音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサード リンク

Mike Finniganの1978年のアルバム『Black & White』。
Mike Finnigan / Black & White (1978年)
Mike Finniganはセッション・キーボーディスト兼ヴォーカリストとして、60年代後半から様々なアーティストと活動を共にしたベテラン・ミュージシャン。バンドの一員としての活動も、70年代のDave Masonバンドでの活動や、その後のDFK(The Dudek, Finnigan, Krueger Band)の結成などが知られている。

ソロ・アルバムは2枚あり、本作はセカンド・アルバム。76年のデビュー作『Mike Finnigan』はスワンプ・ロックの名盤と言われているが、本作『Black & White』はFinniganのシンガーとしての魅力と力量を存分に伝える内容。長身を生かしたそのパワフルな歌声は、しばしばBill Champlinと比較される。

本作にはDave Mason(g)の他、MasonバンドのメンバーであったJim Krueger(g), Rick Jaeger(ds), Bob Gloub/Gerald Johnson(b)が参加した。また、Les Dudek(g)も参加しており、DFK結成の布石となっている。

収録曲にはカヴァー曲が2曲(7, 9)あり、残りをAl Kooper(1)、Max Gronenthal(2, 5, 6, 8)、Jim Krueger(3)、Tom Jans(4)、Richard Stekol(10)等が提供した。

ポップで爽やかな「Just One Minute More」やアコースティックの名品「The Words」、メロウ・ミディアムの「Can't Keep A Secret」や熱唱系の情熱的なバラード「I Could Never Leave You」、コクのあるグルーヴが心地よいファンキー・チューン「Hideaway From Love」など、良曲が揃っている。


このうち、Jim Krueger作の「The Words」は、Dave Masonの同年のアルバム『Mariposa De Oro / 黄金の蝶』にも収録された。また、カヴァー曲のうち「Expressway To Your Heart」は、Soul Survivorsの67年のヒット曲(全米4位)。もう一方の「Let Me Love You」は、Ray Kennedy作のソウルフルなロック・ナンバーで、Ray Kennedyが在籍したKGBの76年のデビュー作『KGB』の収録曲である。

Mike Finniganの豪快な歌いっぷりは、確かにBill Champlinを思わせる。「I Could Never Leave You」のような一途なバラードにおける熱さはBill Champlin以上かも知れない。


Bill Champlinも同じ年に『Single / 独身貴族』でソロ・デビューするが、その後の活動の幅はFinniganよりも広い。曲作りの才能に恵まれていたことと、甘いバラード系も歌いこなす器用さがそうさせたのかも知れない。

Mike Finniganは本作の後、Les Dudek、Jim Kruegerとロック・バンドのDFKを結成し、80年にアルバム『DFK』でデビューする。ダイナミックで爽快なロック・ナンバーを揃えた男っぽいアルバムで、お薦めだ。

●収録曲
1. Just One Minute More - 3:32
2. How Wrong Can You Be - 4:19
3. The Words - 3:12
4. Can't Keep A Secret - 3:30
5. I Could Never Leave You - 4:13
6. Sailfish - 4:04
7. Expressway To Your Heart - 3:54
8. Love Might Keep Us Forever - 3:34
9. Let Me Love You - 2:45
10. Hideaway From Love - 4:23


◆プロデュース: Ron Nevison

◆参加ミュージシャン: Mike Finnigan(vo, k), Dave Mason(g), Les Dudek/Jim Krueger(g, bv), Max Gronenthal(k, bv), Bob Gloub/Gerald Johnson(b), Jeff Porcaro/James Gadson/Rick Jaeger(ds), Bobbye Hall(per), Marty McCall(bv), etc

▶こちらもお薦め

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサード リンク



2017/05/28 16:10 AOR名盤(1978年) TB(0) CM(0)
Leslie Smithの1982年のアルバム『Heartache』。
Leslie Smith / Heartache (1982年)
Leslie SmithはL.A.を拠点に活動するソウル/R&Bシンガー。70年代は白人・黒人混成の大型グループであるCrackin'のヴォーカリストとして活躍し、Crackin'解散後は実力派セッション・シンガーとして息の長い活動をしている。ソロ・アルバムは82年と92年に1枚ずつあり、特に82年作は名作として知られている。

