音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサード リンク

Phoebe Snowの1977年のアルバム『Never Letting Go / 薔薇の香り』。
Phoebe Snow / Never Letting Go (薔薇の香り) (1977年)
Phoebe SnowはNY生まれの女性シンガー・ソングライター。1972年に音楽活動をスタートし、74年に『Phoebe Snow』でアルバム・デビューをした。本作は通算4枚目のスタジオ・アルバムで、プロデュースをPhil Ramoneが手がけている。

収録された9曲のうち自作は5曲で、残り(1, 4, 5, 9)はカヴァー曲。ジャジィな香りのする洗練されたアレンジの曲が多いが、それを歌う彼女のヴォーカルには芯の強さとパンチがあり、"薔薇の香り" という邦題のような魅惑的な感じではない。

「Love Makes A Woman」は女性ソウル・シンガーのBarbara Acklin(アクリン)のヒット曲(68年, 米15位)。Barbara Acklinの同名のデビュー・アルバム『』のタイトル曲だ。

Richard Teeの優しいエレピにうっとりする「Something So Right / 何かがうまく」はPaul Simonの作。73年のアルバム『』からの選曲だ。Phoebe SnowはPaulの75年のアルバム『Still Crazy After All These Years / 時の流れに』に参加しており、「Gone At Last / 哀しみにさようなら」(米23位)をPaulとデュエットしている。

タイトル曲の「Never Letting Go」はStephen Bishopの作で、76年のアルバム『Careless』に収録されたロマンティックな曲。Phil WoodsのSaxソロの優しさと爽やかさに感動する。Phil Woodsは同年のBilly Joelの曲『Just The Way You Are / 素顔のままで』でも素晴らしいSaxソロを披露しており、Phil Woodsの名演の一つに数えられている。

自作曲ではKenny Logginsとデュエットしたメロウな「We're Children」が良い。Kenny Logginsは包容力のある歌声でデュエットの相手をしており、二人の声の相性はバッチリ。間奏ではMichael BreckerがクールなSaxソロを添えている。

本作のCDはソニーの「AOR CITY 1000」シリーズから今年8月に再発される。78年のアルバム『』のCDも同時に再発されるので、併せてお薦めだ。

●収録曲
1. Love Makes a Woman – 3:21
2. Majesty of Life – 3:36
3. Ride the Elevator – 3:55
4. Something So Right / 何かがうまく – 4:02
5. Never Letting Go – 3:12
6. We're Children – 3:01
7. The Middle of the Night – 3:33
8. Electra – 3:53
9. Garden of Joy Blues – 4:31


◆プロデュース: Phil Ramone

◆参加ミュージシャン: Phoebe Snow(vo, ag), Kenny Loggins(vo), Hugh McCracken/Steve Khan(g), Will Lee/Tony Levin(b), Ken Ascher/Richard Tee/Bob James(k), Chris Parker/Steve Gadd(ds), Ralph MacDonald(per), Michael Brecker/Phil Woods(sax), Hubert Laws(flute), Lani Groves/Patti Austin(bv), etc

▶こちらもお薦め

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサード リンク



2017/07/21 14:19 Rock / Pops名盤(70年代) TB(0) CM(0)
Billy Joelの1978年のアルバム『52nd Street / ニューヨーク52番街』。
Billy Joel / 52nd Street (ニューヨーク52番街) (1978年)
Billy Joelはアメリカを代表するシンガー・ソングライター。ピアノ・マンや街角の吟遊詩人、エンターテイナー、ストレンジャーと、デビュー以来さまざまに自己表現をしてきたBillyの通算6作目となるスタジオ・アルバムが本作だ。

ジャズ/フュージョン系のゲスト・ミュージシャンを多数起用し、Billyのアルバムの中では最もクールな作品。フロント・カヴァーの立ち姿もクールに決めている。ボトムスはジーンズにスニーカー。トップスはジャケットにシャツのネクタイを緩め、手にはトランペットを握る。

曲は粒ぞろい。前作『The Stranger』の成功を象徴する「Big Shot」、その虚しさを歌った「Honesty」、ChicagoのDonnie DacusとPeter Ceteraのバック・ヴォーカルが爽やかな「My Life」、Freddie Hubbardが間奏とエンディングでクールなトランペット・ソロを披露する「Zanzibar」と、特にアルバム前半のレベルの高さはBillyのアルバムの中でも一番だろう。

全曲がBillyの作である。デビュー以来、カヴァー曲も共作曲もない。"俺の歌う曲は俺が書くんだよ" という、シンガー・ソングライターとして当たり前のことを続ける姿勢がカッコいい。

「My Life」はBillboard Hot 100チャートの3位となるヒットを記録。「Big Shot」は14位、「Honesty」も24位をマーク。アルバムはBillboard 200チャートで初の1位を獲得し、79年のグラミー賞では「Album of the Year」と「Best Pop Vocal Performance, Male」の2部門を受賞。前作に続くグラミー受賞となった。

「Big Shot」の堂々とした音には、成功を手に入れた自信が漲る。ところが続く「Honesty」では一転、僕の求めているのは信じられる相手なのだと歌う。ストレートな歌詞と切ないメロディ、Billyの熱唱が感動的だ。
Honesty is such a lonely word
Everyone is so untrue
Honesty is hardly ever heard
And mostly what I need from you

Billyの2005年のBOXセット『』には、「Zanzibar」のフェード・アウトしないバージョンが収録されている。エンディングの2分以上も続くFreddie Hubbardのトランペット・ソロが聴きものだ。

