音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサード リンク

Adeleのサード・アルバム『25』です。
ロックというジャンルに収まらないように思いますが、amazonでの分類はロック。

Adeleはイギリス出身の女性シンガー。
1988年生まれです。

Adeleのアルバムのチャート・アクションやセールス、グラミー受賞歴を見ると、本当に輝かしいものがあります。
本作も、グラミー賞こそ逃したようですが、素晴らしい内容。

アルバム・タイトルの "25" は、レコーディング当時の年齢を表わすようです。
4歳から歌い始めたらしく、25歳で既に20年選手。
存在感と訴求力のある歌声はさすがです。

前作と比べて、ジャケットの表情や曲の雰囲気が成熟した大人の女性のものに変わりました。

「Hello」、「When We Were Young」、「Love In The Dark」などは、メロディが物悲しく切ない。
これを切々と歌われると、グッと来てしまいます。

歌唱に凄味を感じる数少ない女性シンガーの一人。
好きなアーティストにRoberta Flackを挙げているのも頷けます。

●収録曲
1. Hello
2. Send My Love (To Your New Lover)
3. I Miss You
4. When We Were Young
5. Remedy
6. Water Under The Bridge
7. River Lea
8. Love In The Dark
9. Million Years Ago
10. All I Ask
11. Sweetest Devotion


最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサード リンク



Paul Simonの2000年作『You're The One』の紹介です。

1986年の『Graceland』以降のアルバムに特徴的な民族音楽的な要素は薄く、アコースティックの良さが際立つアルバムです。

オープニングの「That's Where I Belong」は名曲。
静寂の中で曲が始まり、どこか癖のあるヴォーカルと優しいアコースティック・ギターに乗せて、美しいメロディが流れます。

「Look at That」は、ギターとヴォーカルを軽快なリズムで聴かせる曲。
ギターの澄んだ音色とPaul Simonの素朴なヴォーカルがビューティフルです。

愛を歌った「Love」は、ビターなメロディとアコースティックな味わいが秀逸。

ラストの「Quiet」に至っては殆どヴォーカルのみ。
穏やかな余韻に包まれ、静寂の中にアルバムが閉じられます。

華美なアレンジがなく、素材の良さだけで聴かせる。
素のPaul Simonの良さが表れているアルバムです。

●収録曲
1. That's Where I Belong
2. Darling Lorraine
3. Old
4. You're the One
5. The Teacher
6. Look at That
7. Senorita With a Necklace of Tears
8. Love
9. Pigs, Sheep and Wolves
10. Hurricane Eye
11. Quiet


最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサード リンク



Rod Stewartの1995年作『A Spanner in the Works / ユア・ザ・スター』の紹介です。

1993年の名ライヴ『Unplugged...and Seated』に続く作品。

セピア色のジャケットに写る、素足の大スター。
渋いアルバムです。

オープニングの「Windy Town」は、Chris Rea作のビターなナンバー。
アルバム『Dancing With Strangers』(1987年作)に収録されています。

「The Downtown Lights」は、優しく、寂しげなバラード。
メロディが美しく、このアルバムの中で一番好きな曲です。

「Leave Virginia Alone」は、Tom Petty作の素朴なアコースティック・ロック。

続く「Sweetheart Like You」はBob Dylan作。
1983年作『Infidels』に収録された、心に沁みるナンバー。

「You're the Star」も、心に沁み入るメロディ。
これは、Frankie Millerの1990年作『Long Way Home』に収録されたナンバー。
Frankie Millerが体調を崩し、療養生活に入る前に録音された曲です。

本当に、選曲が渋い。

ラストの「Purple Heather」はトラディショナル・ナンバー。
スコットランド民謡でしょうか。

スコットランド家系のRod Stewartらしい、納得のラスト・ナンバーです。

●収録曲
1. Windy Town (Chris Rea)
2. The Downtown Lights (Paul Buchanan)
3. Leave Virginia Alone / さよならヴァージニア (Tom Petty)
4. Sweetheart Like You (Bob Dylan)
5. This (John Capek, Marc Jordan)
6. Lady Luck (Carmine Rojas, Jeff Golub, Kevin Savigar, Rod Stewart)
7. You're the Star (Billy Livsey, Frankie Miller, Graham Lyle)
8. Muddy, Sam and Otis (R. Stewart, K. Savigar)
9. Hang on St. Christopher (Tom Waits)
10. Delicious (R. Stewart, Andy Taylor, Robin LeMesurier)
11. Soothe Me (Sam Cooke)
12. Purple Heather (Traditional)


最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサード リンク



カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサード リンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
Rock名盤(1977年) - Phoebe Snow / Never Letting Go (薔薇の香り) 2017/07/21
Rock名盤(1980年) - Billy Joel / Glass Houses (グラス・ハウス) 2017/07/19
Soul/R&B名盤(1976年) - The Sons of Champlin / A Circle Filled With Love 2017/07/14
Soul/R&B名盤(1985年) - Sade / Promise 2017/07/12
Rock名盤(1978年) - Billy Joel / 52nd Street (ニューヨーク52番街) 2017/07/10
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
アクセスカウンター