本作をプロデュースしたPeter BunettaとRick ChudacoffもCrackin'の元メンバー。二人はCrackin'のリズム・セクションを担当していたが、グループ解散後はBunetta&Chudacoffというプロデューサー・チームとして活躍した。他の参加ミュージシャンのうち、Lester Abrams(sy), Arno Lucas(per, bv), Brian Ray(g)もCrakin'の旧友である。

収録曲のほとんどはカヴァー曲や他のライターの書き下ろしであり、Leslie Smithが書いたのは、Lester Abramsと共作した「Don't Shut The Door (On My Love)」の1曲のみ。クオリティの高い曲を見事に揃えたアルバムである。

1曲目の「It's Something」は、Brenda RussellとDavid Fosterによる共作。洗練された爽やかなナンバーで、Brenda Russellも83年のアルバム『Two Eyes / 出逢いのときめき』でセルフ・カヴァーした。


ポップ&メロウな「Before The Night Is Over / 夜の終わりに」は、Merry Claytonとのデュエット曲。シングル・カットされ、R&Bチャートでは71位まで到達した。ちなみにMerry Claytonは、The Rolling Stonesの「Gimmie Shelter」(69年)でMick JaggerとデュエットしたR&Bシンガーである。

華やかな「Nothin' You Can Do About It」は、Foster, Jay Graydon, Steve Kipnerによる共作で、Airplayの80年のアルバム『Airplay / ロマンティック』の収録曲。AirplayではTommy Funderburkがロックシンガー・スタイルの高音で歌ったが、Leslie Smithは爽やかなテナー・ヴォイスで歌っている。


ソウルフルでビターな「Love's A Heartache / 愛の傷跡」はNed Doheny作の名曲。ギタリストのRobben Fordが83年のヴォーカル・アルバム『Love's A Heartache / ホイールズ・オブ・ラブ』で自ら歌った他、Ned Dohenyも88年のアルバム『Life After Romance』でセルフ・カヴァーしている。

この他にもPieces(ピーセス)のリーダー格であるGeoffrey Lieb等が書いた「Dream On」や、Brock Walsh等の「Do You Still Remember Me」など、AORファンには名の知れたソングライターの曲を歌っている。

このアルバムは、2012年に日本のヴィヴィド・サウンドから念願のCD化が実現した。紙ジャケット仕様になっており、オリジナルのジャケットに加えてLP発売当時の国内盤のジャケットが付属するという心づくしのCD化であった。国内盤のアートワークもなかなか美しいが、オリジナルのジャケットに写るLeslie Smithの熱い眼差しの魅力にはかなわない。
Leslie Smith / Heartache (1982年) (国内盤フロント・カヴァー)

●収録曲
1. It's Something - 3:48
2. I'm On The Outside Looking In / アウトサイド・ルッキング・イン - 3:21
3. Before The Night Is Over / 夜の終わりに - 3:35
4. Don't Shut The Door (On My Love) - 4:03
5. Dream On - 4:13
6. Nothin' You Can Do About It - 4:25
7. Love's A Heartache / 愛の傷跡 - 4:46
8. Do You Still Remember Me - 4:00
9. If You're In Love - 4:14


◆プロデュース: Peter Bunetta(ds, per), Rick Chudacoff(b, k)

◆参加ミュージシャン: Ned Doheny/Brian Ray/Dennis Herring(g), Bill Elliot(k), Arno Lucas(per, bv), Joe Lala(per), Norton Buffalo(harmonica), Kal David(sitar, bv), Lester Abrams(sy), Merry Clayton(vo), Arnold McCuller/Matthew Wiener(bv), etc

