ) (1981年)
Air Supplyはオーストラリア出身のソフト・ロック・デュオ。シンガー・ソングライターでありギタリストのGraham Russellとリード・ヴォーカリストのRussell Hitchcockによって1975年に結成された。

彼らを一躍有名にしたのは1981年にリリースされた5作目の『Lost In Love』。Billboard Hot 100チャートの3位を記録したタイトル曲を始め、3曲が全米チャートのTop 5に入るヒットを記録し、優美なメロディと爽やかなヴォーカル&ハーモニーを特徴とする彼らの音楽は「ペパーミント・サウンド」と呼ばれた。

本作『The One That You Love / シーサイド・ラヴ』はそれに続く6作目。前作の路線を踏襲し、ヒット・チャートでは前作以上の好成績を残している。

ファースト・シングルの「The One That You Love」はBillboard Hot 100チャートにおいて初の(かつ唯一の)1位を獲得。続く「Here I Am」と「Sweet Dreams」も5位を記録し、前作に続いて3曲が全米チャートのTop 5入り。アルバムはBillboard 200チャートの10位となり、彼らのアルバムの中で最高位をマークした。

アルバムに収録された10曲のうち7曲(1, 4, 5, 6, 7, 9, 10)はGraham Russellの作/共作。残りの3曲のうち「Here I Am」はNorman Saleetの作。本作の中で最も清涼感のある "ペパーミントな" 曲だ。同じ年のArt Garfunkelのアルバム『Scissors Cut』に収録された「北風のラスト・レター」もSaleetの作である。

また、「Keeping The Love Alive」はRichard Supa、「I'll Never Get Enough Of You」はGary Portnoy等の作。爽やかな「I'll Never Get Enough Of You」は、Samantha Sangの79年のアルバム『From Dance To Love』の収録曲のカヴァーで、日本では沢田研二と多岐川裕美が主演した81年のTVドラマ『いつか黄昏の街で』で使われ、シングル・カットもされた。

なお、本作の日本盤のフロント・カヴァーは微妙に差し替えられている。オリジナルのデザインはこちら。
Air Supply / The One That You Love (オリジナル・フロント・カヴァー)
構図は同じで、海と大地の違い、気球のデザインの違いしかない。逆にこれしか違わないならば、オリジナルのままで良いではないかと思うが、どうしても『シーサイド・ラヴ』というタイトルに合わせたかったのだろう。

●収録曲
1. Don't Turn Me Away - 3:39
2. Here I Am (Just When I Thought I Was Over You) - 3:46
3. Keeping The Love Alive / 愛をうたにのせて - 3:32
4. The One That You Love / シーサイド・ラヴ - 4:17
5. This Heart Belongs To Me / マイ・ラヴ - 4:11
6. Sweet Dreams - 5:19
7. I Want To Give It All / ギヴ・イット・オール - 3:37
8. I'll Never Get Enough Of You / あなたのいない朝 - 3:42
9. Tonite / 僕のメモリアル・ソング - 3:47
10. I've Got Your Love - 3:39


◆プロデュース: Harry Maslin, Clive Davis

◆参加ミュージシャン: Graham Russell(ag, vo), Russell Hitchcock(vo), David Moyse/Rex Goh(g), Frank Esler-Smith(k), Dave Green(b), Ralph Cooper(ds)


最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサード リンク



2017/09/05 19:07 AOR名盤(1981年) TB(0) CM(0)
Straight Linesの1981年のアルバム『Run For Cover』。
Straight Lines / Run For Cover (1981年)
Straight Linesはカナダのヴァンクーヴァー出身のロック・バンド。メンバーはBob Buckley(k, sax, vo), David Sinclair(g, vo), Peter Clarke(b, vo), Geoff Eyre(ds, vo)の4人で、このうちBobとDavidの二人は古くからスタジオ・ミュージシャンとして活動していた。

彼らのアルバム・デビューは1980年の『Straight Lines』。本作はそれに続くセカンド・アルバムで、ドラマーのGeoffは本作から加入した新メンバー。彼らはファースト・アルバムの時点では2人のドラマーを擁する5人組であったが、その2人が抜けてGeoffが加わった。

収録曲は全て彼らのオリジナル。タイトル曲の「Run For Cover」に代表されるメロディアスなナンバーが揃っており、このうちメロディの綺麗なバラード「Letting Go」はファースト・シングルとなって、Billboard誌のカナダ・チャートでトップ10入りした。

スタジオ・ミュージシャンを中心とするバンドだけあって、演奏はしっかりしている。リード・ヴォーカルのPeter Clarkeの声はMaxusのJay Gruskaにどこか似ており、「Letting Go」もそうだが、「I'm Talking To You」のようなクールなナンバーはMaxusを思わせる。

TOTOと似た出自のバンドだが、TOTOよりもおとなしい(落ち着いた)印象。明確な個性を打ち出せなかったためか、彼らは本作を最後に解散。BobとDavidはBody Electricという80'sらしい名前のバンドを結成し、80年代を活動している。本作は、ソニーの「AOR CITY 1000」シリーズからこの8月にめでたく世界初CD化された。ファースト・アルバム『』のCDも同時に再発されている。

●収録曲
1. Run For Cover - 3:18
2. There Are No Secrets - 3:22
3. It's Gotta Be Tonight - 3:06
4. Letting Go - 3:30
5. Illusions - 3:42
6. Lighten Up - 3:08
7. I've Heard It All Before - 3:19
8. I'm Talking To You - 3:46
9. I've Got News For You - 2:54
10. Easy To Run - 3:37


◆プロデュース: Jeffrey Lesser

◆参加ミュージシャン: Bob Buckley(k, sax, vo), David Sinclair(g, vo), Peter Clarke(b, vo), Geoff Eyre(ds, vo)


最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサード リンク



2017/09/01 17:20 AOR名盤(1981年) TB(0) CM(0)
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサード リンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
AOR名盤(1979年) - The Bliss Band / Neon Smiles 2017/09/24
AOR名盤(1982年) - China / China (夜明けのダンサー) 2017/09/22
AOR名盤(1981年) - Niteflyte / Niteflyte II 2017/09/20
AOR名盤(1976年) - Silver / Silver (シルヴァー・ファースト) 2017/09/18
AOR名盤(1977年) - Fools Gold / Mr. Lucky 2017/09/15
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
アクセスカウンター