音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサード リンク

Santanaの1981年のアルバム『Zebop!』。
Santana / Zebop!
Santanaは、ギタリストのCarlos Santana率いるロック・バンド。1966年にサン・フランシスコで結成され、現在に至るまで半世紀以上も活動を続けている。Carlos Santana以外のメンバーは入れ替わるため、在籍メンバーは延べ70名を超えており、大勢のSantana卒業生を輩出している。

本作は80年代に入って最初に出されたアルバム。
Santanaはラテン・ロックをベースにしつつも年代によってアルバムの質感を変えており、本作の楽曲はややポップス寄り。一方、Carlosのギターは割とハードで重たい音を出しており、サウンドはロック色が強い。

収録された12曲のうち8曲はヴォーカル曲で、その半分(1, 5, 6, 8)は他者の曲を取り上げている。
「Cahnges」はCat Stevens作で、71年のアルバム『Teaser and the Firecat』からのカヴァー。「Over And Over」はRick Meyersの書き下ろし。「Winning」はRuss Ballard作で、76年のアルバム『Winning』の収録曲。「The Sensitive Kind」はJ.J.Cale作で、79年のアルバム『5』からのカヴァーである。

このうち、Russ Ballard作の「Winning」はBillboard Hot 100チャートの17位をマークし、久し振りにTop 20にチャート・イン。また、「The Sensitive Kind」も56位に到達し、アルバム自体もBillboard 200チャートの9位を記録した。

Carlosのギターを存分に味わえるインストゥルメンタル曲は、「Primera Invasion」「Tales Of Kilimanjaro / キリマンジャロの伝説」「American Gypsy」「I Love You Much Too Much / 哀愁の旅路」の4曲。

「キリマンジャロの伝説」は名盤『Caravanserai』を彷彿とさせるミステリアスなナンバーだ。また「哀愁の旅路」は、邦題から想像できるように「哀愁のヨーロッパ」風。Carlosの官能的なギターを聴くことができる。

なお、個人的には哀愁漂うブルース・ナンバー「Brightest Star」におけるCarlosのギターが一番良い。

このアルバムは、昨年8月のソニー「AOR CITY 1000」シリーズの1枚に選ばれている。AORというカテゴリーの日本における許容範囲が広いということだが、Carlosが知ったら驚くかも知れない。

●収録曲
1. Changes - 4:28
2. E Papa Ré - 4:33
3. Primera Invasion - 2:08
4. Searchin' - 3:55
5. Over And Over - 4:49
6. Winning - 4:11
7. Tales Of Kilimanjaro / キリマンジャロの伝説 - 3:25
8. The Sensitive Kind - 3:33
9. American Gypsy - 3:37
10. I Love You Much Too Much / 哀愁の旅路 - 4:43
11. Brightest Star - 4:50
12. Hannibal - 3:43


◆プロデュース: Bill Graham, Carlos Santana(g), Keith Olsen

◆参加ミュージシャン: Alex Ligertwood(vo), Alan Pasqua/Richard Baker(k), David Margen(b), Graham Lear(ds), Orestes Vilato/Armando Peraza/Raul Rekow(per), Chris Solberg(bv), etc

▶こちらもお薦め

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサード リンク



2017/03/29 18:21 Rock / Pops名盤(80年代) TB(0) CM(0)
Balanceの1981年のアルバム『Balance / ブレイキング・アウェイ』。
Balance / Balance (ブレイキング・アウェイ)
Balanceは1980年にNYで結成されたメロディアス・ハード系のロック・バンド。メンバーは、Peppy Castro(vo), Doug Katsaros(k), Bob Kulick(g)の3人である。

ヴォーカリストのDoug Katsarosは60年代からNYでバンド活動をしており、「Blues Magoos」(64年~70年)、「Barnaby Bye」(73年~74年)という二つのバンドに在籍。「Blues Magoos」ではサイケデリック・ロックを指向し、一方の「Barnaby Bye」では、双子のAlessi兄弟と活動を共にした。

キーボード担当のDoug KatsarosはNYのスタジオ・ミュージシャン。最初に参加したアルバムはPaul Stanleyの78年のソロ・アルバム『Paul Stanley』で、その後もBon JoviやMichael Bolton、Cherなどのアルバムに参加している。

ギタリストのBob KulickもNYのスタジオ・ミュージシャンで、Dougと同じく『Paul Stanley』に参加。また、KISSの他のアルバム、『Alive II』(77年)、『Unmasked』(80年)、『Killers』(82年)にも参加し、その流れからか、実弟のBluce KulicがKISSの正式メンバーとなった。

本作はBalanceのファースト・アルバム。彼ら以外に、John Siegler/Willie Weeks(b)、Andy Newmark(ds)がサポート・メンバーとして参加している。

NYのスタジオ・ミュージシャンのバンドということで「東のTOTO」という見方をされることがあったようだが、実際に聴いてみると、あまりそういう印象を受けない。彼らの作る曲にソウルやR&Bからの影響が見られないからだろう。キャッチーなメロディと爽やかなハーモニーを持ち味とする、とても耳馴染みの良いメロディアス・ロックである。

本作からは、ポップな「Breaking Away」がBillboard Hot 100チャートの22位をマークし、バラードの「Falling in Love」も58位と健闘した。

