音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサード リンク

Tim Feehanの1983年のアルバム『Carmalita』。
Tim Feehan / Carmalita (1983年)
Tim Feehanはカナダのシンガー・ソングライター。のちに同郷のDavid Fosterのサポートを得て全米進出を果たすが、本作はまだカナダで活動していた頃のソロ・アルバムだ。

Tim Feehanはソロになる前にFootlooseという5人組のグループで活動していた。Footlooseは80年に唯一のアルバム『Footloose』を残して解散するが、そのアルバムでTimは殆どの曲を作曲し、非凡な作曲能力を発揮している。

本作『Carmalita』はソロとしての2作目。Tim本人がプロデュースを担当し、2曲(5, 6)の共作を含めて全ての曲作りを手がけた。

メロディ・メイカーの優れた才能は本作でも存分に発揮され、全曲がメロディアスで瑞々しい。爽やかなポップス系では「January」、メロディアス・ロックでは「Bad Sister」、ロマンティック・バラードでは「Never Say Die」「Sadie J」、R&B系では「Over And Over」と、各ジャンルでキラー・チューンを揃えている。


「Never Say Die」ではカナダの女性シンガーのVickie Mossとデュエットし、この曲はカナダのACチャートの1位を獲得した。Vickie Mossは、David Fosterの同じ年のソロ・デビュー作『』でも、Fosterと「Love At Second Sight」というバラードをデュエット。また、Fosterが音楽を担当した85年の映画『』では、FosterとRichard Marxの書いた「If I Turn You Away」を歌っている。

●収録曲
1. Carmalita - 3:47
2. January - 4:41
3. Wrong Number - 3:32
4. Alone - 4:45
5. Bad Sister - 4:24
6. Over And Over - 3:33
7. Take Her By Surprise - 4:38
8. Wait One More Day - 4:17
9. Never Say Die - 3:55
10. Sadie J - 4:19


◆プロデュース: Tim Feehan(vo)

◆参加ミュージシャン: Gord McCrostie(g), R.J. Smart(k), Greg Dunstan(b), Darrell Mayes(ds), Vickie Moss(vo), etc

▶こちらもお薦め

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサード リンク



2017/07/09 16:53 AOR名盤(1983年) TB(0) CM(0)
Turley Richardsの1976年のアルバム『West Virginia Superstar』。
Turley Richards / West Virginia Superstar (1976年)
Turley Richardsは、このアルバムのタイトルが示すとおり、米ウェスト・ヴァージニア州生まれのシンガー・ソングライター。60年代から音楽活動をしており、その頃はDylanの影響を少なからず受けていたようだ。70年にファースト・アルバム『Turley Richards』、71年にセカンド・アルバム『Expressions』をリリースし、それから5年のブランクを経て本作をリリースした。

76年といえば、Boz Scaggsの『Silk Degrees』がリリースされた年。シンガー・ソングライターのアルバムらしい前2作と比べると、本作は時代の空気を汲んだかのようなソフト&メロウ路線。洗練されたブルーアイド・ソウルを聴けるアルバムとして、金澤寿和氏の『AOR Light Mellow』では増補改訂版に紹介されている。

プロデュースを手がけたTroy Sealsは、Seals and CroftsのJim SealsやEngland Dan & John Ford ColeyのDan Sealsの従兄弟。収録された10曲のうちTroy Sealsが2曲(1, 4)を手がけ、残りをTurley Richardsが書いている。

1曲目の「I Will」は突き抜けるように爽快なグルーヴィー・チューン。どこか垢ぬけない感じのジャケットからは想像もできないような洗練された曲調が意外で、爽やかな印象を残す。

メロウな「Happy」「Play Me」もリラックスするナンバー。R&Bやゴスペルの影響を感じる「New Ray Of Sunshine」やフォーク/カントリー調の「From Dust To Blood」、シンガー・ソングライターらしい「West Virginia Superstar」「What Does It Mean In The End」など、曲の表情は多彩だ。

タイトル曲の「West Virginia Superstar」の歌詞は自伝的な内容。「'64年からは何年も経ってしまったけれど/再び僕の心の中には/希望の炎が燃えている」と歌う。憧れのDylanのように華々しい成功を掴めてはいないが、自分はいつか来るスーパースターなのだと。ジャケットも再起や再生を表現しているようだ。

