音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサード リンク

Keaneの1981年のアルバム『Keane / ドライヴィング・サタデイ・ナイト』。
Keane / Keane (ドライヴィング・サタデイ・ナイト)
Keaneは、Tom(vo, k)とJohn(ds)のKeane兄弟に、ギタリストのMark MoulinとベーシストのMike Millwoodを加えた4人組のロック・バンド。彼らは2枚のアルバムを残しており、本作はデビュー・アルバムである。

兄Tomと弟Johnは、これより前に「The Keane Brothers」としての活動がある。二人のアルバム・デビューは、Tomが13歳、Johnが12歳の1977年。デビュー・アルバム『The Keane Brothers』のプロデュースを手掛けたのは、David Fosterだ。2年後のセカンド・アルバム『Taking Off』のプロデュースには、Foster以外にTOTOのDavid Paichとモータウン・レコードのヒット・メーカーであるLamont Dozierも加わった。この兄弟が如何に注目されていたかが分かる。

この過保護(?)のような状態が窮屈だったのか、二人が自らのロック・バンドを作り、伸び伸びとアルバム制作を行ったのが本作。

フロント・カヴァーの二人は背伸びした少年のようだが、実際にアルバムを聴くと、そのワイルドで分厚い音とのギャップに驚く。楽曲はクールかつエモーショナル。演奏技量は高く、ヴォーカルも熱く成熟している。

Keaneは「TOTOの弟分」として売り出されたので、本作のレベルの高い楽曲と演奏を最初に聴いた時は、AORのアルバムによく見かけるように、TOTOのメンバーをバックに従えているものと思い込んだ。ところが、クレジットのどこを見ても、PorcaroやLukatherやPaichがいない。

特に弟Johnのハードでグルーヴ感満点のドラムスは素晴らしく、その力量をJeff Porcaroも絶賛したとか。
ギタリストのMark Moulinの腕も相当なもので、Steve Lukatherのように情熱的なギターを弾く。Markは30歳なので、Keane兄弟よりひと回り以上も年上だ。

バック・カヴァーにはメンバー4人が仲良さそうに写っているが、少年二人が強面の大人二人に囲まれているように見えなくもない。
Keane / Keane (バック・カヴァー)

なお、Markが作った「My Special Way」の1曲を除いて、曲作りは兄のTomが行っている。タイトルに "Kill" とか "Dead" といったフレーズが見られるのも、NWOBHMの影響や80年代のLAメタル前夜の雰囲気が感じられて、ロック好きには堪らない。

●収録曲
1. Tryin' To Kill A Saturday Night - 3:26
2. Bad Little Baby Girl - 3:52
3. You Got The Better Of Me - 3:18
4. Kill Or Be Killed - 3:57
5. My Special Way - 4:34
6. Baby I'm Dead - 3:28
7. I Love My Life - 3:02
8. Anything Less Than Love - 3:12
9. Lorelei - 4:16
10. Judy - 3:56


◆プロデュース: Tom Keane

◆参加ミュージシャン: Tom Keane(vo, k), John Keane(ds, per), Mark Moulin(g, vo), Mike Millwood(b, vo)

▶こちらもお薦め

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサード リンク



2017/03/04 18:33 AOR名盤(1981年) TB(0) CM(0)
The Manhattan Transferの1981年のアルバム『Mecca for Moderns / モダン・パラダイス』。
The Manhattan Transfer / Mecca for Moderns (モダン・パラダイス)
The Manhattan Transferは、男女4人のジャズ・コーラス・グループ。1969年にグループを結成し、メンバー交代はあるものの現在も男女2人ずつの構成で活動を続けている。本作は彼らの6作目となるスタジオ・アルバム。この時のメンバーは、男性がAlan PaulとTim Hauser、女性がCheryl BentyneとJanis Siegelである。

本作のプロデュースは、1979年の前作『Extensions』に引き続き、Jay Graydonが担当した。両アルバムともシングル・ヒットに恵まれ、好調なチャート・アクションを記録している。

本作の収録曲は9曲。AOR的な視点では、「On The Boulevard」(Marc Jordan作詞、Jay Graydon, Richard Page作曲)、「Spies In The Night」(Alan Paul作詞、Alan, David Foster, Graydon作曲)、「Smile Again」(Alan作詞、Bill Champlin, Foster, Graydon作曲)、「Kafka」(Bernard Kafka作詞、Graydon作曲)の4曲に目が行く。

「On The Boulevard」は、作詞・作曲の豪華なクレジットから抱く期待を裏切らない、クールで洗練度の高いナンバー。Steve Gaddのシャープなドラムスの上をGraydonが華やかなギター・ソロを披露するあたりは、まさにAOR好きのツボ。

「Spies In The Night」は、「ジェームス・ボンドのテーマ」を取り入れた異色の曲。前作にもテレビ番組『The Twilight Zone』のテーマ曲をアレンジした「Twilight Zone/Twilight Tone」という曲があったが、それと同じ路線。

「Smile Again」は、「After the Love Has Gone」の黄金トリオによる甘美なバラード。ロマンティックな曲調やアレンジは、まさに「After the Love Has Gone」を思わせる。

「Kafka」は、彼らの複雑かつ高度なヴォーカリーズにSteve Gaddの手数の多いドラムスがスリリングに絡む圧巻のナンバー。後に続くしっとりしたアカペラ・ナンバー「A Nightingale Sang In Berkeley Square」とのコントラストが効いており、動と静、両方の美しさに言葉を失う。