とびきり美しいメロディを持つ「Falling in Love」は、歳月に埋もれない魅力を放つ名バラードだ。彼らの美しいハーモニーがとてもロマンティックで、切なくも爽やかな余韻が残る。

本作は昨年8月のソニー「AOR CITY 1000」シリーズにおいて、めでたく日本初CD化された。80年代に数多く出されたメロディアス・ロックの一つと言えばそれまでだが、記憶に残る一枚となったのは、「Falling in Love」という美しい曲が生まれたからであろう。

●収録曲
1. (Looking For The) Magic - 3:57
2. I'm Through Loving You - 3:04
3. Breaking Away - 3:15
4. No Getting Around My Love - 3:52
5. Fly Through The Night / 夜を遙かに - 3:58
6. American Dream - 4:18
7. Haunting - 3:50
8. Falling In Love - 3:17
9. Hot Summer Nights - 3:21
10. It's So Strange - 4:09


◆プロデュース: Balance

◆参加ミュージシャン: Peppy Castro(vo), Doug Katsaros(k), Bob Kulick(g)
with John Siegler/Willie Weeks(b), Andy Newmark(ds)

▶こちらもお薦め

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサード リンク



2017/03/24 19:43 Rock / Pops名盤(80年代) TB(0) CM(0)
Le Rouxの1983年のアルバム『So Fired Up』。
Leroux / So Fired Up
Le Roux(ル・ルー)は、1978年にルイジアナ州で結成されたロック・バンド。当初はバンド名に "ルイジアナ" を付けて、Louisiana's Le Rouxを名乗っていたが、途中からバンド名をLe Rouxに短縮している。結成メンバーは、Jeff Pollard(vo), Bobby Campo(horns, violin), Leon Medica(b), David Peters(ds, per), Tony Haselden(g), Rod Roddy(k)の6人で、Jeffがバンドの中心であった。

本作はLe Rouxの5枚目のアルバム。前作『Last Safe Place』をリリース後に中核のJeffとBobbyの2人が抜け、代わりにFergie Frederiksen(vo)とJim Odom(g)が加わった。

Fergie Frederiksenは、Bobby Kimballに代わるTOTOの2代目のリード・ヴォーカリストとして有名だ。TOTOの84年のアルバム『Isolation』のリード・ヴォーカルを担当し、1枚でTOTOを脱退している。

FergieはLe Roux加入前は、プログレ・ハードのTrillionに在籍しており、Trillionも78年のアルバム『Trillion / 氷牙』のみで抜けている。Le Rouxも本作『So Fired Up』のみで抜けており、基本的に「居場所を構えない」的なところがある。ヴォーカルの個性が強過ぎて、バンドとしての音のバランスを保てないのかも知れない。

本作はAORというよりはメロディアス・ハード色の濃いアルバム。
強力なハイトーン・ヴォイスを前面に出したメロディアスなロック・サウンドは、Steve Perry擁するJourneyや、TOTOの『Isolation』のような味わいがある。

「Wait One Minute」は本作唯一のバラード。Journeyの「Who's Crying Now」や、Foreignerの「Waiting for a Girl Like You」あたりを思わせる濃厚なメロディが良い。メタリックなFergieの声はバラード系には向かないと言われるようだが、この曲での情感を込めた歌唱はなかなかのもの。(この曲のリード・ヴォーカルもFergieだと思うが、もしかして違うかな…)

なお、本作にはAmbrosiaのDavid Packが参加しており、「Carrie's Gone」と「Turning Point」の2曲のバック・ヴォーカルを担当している。

Le Rouxは本作の後に一旦解散するが、1985年に活動を再開。現在も活動を続けており、本作のメンバーのTony, Rod, Jimは今も健在だ。

●収録曲
1. So Fired Up - 4:41
2. Lifeline - 4:37
3. Let Me In - 4:02
4. Yours Tonight - 3:48
5. Line On Love - 3:45
6. Carrie's Gone - 3:54
7. Wait One Minute - 4:36
8. Turning Point - 5:03
9. Don't Take It Away - 3:22
10. Look Out - 4:18


◆プロデュース: Leon Medica(b, bv)

◆参加ミュージシャン: Tony Haselden(g, vo), Fergie Frederiksen(vo), Jim Odom(g, bv), Rod Roddy(k, bv), David Peters(ds, per, bv)
with David Pack(bv)

▶こちらもお薦め

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサード リンク



2017/03/22 16:43 Rock / Pops名盤(80年代) TB(0) CM(0)
カテゴリー一覧

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサード リンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年作『Bobby Caldwell

お気に入りに追加

ブロとも申請

この人とブロともになる

ブロとも一覧
ミュージックのお薦め
アクセスランキング
QRコード
QR
最新記事一覧
Rock名盤(1981年) - Santana / Zebop! 2017/03/29
AOR名盤(1979年) - Pages / Future Street 2017/03/28
AOR名盤(1975年) - Art Garfunkel / Breakaway (愛への旅立ち) 2017/03/27
Rock名盤(1981年) - Balance / Balance (ブレイキング・アウェイ) 2017/03/24
Rock名盤(1983年) - Le Roux / So Fired Up 2017/03/22
Amazon専用ストア
アクセスカウンター