Turley Richardsは4歳の時に不慮の事故で左目を失明しており、相当な苦労人なのだろうと思う。苦い歌詞の曲はあるが、それを歌う声はとても溌剌としていて、力強さがある。

●収録曲
1. I Will - 3:01
2. Happy - 3:09
3. New Ray Of Sunshine - 3:05
4. Love Is On The Line - 3:55
5. Going Home - 3:49
6. West Virginia Superstar - 4:32
7. From Dust To Blood - 3:29
8. Play Me - 3:49
9. Reflections Of Me And You - 3:32
10. What Does It Mean In The End - 3:21


◆プロデュース: Ron Bledsoe, Troy Seals, Turley Richards

◆参加ミュージシャン: David Biggs/Shane Keister(k), Kenny Malone(ds), Norbert Putnum(b), Reggie Young(g), etc

▶こちらもお薦め

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサード リンク



2017/07/08 19:45 AOR名盤(1974~1976年) TB(0) CM(0)
Denne And Goldの1978年のアルバム『Denne And Gold』。
Denne And Gold / Denne And Gold (1978年)
Denne And GoldはMicky DenneとKen Goldの二人による英国のソングライター・デュオ。Ken Goldはプロデューサーとしても仕事をしており、この二人でThe Real ThingやDelegation、Billy Oceanなど、70年代、80年代のUKソウル・グループ/アーティストへの曲提供やプロデュースを数多く行っている。

本作は彼らの唯一のアルバム。軽やかで柔らかいブルーアイド・ソウルが満載で、さながら初期のHall & Oatesの英国版といった趣き。

「Why Do We Hurt Each Other」のみMicky単独の作だが、それ以外の曲は全て二人の共作。Paul McCartneyの「Coming Up」を思わせる「We've Got It Jumpin' Now」のようなアップ・テンポのファンキーなナンバーもあるが、ミディアム~スローの涼やかでメロウな曲に彼らの良さが表れる。

Daryl Hallの卓越した歌唱力と比べると二人の歌声は見劣りするかも知れないが、ファルセットも時折使いながら気持ち良さそうに歌うところが良い。バックのミュージシャンは英国の実力派で、中には英国ジャズ・ロック・シーンで活躍するギタリストのRay Russellの名前もあり、興味深い。

このアルバムのCDは2001年に日本で世界初CD化された。今は入手困難になっているが、ソニーの「AOR CITY 1000」シリーズから昨年7月にBilly Oceanの81年のアルバム『』のCDが再発され、そこではKen Goldが7曲を共作しているので、本作もそろそろかなぁ、などと思っている。

●収録曲
1. Let's Put Our Love Back Together - 3:43
2. It Hurts To Watch A Good Thing Die - 3:37
3. Midnite Creeper - 4:50
4. Don't Go Away (And Take Your Love Out Of Town) - 5:01
5. You've Got To Give Me All Your Lovin' - 3:57
6. We've Got It Jumpin' Now - 3:15
7. I Can't Ask For Anything More Than You - 4:16
8. Why Do We Hurt Each Other - 3:59
9. Uncertain - 3:49
10. If I Could Just Be With You Tonight - 3:03


◆プロデュース: George Lee

◆参加ミュージシャン: Michy Denne(vo, g), Ken Gold(vo, g, b, ds)
with Paul Keogh/Ray Russell(g), Lynton Naiff/Dave Lawson(sy), Alan Tarney(b), Nigel Wilkinson(ds), etc

▶こちらもお薦め

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサード リンク



2017/07/07 16:16 AOR名盤(1978年) TB(0) CM(0)
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサード リンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
Rock名盤(1977年) - Phoebe Snow / Never Letting Go (薔薇の香り) 2017/07/21
Rock名盤(1980年) - Billy Joel / Glass Houses (グラス・ハウス) 2017/07/19
Soul/R&B名盤(1976年) - The Sons of Champlin / A Circle Filled With Love 2017/07/14
Soul/R&B名盤(1985年) - Sade / Promise 2017/07/12
Rock名盤(1978年) - Billy Joel / 52nd Street (ニューヨーク52番街) 2017/07/10
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
アクセスカウンター