音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサード リンク

Paul Clarkの1984年のアルバム『Out Of The Shadow』。
Paul Clark / Out Of The Shadow (1984年)
Paul ClarkはCCM(Contemporary Christian Music)シーンの草分け的ミュージシャンの一人。1971年から活動しており、ソロ・アルバムやPaul Clark & Friends名義のアルバムをこれまでに20枚近く制作している。チャートを賑わすようなヒット作こそないが、格調高いアルバムを作る印象がある。

『Out Of The Shadow』は通算10作目となるアルバム。Paul Clarkの代表作であり、80年代のCCM/AORシーンの中でもトップ・クラスのクオリティを誇る1枚だ。

これまでのアルバムと同様にPaul Clarkがセルフ・プロデュースし、共作を含めて全曲を自作。ミディアム~アップテンポな曲とスローな曲で前後半を分けるというコントラストの効いた構成で仕上げている。

クール&メロウな「Give Me Your Heart」で始まる前半は、さながらPagesの81年の名作『Pages』のような味わい。フュージョン・フレイヴァーのタイトル曲「Out Of The Shadow」やジャジーな「1984」など、クールな質感の曲が並び、ソウルフルな歌声と美しいコーラス、上品で引き締まった演奏を味わうことができる。なお、実際にPagesの二人も参加し、2曲(1, 8)で美しいバック・コーラスを添えている。


幻想的な「The Minstrel's Voyage」で始まる後半は、一転してスローで叙情的な曲が最後まで続く。その中でも、後半からギター・インストになる「I Will Fly」や、再びPagesのコーラスを味わえる「I Need Your Love Again」、Kelly Willardとデュエットした「Love Of My Life」の美しさは格別。


Pagesのアルバムが好きな人には文句なくお薦めできる一枚だ。ヒット・チャートに表れないところにも素晴らしいアルバムがあることを教えてくれる。

●収録曲
1. Give Me Your Heart - 4:06
2. Mr. Me - 3:59
3. Out Of The Shadow - 4:48
4. 1984 - 3:10
5. It's You - 2:58
6. The Minstrel's Voyage - 2:55
7. I Will Fly (In The Wind) - 6:00
8. I Need Your Love Again - 3:49
9. Love Of My Life - 4:01
10. Father God - 3:30


◆プロデュース: Paul Clark(vo, k)

◆参加ミュージシャン: Kelly Willard(vo), Hadley Hockensmith/Carlos Rios/Phil Keaggy(g), Smitty Price(k), Leon Gaer(b), Mike Baird(ds), Michael Fisher(per), Brandon Fields(sax), Richard Page/Steve George/Tommy Funderburk/Phyllis St. James/Alfie Silas(bv)

▶こちらもお薦め

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサード リンク



2017/05/19 19:28 AOR名盤(1984~1990年) TB(0) CM(0)
Linda Ronstadtの1989年のアルバム『Cry Like a Rainstorm, Howl Like the Wind』。
Linda Ronstadt / Cry Like a Rainstorm (1989年)
Linda Ronstadtは、60年代後半からのアメリカのポピュラー・ミュージック・シーンを牽引した女性シンガーの一人。ソロ・アルバムは1969年からリリースしており、フォーク~ポップス~ロックと時代にスタイルを合わせながら、ヒット・アルバムを次々に制作した。ところが80年代に入るとスタイルを一変。83年のアルバム『What's New』以降は、ポップス/ジャズ・スタンダードやカントリー・ミュージック、メキシコのトラディショナル・ソングに挑戦する。これが見事な内容で、一連のアルバムが全てヒットした。

本作は、Linda Ronstadtが80年代の最後に出した名盤。長らくコンテンポラリー・ミュージックから離れていた彼女が、久し振りにリリースしたコンテンポラリーな作品である。

選曲が素晴らしい。Jimmy Webb(1, 6, 8, 10)、Karla Bonoff(3, 7, 12)、Paul Carrack=Nick Lowe等の共作(4, 9)、Eric Kaz(2)、Barry Mann=Cynthia Weil=Tom Snowの共作(5)、Isaac Hayes等(11)というセレクション。またこのうちの4曲(3, 4, 5, 11)をAaron Nevilleとデュエットしており、よく見るとアルバムの名義も "featuring Aaron Neville" となっている。

原曲の収録アルバムは次のとおり。

○「Cry Like a Rainstorm」:『If You're Lonely』(Eric Justin Kaz, 72年)

○「All My Life」「Goodbye My Friend」:『New World』(Karla Bonoff, 88年)
○「Trouble Again」:『Restless Nights / ささやく夜』(Karla Bonoff, 79年)

○「I Need You」「So Right, So Wrong」:『Suburban Voodoo』(Paul Carrack, 82年)

○「Don't Know Much」:『Barry Mann』(Barry Mann, 80年)


○「Still Within The Sound Of My Voice」:『Still Within The Sound Of My Voice』(Glen Campbell, 87年)
○「Adios」:『Suspending Disbelief』(Jimmy Webb, 93年 ※セルフ・カヴァー)
○「I Keep It Hid」:『Jim Webb Sings Jim Webb / ジム・ウェッブの愛の世界』(Jimmy Webb, 68年)
○「Shattered」:『Still Within The Sound Of My Voice』(Jimmy Webb, 2013年 ※セルフ・カヴァー)


このうち「Don't Know Much」はBillboard Hot 100チャートの2位となる大ヒットを記録し、「All My Life」も11位をマーク。また、アルバムもBillboard 200チャートの7位を記録している。

