音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサード リンク

Leslie Smithの1982年のアルバム『Heartache』。
Leslie Smith / Heartache (1982年)
Leslie SmithはL.A.を拠点に活動するソウル/R&Bシンガー。70年代は白人・黒人混成の大型グループであるCrackin'のヴォーカリストとして活躍し、Crackin'解散後は実力派セッション・シンガーとして息の長い活動をしている。ソロ・アルバムは82年と92年に1枚ずつあり、特に82年作は名作として知られている。

本作をプロデュースしたPeter BunettaとRick ChudacoffもCrackin'の元メンバー。二人はCrackin'のリズム・セクションを担当していたが、グループ解散後はBunetta&Chudacoffというプロデューサー・チームとして活躍した。他の参加ミュージシャンのうち、Lester Abrams(sy), Arno Lucas(per, bv), Brian Ray(g)もCrakin'の旧友である。

収録曲のほとんどはカヴァー曲や他のライターの書き下ろしであり、Leslie Smithが書いたのは、Lester Abramsと共作した「Don't Shut The Door (On My Love)」の1曲のみ。クオリティの高い曲を見事に揃えたアルバムである。

1曲目の「It's Something」は、Brenda RussellとDavid Fosterによる共作。洗練された爽やかなナンバーで、Brenda Russellも83年のアルバム『Two Eyes / 出逢いのときめき』でセルフ・カヴァーした。


ポップ&メロウな「Before The Night Is Over / 夜の終わりに」は、Merry Claytonとのデュエット曲。シングル・カットされ、R&Bチャートでは71位まで到達した。ちなみにMerry Claytonは、The Rolling Stonesの「Gimmie Shelter」(69年)でMick JaggerとデュエットしたR&Bシンガーである。

華やかな「Nothin' You Can Do About It」は、Foster, Jay Graydon, Steve Kipnerによる共作で、Airplayの80年のアルバム『Airplay / ロマンティック』の収録曲。AirplayではTommy Funderburkがロックシンガー・スタイルの高音で歌ったが、Leslie Smithは爽やかなテナー・ヴォイスで歌っている。


ソウルフルでビターな「Love's A Heartache / 愛の傷跡」はNed Doheny作の名曲。ギタリストのRobben Fordが83年のヴォーカル・アルバム『Love's A Heartache / ホイールズ・オブ・ラブ』で自ら歌った他、Ned Dohenyも88年のアルバム『Life After Romance』でセルフ・カヴァーしている。

この他にもPieces(ピーセス)のリーダー格であるGeoffrey Lieb等が書いた「Dream On」や、Brock Walsh等の「Do You Still Remember Me」など、AORファンには名の知れたソングライターの曲を歌っている。

このアルバムは、2012年に日本のヴィヴィド・サウンドから念願のCD化が実現した。紙ジャケット仕様になっており、オリジナルのジャケットに加えてLP発売当時の国内盤のジャケットが付属するという心づくしのCD化であった。国内盤のアートワークもなかなか美しいが、オリジナルのジャケットに写るLeslie Smithの熱い眼差しの魅力にはかなわない。
Leslie Smith / Heartache (1982年) (国内盤フロント・カヴァー)

●収録曲
1. It's Something - 3:48
2. I'm On The Outside Looking In / アウトサイド・ルッキング・イン - 3:21
3. Before The Night Is Over / 夜の終わりに - 3:35
4. Don't Shut The Door (On My Love) - 4:03
5. Dream On - 4:13
6. Nothin' You Can Do About It - 4:25
7. Love's A Heartache / 愛の傷跡 - 4:46
8. Do You Still Remember Me - 4:00
9. If You're In Love - 4:14


◆プロデュース: Peter Bunetta(ds, per), Rick Chudacoff(b, k)

◆参加ミュージシャン: Ned Doheny/Brian Ray/Dennis Herring(g), Bill Elliot(k), Arno Lucas(per, bv), Joe Lala(per), Norton Buffalo(harmonica), Kal David(sitar, bv), Lester Abrams(sy), Merry Clayton(vo), Arnold McCuller/Matthew Wiener(bv), etc