●収録曲
1. Big Shot - 4:03
2. Honesty - 3:56
3. My Life - 4:44
4. Zanzibar - 5:13
5. Stiletto / 恋の切れ味(スティレット) - 4:42
6. Rosalinda's Eyes / ロザリンダの瞳 - 4:41
7. Half A Mile Away / 自由への半マイル - 4:08
8. Until The Night - 6:35
9. 52nd Street / ニューヨーク52番街 - 2:27


◆プロデュース: Phil Ramone

◆参加ミュージシャン: Billy Joel(vo, k), Doug Stegmeyer(b), Liberty DeVitto(ds), Richie Cannata(sax), Steve Khan(g), Freddie Hubbard(tp), Mike Mainieri(vibes), David Spinozza(ag), Donnie Dacus/Peter Cetera(bv), etc

▶こちらもお薦め

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサード リンク



2017/07/10 18:51 Rock / Pops名盤(70年代) TB(0) CM(0)
TOTOの1979年のアルバム『Hydra』。
TOTO / Hydra
TOTOは、腕のあるセッション・ミュージシャンたちが作ったロック・バンド。メンバーのDavid Paich(k), Jeff Porcaro(ds), David Hungate(b), Steve Lukather(g), Steve Porcaro(k), Bobby Kimball(vo)のそれぞれがスター・セッション・プレイヤーであり、Steely DanやThe Doobie Brothers、Boz Scaggs等、幅広いアーティスト達のツアーとレコーディングを支えた。

彼らがバンドを組んだのは、Boz Scaggsの76年のアルバム『Silk Degrees』のレコーディングにPaich, Jeff, Hungateの3人が集まったのがきっかけとされている。そこに、Lukather, Steve, Kimballが加わり、TOTOがスタートした。

本作『Hydra』は彼らのセカンド・アルバム。78年のデビュー作『TOTO / 宇宙の騎士』は、ロック、ソウル、フュージョンの要素をセンス良く融合したAORの名盤で、「Hold The Line」というTop10ヒット(Billboard Hot 100チャートの5位)も生まれ、セールス面で大きな成功を収めた。ただ、ロック・バンドのアルバムとして見たときに、"バンド感" が薄い印象を受ける。

それと比べると、この『Hydra』はロック・バンドのアルバムになっている。バンドらしいアルバムを作りたいという彼らの思いが表れているようだ。

収録曲の半分、「Hydra」「St. George and the Dragon」「All Us Boys」「White Sister」の4曲は、重厚でハードな演奏を繰り広げるロック・ナンバー。ロック色が強いところがこのアルバムの特徴だ。

特にタイトル曲「Hydra」は格調高い曲で、美しい構成とドラマティックな演奏はプログレッシヴ・ロック的ですらある。Jeff Porcaroのドラムスにも凄みがあり、TOTOの中でも最もヘヴィーな演奏を聴くことができる。

続く「St. George and the Dragon」のサウンドも重量級。イントロは躍動感のあるピアノと引き締まったJeffのドラムスで始まり、そこからキレのある怒涛の演奏になだれ込む。嬉々として演奏にのめり込む姿が浮かぶような入魂の音を聴くと、彼らはこういう音楽をやりたくてバンドを組んだのだな、と思う。

バラード系も素晴らしい。「99」は、Lukatherのロマンティックな歌声を聴ける名バラード。本作からのファースト・シングルとなり、Billboard Hot 100チャートの26位をマークした。ラストの「A Secret Love」もメロディが綺麗な曲。Kimballの歌声は、Lukather以上にロマンティックだ。

その「A Secret Love」はSteve Porcaro主体で書かれているが、それ以外はPaichの作/共作。リード・ヴォーカルに関しては、Paichが3曲(1, 4, 5)、Kimballが4曲(2, 6, 7, 8)、Lukatherが1曲(3)を担当している。

驚くことにヴォーカル以外は一発録りらしく、そこにプロの演奏家としてのプライドを感じる。彼らが裏方ではなく、自信と誇りをもって表舞台に立ったことが分かる名盤だ。

●収録曲
1. Hydra - 7:31
2. St. George and the Dragon - 4:45
3. 99 - 5:16
4. Lorraine - 4:46
5. All Us Boys - 5:03
6. Mama - 5:14
7. White Sister - 5:39
8. A Secret Love - 3:07


◆プロデュース: Tom Knox, Reggie Fisher, TOTO

◆参加ミュージシャン: Bobby Kimball(vo), Steve Lukather(g, vo), David Paich(k, vo), David Hungate(b), Jeff Porcaro(ds, per), Steve Porcaro(k)
with Michael Boddicker(k), Roger Linn(sy), Lenny Castro(per), Marty Paich(string ar)

▶こちらもお薦め

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサード リンク



2017/04/25 16:50 Rock / Pops名盤(70年代) TB(0) CM(0)
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサード リンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
Rock名盤(1977年) - Phoebe Snow / Never Letting Go (薔薇の香り) 2017/07/21
Rock名盤(1980年) - Billy Joel / Glass Houses (グラス・ハウス) 2017/07/19
Soul/R&B名盤(1976年) - The Sons of Champlin / A Circle Filled With Love 2017/07/14
Soul/R&B名盤(1985年) - Sade / Promise 2017/07/12
Rock名盤(1978年) - Billy Joel / 52nd Street (ニューヨーク52番街) 2017/07/10
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
アクセスカウンター