どの曲も素晴らしいが、個人的には素材の良さが光るJimmy Webbの曲が好きだ。特に「Adios」は感動もの。スケールの大きいロマンティックな曲で、少年を大人にするような力がある。

●収録曲
1. Still Within The Sound Of My Voice / サウンド・オブ・マイ・ヴォイス - 4:32
2. Cry Like a Rainstorm - 3:36
3. All My Life - 3:36
4. I Need You - 2:52
5. Don't Know Much - 3:35
6. Adios - 3:36
7. Trouble Again - 3:19
8. I Keep It Hid - 3:58
9. So Right, So Wrong - 3:28
10. Shattered - 2:54
11. When Something Is Wrong with My Baby / 僕のベイビーに何か? - 3:52
12. Goodbye My Friend - 3:44


◆プロデュース: Peter Asher(per)

◆参加ミュージシャン: Aaron Neville(vo), Andrew Gold/Dean Parks/Michael Landau(g), Jimmy Webb(p, orch ar), Don Grolnick(p), Robbie Buchanan(k), Lee Sklar/David Hungate(b), Russ Kunkel/Carlos Vega(ds), Mike Fisher(per), Brian Wilson/Rosemary Butler/Arnold McCuller(bv), Marty Paich/David Campbell(orch ar), etc

▶こちらもお薦め

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサード リンク



2017/05/16 19:46 AOR名盤(1984~1990年) TB(0) CM(0)
Richard Marxの1987年のアルバム『Richard Marx』。
Richard Marx / Richard Marx (1987年)
Richard Marxはシカゴ生まれのシンガー・ソングライター。19歳になる1982年に音楽活動をスタートし、バックグラウンド・シンガーやソングライターの活動を経て、87年の本作でソロ・デビューを果たす。

本作からは6曲もの曲がシングル・カットされ、バラードの「Hold On To The Nights」がBillboard Hot 100チャートの1位を獲得した他、「Endless Summer Nights」が2位、「Don't Mean Nothing」と「Should've Known Better」が3位となり、4曲のTop10ヒットが生まれた。アルバムもBillboard 200チャートの8位をマークし、24歳にして大きな成功を掴む。

一部に共作はあるものの、全曲が彼のオリジナル。"売れる曲" を書く才能に恵まれたソングライターで、ヒットした曲はどれも、ビター&スウィートのお手本のような極上のメロディを持っている。

1曲目の「Should've Known Better」のほろ苦いメロディと、Michael Landauによる爽快なギター・サウンドを聴くと、"80年代の至福の洋楽" という感じがする。


ソングライターとして優れているだけでなく、ヴォーカリストとしても歌がとても上手い。ロック系もバラード系も器用に歌いこなす。

こういう耳馴染みの良い売れ線のロックが "産業ロック" と揶揄されることがあるが、売れる曲を書こうとするのはプロとして当たり前。売れるというのは素晴らしいことだと思う。

Richard Marxは、この後も90年代初めにかけてTop10ヒットを連発する。日本のバブル景気は86年12月から91年2月までの51ヶ月を指すようだが、ちょうどこの間にRichard Marxの全てのTop5ヒット(7曲ある)が生まれた。バブル期を象徴する洋楽アーティストだ。


Richardの奥様は女優のCynthia Rhodes。ダンサー役が多く、『Flashdance』(83年)、『Staying Alive』(83年)、『Dirty Dancing』(87年)などに出演した。ミュージック・ビデオにも出ており、本作では『Don't Mean Nothing』に出演。TOTOの『Rosanna』(84年)のMVでは、檻の中で演奏するTOTOのメンバーを誘惑するダンサー役を演じた。Richardとは89年に結婚し、2014年までの結婚生活で3人の子供を授かっている。

●収録曲
1. Should've Known Better - 4:10
2. Don't Mean Nothing - 4:41
3. Endless Summer Nights - 4:30
4. Lonely Heart - 3:57
5. Hold On To The Nights - 5:16
6. Have Mercy - 4:32
7. Remember Manhattan - 4:17
8. The Flame Of Love - 3:37
9. Rhythm Of Life - 4:45
10. Heaven Only Knows - 5:39


◆プロデュース: Richard Marx(vo, k, ar), David Cole, Humberto Gatica

◆参加ミュージシャン: Joe Walsh/Bruce Gaitsch/Michael Landau(g), Tom Keane(k, ar), Michael Omartian(k, ar), Rhett Lawrence(k, prog), John Pierce/Nathan East/Patrick O'Hearn/Joe Chemay(b), John Keane/Prairie Prince/Tris Imborden(ds), Paulinho Da Costa(per), David Boruff(sax), Fee Waybill/Timothy B. Schmidt/Randy Meisner/Karyn White/Cynthia Rhodes(bv), etc

▶こちらもお薦め

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサード リンク



2017/05/14 15:30 AOR名盤(1984~1990年) TB(0) CM(0)
カテゴリー一覧

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサード リンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年作『Bobby Caldwell

お気に入りに追加

ブロとも申請

この人とブロともになる

お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
ミュージックのお薦め
アクセスランキング
QRコード
QR
最新記事一覧
AOR名盤(1978年) - Mike Finnigan / Black & White 2017/05/28
AOR名盤(1982年) - Leslie Smith / Heartache 2017/05/27
AOR名盤(1980年) - Randy Meisner / One More Song 2017/05/25
AOR名盤(1982年) - Tom Snow / Hungry Nights 2017/05/23
AOR名盤(1982年) - Jimmy Webb / Angel Heart 2017/05/21
Amazon専用ストア
アクセスカウンター