▶こちらもお薦め

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサード リンク



2017/05/27 09:12 AOR名盤(1982年) TB(0) CM(2)
Tom Snowの1982年のアルバム『Hungry Nights』。
Tom Snow / Hungry Nights (1982年)
Tom Snowは様々なアーティストにヒット曲を提供してきたアメリカのソングライター。代表的なところでは、The Pointer Sistersの「He's So Shy / 内気なボーイ」(80年, 米3位)、Olivia Newton-Johnの「Make a Move on Me」(82年, 米5位)、Melissa Manchesterの「You Should Hear How She Talks About You / 気になるふたり」(82年, 米5位)、Deniece Williamsの「Let's Hear It for the Boy」(84年, 米1位)、Linda Ronstadtの「Don't Know Much」(89年, 米2位)などがある。ポップで品が良く、温かいメロディを書く人である。

ソロ・アルバムは1975年と76年、82年に1枚ずつを出しており、本作『Hungry Nights』は3作目。ギタリストのDean Parksがプロデュースを手掛けた珍しいアルバムである。

「Somewhere Down The Road」と「Don't Call It Love」の2曲以外は全て、このアルバムのための書き下ろし。優れたソングライターだけに、耳になじむ良質なメロディが揃っている。

「Somewhere Down The Road / きっと、どこかで」は、今は別れても、きっとどこかでまた出会うということを力強く伝える感動のバラード。Barry Manilowが81年のアルバム『If I Should Love Again』で歌った曲で、Barry Manilowのシングルは、Billboard Hot 100チャートの22位をマークした。


「Don't Call It Love」は、Kim Carnesの81年のアルバム『Mistaken Identity / 私の中のドラマ』に提供したポップなナンバー。グラミー受賞曲「Bette Davis Eyes / ベティ・デイヴィスの瞳」を収めたアルバムだ。


全曲の作詞/作曲のクレジットは次のとおり。
Tom Snow作曲/Cynthia Weil作詞が4曲(1, 2, 5, 6)、Snow/Eric Kazの共作が2曲(3, 4), Snow作曲/Dean Pitchford作詞が1曲(7)、Snow作曲/Richard Wolf作詞が1曲(8), Snow/John Farrarの共作が1曲(9)、Snowの作詞・作曲が1曲(10)である。

「Somewhere Down The Road」もそうだが、弾き語りに近いスタイルで歌われる「Time Of Our Lives」のようなしっとりとした曲では、Tom Snowの作るメロディの素晴らしさが際立つ。また、Tom Snowは歌っても上手い。美声という感じではないが、ビブラートを細やかに効かせた丁寧な歌い方をする。

このアルバムのCDは、ソニーの「AOR CITY 1000」シリーズから昨年7月に再発された。真っ赤な夕日のカヴァー・アートが印象的だが、これは日本のアナログ盤のジャケットを再現したもの。オリジナルのジャケットには、Tom Snowが葉巻をくわえてポーズを決める渋い写真が使われている。

●収録曲
1. Hungry Nights - 3:38
2. Straight For The Heart - 3:21
3. Love Hangs By A Thread / 愛はひとすじの糸に似て - 4:11
4. Our Song / アワ・ソング・ワンスモア - 3:37
5. Somewhere Down The Road / きっと、どこかで - 3:48
6. Soon - 3:57
7. Don't Call It Love - 3:01
8. I Almost Let You Go / ふりむけば愛 - 3:49
9. I Think I Know Too Much / アイ・ノウ・トゥー・マッチ - 4:00
10. Time Of Our Lives - 3:36


◆プロデュース: Dean Parks(g, b, sy, sax, strings ar)

◆参加ミュージシャン: Tom Snow(vo, k, strings ar), Lee Sklar/Abraham LaBoriel/Hadley Hockensmith(b), Jeff Porcaro/Ed Greene/Tris Imboden/Mike Baird(ds), Lenny Castro(per), Richard Page/Tom Kelly(bv), etc.