本作からはドゥーワップ調の「The Boy from New York City」がBillboard Hot 100チャートの7位となる大ヒットを記録。彼ら唯一のTop10ヒットとなっている。また、アルバムもBillboard 200チャートの22位を記録し、彼らのアルバムの中で最高位となった。

Jay Graydonのプロデュース作はアレンジがとても洗練されているので、サウンドの美しさにアーティストの個性が見劣りしてしまうことがあるかも知れない。だが、The Manhattan Transferの場合はヴォーカルの技量・個性が突出しており、プロデューサーとアーティスト双方の力量が素晴らしい相乗効果を生んでいる。

●収録曲
1. On The Boulevard - 4:09
2. Boy From New York City - 3:40
3. (Wanted) Dead Or Alive / おたずね者 - 3:26
4. Spies In The Night - 3:59
5. Smile Again - 4:34
6. Until I Met You (Corner Pocket) - 5:18
7. (The Word Of) Confirmation - 3:15
8. Kafka - 4:08
9. A Nightingale Sang In Berkeley Square - 3:48


◆プロデュース: Jay Graydon(ar, g, k)

◆参加ミュージシャン: Steve Lukather/Dean Parks(g), David Foster/Victor Feldman/Steve George/Greg Mathieson(k), Abraham Laboriel(b), Steve Gadd/Mike Baird(ds), Andy Narell(per), Richie Cole/Tom Scott(sax), Jon Hendricks(scat), etc

▶こちらもお薦め

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサード リンク



2017/03/03 20:03 AOR名盤(1981年) TB(0) CM(2)
Kelly Willardの1981年のアルバム『Willing Heart』。
David Pomeranz / The Truth Of Us
Kelly Willardは、CCMシーンで活躍する女性シンガー・ソングライター。可憐で清潔感溢れる声の持ち主であり、Paul ClarkやBruce Hibbard、Roby DukeなどのCCM系のアルバムのバック・ヴォーカルにその名前を見る機会が多いが、シンガー・ソングライターとしてのアルバム制作もコンスタントに行っている。

本作は彼女が25歳の時にリリースしたセカンド・アルバム。プロデュースを夫のDan Willardと共同で行っている。ちなみにKellyがDanと結婚したのは、Kellyが18歳の時だ。

収録曲は、共作も含めて全て彼女のオリジナル。
共作曲は、KoinoniaのHadley Hockensmithと3曲(3, 4, 6)、Pita Delamaterと1曲(5)、Bruce Hibbardと1曲(8)となっている。

バック・ミュージシャンは、Hadley Hockensmith(g), Harlan Rogers(k), Abraham Laboriel(b), John Phillips(sax)など、Koinoniaのメンバーが固めている。と言っても、静かでアコースティックな曲がほとんどなので、Koinoniaらしいバンド・アンサンブルを聴けるのは、Hadleyが共作した3曲とラストの「The Narrow Way」ぐらい。

このうち、「Comfortable With You」と「Hold On」は、甘酸っぱいメロディとメロウなグルーヴを持つ素晴らしいAORチューン。両曲とも、Bruce Hibbardがバック・ヴォーカルに参加している。

そのBruce Hibbardが共作した「Only You」も極上のナンバー。メロディの美しい曲ばかり揃った本作の中でも、最高に甘美なメロディを持つ曲だ。

「Jesus」というストレートなCCMソングがある。普段、直球のCCMソングは好んでは聴かないのだが、この曲の美しいメロディには聴き入ってしまう。

80年代の終わりに、「天使の歌声」と称して、英国ロック・バンドのAll About Eveのアルバム『All About Eve』(1988年)や『Scarlet and Other Stories』(1989年)、Annie Haslamの1989年のアルバム『Annie Haslam』などが注目されたことがあった。それらは感動的に甘美で切ないメロディを、天使のような美声の女性シンガーが歌うという特徴があった。「Jesus」や「Only You」を聴くと、それを思い出してしまう。

●収録曲
1. Willing Heart - 3:36
2. To Obey Him - 3:34
2. Comfortable With You - 4:59
4. Faithful Love - 3:22
5. A Million Ways - 3:36
6. Hold On - 3:37
7. Jesus - 3:25
8. Only You - 4:10
9. Yesterday's Gone - 3:20
10. The Narrow Way - 3:22


◆プロデュース: Dan Willard, Kelly Willard(vo, k)

◆参加ミュージシャン: Hadley Hockensmith(g), Al Perkins(steel-g), Harlan Rogers(k), Abraham Laboriel/Darrell Cook(b), Keith Edwards(ds), Alex MacDougall(per), John Phillips(sax), Bruce Hibbard/Steve Archer/Michele Pillar/Bob Bennett(bv), etc

▶こちらもお薦め

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサード リンク



2017/02/08 14:55 AOR名盤(1981年) TB(0) CM(0)
カテゴリー一覧

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサード リンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年作『Bobby Caldwell

お気に入りに追加

ブロとも申請

この人とブロともになる

ブロとも一覧
ミュージックのお薦め
アクセスランキング
QRコード
QR
最新記事一覧
Rock名盤(1981年) - Santana / Zebop! 2017/03/29
AOR名盤(1979年) - Pages / Future Street 2017/03/28
AOR名盤(1975年) - Art Garfunkel / Breakaway (愛への旅立ち) 2017/03/27
Rock名盤(1981年) - Balance / Balance (ブレイキング・アウェイ) 2017/03/24
Rock名盤(1983年) - Le Roux / So Fired Up 2017/03/22
Amazon専用ストア
アクセスカウンター