▶こちらもお薦め

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサード リンク



2017/05/27 09:12 AOR名盤(1982年) TB(0) CM(2)
Randy Meisnerの1980年のアルバム『One More Song』。
Randy Meisner / One More Song (1980年)
Randy MeisnerはEaglesの元ベーシスト。1971年のバンド創設時のメンバーであり、76年の代表作『Hotel Carifornia』まで在籍した。Eaglesの75年のアルバム『One of These Nights / 呪われた夜』からのヒット曲「Take It to the Limit」(米4位)や、『Hotel California』収録の名曲「Try and Love Again」などはRandy Meisnerの作で、高音の少しクセのある声でリード・ヴォーカルも担当している。

Eagles結成前は、同じカリフォルニアのバンドであるPocoに在籍し、バンドの創設からファースト・アルバムの制作までベーシストを担当した。なお、Meisnerの後任としてTimothy B. SchmitがPocoに加入するが、後にMeisnerがEaglesを脱退した際の後任も、やはりTimothy B. Schmitが務めている。不思議な縁である。

本作は、Eagles脱退後の2枚目のソロ・アルバム。Eaglesの平和で穏やかな側面にだけ光を当てたような、温かいウェストコースト・ロックを聴くことができる。ちょうどEaglesの解散する年にあたるが、Don HenleyとGlenn Freyも参加し、タイトル曲「One More Song」のバック・ヴォーカルを担当した。

ラストの「Anyway Bye Bye」はPocoのカヴァーであるが、それ以外は、Meisner, Eric Kaz, Wendy Waldmanの共作が4曲(2, 3, 5, 7)、Meisner, Kazの共作が2曲(1, 4)、Jack Tempchinの作が2曲(6, 8)となっている。

Kazと共作した「Deep Inside My Heart」と「Hearts on Fire」は共にアップテンポの明るいナンバー。シングル・カットされ、Billboard Pop Singlesチャートの各々22位、19位をマークした。「Deep Inside My Heart」では、Kim Carnesがバック・ヴォーカルを担当している。


ラストの「Anyway Bye Bye」は、Meisnerがほろ苦く歌うスロー・バラード。Pocoのセカンド・アルバム『Poco』(70年)に収録された名曲で、Pocoの原曲は7分もあるが、ここではコンパクトにまとめている。

本作のCDは、ソニーの「AOR CITY 1000」シリーズから昨年7月に再発された。ちなみに、このアルバムの元気なバック・バンドの名前はSilverados。Silverado(シルヴァラード)という名前の由来は知らないが、81年に設立されたアメリカのワイナリーの名前でもある。Randy Meisnerが育んだ豊かな "Spirit" を味わえるアルバムだ。

●収録曲
1. Hearts on Fire - 2:48
2. Gotta Get Away - 4:03
3. Come on Back to Me - 3:51
4. Deep Inside My Heart - 3:29
5. I Need You Bad - 3:11
6. One More Song - 3:55
7. Trouble Ahead - 4:12
8. White Shoes - 4:11
9. Anyway Bye Bye - 4:30


◆プロデュース: Val Garay

◆参加ミュージシャン: Wendy Waldman(ag, bv), Craig Hull(g), Bill Cuomo/Sterling Smith(k), Bryan Garofalo(b), Craig Krampf(ds), Don Francisco(per, bv), Michael Jacobsen(sax), Don Henley/Glenn Frey/Kim Carnes(bv)

▶こちらもお薦め

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサード リンク



2017/05/25 10:15 AOR名盤(1980年) TB(0) CM(0)
カテゴリー一覧

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサード リンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年作『Bobby Caldwell

お気に入りに追加

ブロとも申請

この人とブロともになる

お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
ミュージックのお薦め
アクセスランキング
QRコード
QR
最新記事一覧
AOR名盤(1978年) - Mike Finnigan / Black & White 2017/05/28
AOR名盤(1982年) - Leslie Smith / Heartache 2017/05/27
AOR名盤(1980年) - Randy Meisner / One More Song 2017/05/25
AOR名盤(1982年) - Tom Snow / Hungry Nights 2017/05/23
AOR名盤(1982年) - Jimmy Webb / Angel Heart 2017/05/21
Amazon専用ストア
アクセスカウンター