▶こちらもお薦め

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサード リンク



2017/05/23 14:53 AOR名盤(1982年) TB(0) CM(2)
Jimmy Webbの1982年のアルバム『Angel Heart』。
Jimmy Webb / Angel Heart (1982年)
Jimmy Webbは、アメリカのポップス・シーンを代表する名ソングライター。Glen CampbellやArt Garfunkelを始めとする様々なアーティストに曲を提供し、1986年にはソングライターの殿堂入りを果たした。

Jimmy Webbは自分のソロ・アルバムも10作以上を出しており、本作は7作目。80年代に残した唯一のソロ・アルバムである。

収録曲は、John Cooperの書いた「One Of The Few」を除いてJimmy Webbのオリジナル。Webbらしい落ち着いた静かな味わいの曲が多いが、ブルース・ロック調の「Work For A Dollar」や、Steve Lukatherが縦横無尽にギターを弾く「His World」のようなTOTOさながらのロック・ナンバーもあり、時流に合わせたコンテンポラリーな作風を取り入れている。

それまでのソングライター然としたアルバムが好きな往年のファンや批評家からの受けは悪かったようだが、Webbのキャリアの中ではもっともAORらしい作品になり、金澤寿和氏の著書『AOR Light Mellow』に紹介された。

「One Of The Few」「Scissors Cut」「Our Movie」「In Cars」などは、成熟した大人が歌う静謐なラヴ・ソングといった味わいがあり、心が震えるような感動を覚える。


「Scissors Cut」と「In Cars」の2曲は、Art Garfunkelが前年のアルバム『Scissors Cut / 北風のラストレター』で歌った名品。Art GarfunkelはWebbの作品を歌うことが多く、78年のアルバム『Watermark』では、収録された12曲のうち実に10曲がWebbの作品だ。


Jimmy Webbは決して歌が上手い人ではない。実直に歌うタイプであり、それが逆に曲の良さを際立たせている。参加ミュージシャンも心得ていて、Webbの歌をしっかりと引き立てつつ、ソロ・パートでは腕をふるう。なお、ドラムスは全曲をJeff Porcaroが担当。ヴォーカル陣の顔ぶれが豪華で、特に「Our Movie」ではLeah Kunkel、「Nasty Love」ではDaryl Hall、「In Cars」ではStephen Bishopがフィーチャされている。

前作『El Mirage』同様、フロント・カヴァーは写真家でありミュージシャンでもあるHenry Diltzが撮影した。美しい女性がWebbにしなだれるというWebbらしからぬスウィートな写真が80年代らしい。

●収録曲
1. Angel Heart - 3:23
2. God's Gift - 3:51
3. One Of The Few - 4:27
4. Scissors Cut - 4:41
5. Work For A Dollar - 5:32
6. His World - 4:33
7. Our Movie - 3:51
8. Nasty Love - 4:26
9. In Cars - 3:33
10. Old Wing Mouth - 3:48


◆プロデュース: Matthew McCauley(k, bv), Fred Mollin(ag, per, bv)

◆参加ミュージシャン: Jimmy Webb(vo, k), Stephen Bishop(vo), Steve Lukather/Fred Tackett/Dean Parks(g), David Foster/David Paich(k), Lee Sklar/Bob Gloub(b), Jeff Porcaro(ds), Victor Feldman(per), Jerry Hey(tr), Gerry Beckley/Graham Nash/Leah Kunkel/Michael McDonald/Kenny Loggins/Daryl Hall/Valerie Carter(bv), etc

▶こちらもお薦め

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサード リンク



2017/05/21 16:41 AOR名盤(1982年) TB(0) CM(2)
カテゴリー一覧

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサード リンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年作『Bobby Caldwell

お気に入りに追加

ブロとも申請

この人とブロともになる

お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
ミュージックのお薦め
アクセスランキング
QRコード
QR
最新記事一覧
AOR名盤(1978年) - Mike Finnigan / Black & White 2017/05/28
AOR名盤(1982年) - Leslie Smith / Heartache 2017/05/27
AOR名盤(1980年) - Randy Meisner / One More Song 2017/05/25
AOR名盤(1982年) - Tom Snow / Hungry Nights 2017/05/23
AOR名盤(1982年) - Jimmy Webb / Angel Heart 2017/05/21
Amazon専用ストア
アクセスカウンター