音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサード リンク

Fools Goldの1977年のアルバム『Mr. Lucky』。
Fools Gold / Mr. Lucky (1977年)
Fools GoldはDan Fogelbergのバック・バンドとして活動をスタートしたウェスト・コーストのグループ。デビュー・アルバムは1976年の『Fools Gold』で、その頃の彼らは4人組であったが、セカンド・アルバムの本作『Mr. Lucky』をリリースする頃には、Tom KellyとDenny Hensonのデュオ・グループになっている。

本作は、爽やかなウェスト・コースト・サウンドが詰まった柑橘系フルーツのようなアルバム。"闇夜に浮かび上がるゴールドのネオン" というジャケットからは想像できない快晴のサウンドを聴くことができる。「Wouldn't I Love To Love You」や「Fly Away」のようなバラードにも、じめっとした湿度はなく、メロディの美しさと二人のハーモニーの爽やかさが印象に残る。

全曲が二人のオリジナルで、Tom Kellyはその全てに貢献。バック・ミュージシャンは、TOTOの面々(Mike Porcaro, Jeff Porcaro, David Paich)やDavid Foster、Bill Champlin等、LAの実力派で固められ、演奏とサウンドはフレッシュで生き生きとしている。

本作を最後に彼らはグループを解散。伸びやかなハイトーン・ヴォーカルを操るTom Kellyは売れっ子のバックアップ・シンガーとなり、『Airplay / ロマンティック』を始めとする多くのアルバムに参加するほか、Billy Steinbergとi-Tenというユニットを組み、83年に唯一のアルバム『Taking A Cold Look』を残している。

このTomとBillyは優れたソングライター・チームとしてその後も活躍し、Madonnaの「Like a Virgin」(84年)を始め、Cyndi Lauperの「True Colors」(86年)、Whitney Houstonの「So Emotional」(87年)、Heartの「Alone」(87年)、The Banglesの「Eternal Flame」(89年)と、80年代に全米No.1ヒットを量産した。

本作のCDは、ソニーの「AOR CITY 1000」シリーズから2016年8月に再発。i-Tenの『Taking A Cold Look』のCDも同時に再発されており、お薦めである。

●収録曲
1. Sweet Country Air - 4:14
2. I Can Hear The Whistle Blow / 口笛が聞こえる - 2:54
3. Wouldn't I Love To Love You / ラヴ・ユー - 4:24
4. Runnin' And Hidin' - 3:53
5. Fly Away - 3:54
6. Gypsy Brew - 2:43
7. Mr. Lucky - 4:16
8. Where Did Our Love Go Wrong / ゴー・ロング - 3:58
9. Captain - 5:57


◆プロデュース: Keith Olssen

◆参加ミュージシャン: Tom Kelly/Denny Henson(vo, g, ar)
with Andrew Gold/Waddy Wachtel(g), David Foster(k, ar), David Paich/Bill Champlin(k), Mike Porcaro(b), Jeff Porcaro(ds, per), Dan Forgelberg(lap steel), Mel Collins/Tom Scott(sax), etc


最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサード リンク



2017/09/15 17:50 AOR名盤(1977年) TB(0) CM(2)
Kenny Logginsの1977年のアルバム『Celebrate Me Home / 未来への誓い』。
Kenny Loggins / Celebrate Me Home (未来への誓い) (1977年)
Kenny Logginsはアメリカのシンガー・ソングライター。Jim Messinaとポップ/ロック・デュオのLoggins and Messinaを組んで1971年から76年まで活動した後にソロとなり、アルバム制作やライヴ活動のほかに、80年代以降は映画の主題歌を歌って多くのヒット曲を生んでいる。特に、『Footloose』の同名主題歌(84年, 米1位)と『Top Gun』の主題歌「Danger Zone」(86年, 米2位)は有名だ。

本作は、Loggins & Messina解散の翌年にリリースされたファースト・ソロ・アルバム。ジャズ・キーボード奏者のBob Jamesと、Billy Joelなどのプロデュースで知られるPhil Ramoneがプロデュースを手がけた。

収録曲は、Patti Austin作の「I've Got The Melody」とRay Charles等、多くの歌手に歌われたスタンダード・ナンバーの「You Don't Know Me」を除いてKenny Logginsのオリジナル。殆どを共作しており、共作者はJohn Townsend(1)、Jimmy Webb(2)、Bergman夫妻(3)、翌年に奥様となるEva Ein(4, 5, 9)、Bob James(8)、David Foster(9)となっている。

ポップで軽快な「I Believe In Love / 愛を信じて」はシングル・カットされ、Billboard Hot 100チャートの66位にチャート・イン。アルバムはBillboard 200チャートの27位を記録した。

Loggins & Messinaの頃や「Footloose」のような快活なヒット曲から想像されるアップ・テンポな曲は少なく、ジャズ/フュージョンの実力派プレイヤーの洗練した演奏をバックにKenny Logginsがじっくり歌うタイプの曲が多い。

Patti Austinのハリのある歌声がしっかり聴こえる「I've Got The Melody」や、曲の終わりにHiram Bullockのカッコいいギター・ソロを聴ける「Lady Luck」など、素材の良さが光る。

Bob Jamesと共作した「Celebrate Me Home」は、歌いだしが "Home for the holidays" であることや静かな曲調からクリスマス・ソングとして広く聴かれているようだ。ラストの「You Don't Know Me」では、そのBob Jamesの優しいエレピとEric Galeの渋~いエレキ・ギターだけを伴奏に、Kenny Logginsがしっとりと歌い上げる。胸に沁みる素晴らしい歌声だ。

●収録曲
1. Lady Luck - 4:40
2. If You Be Wise - 4:28
3. I Believe In Love / 愛を信じて - 3:30
4. Set It Free - 6:00
5. Why Do People Lie - 4:35
6. Enter My Dream - 5:20
7. I've Got The Melody (Deep In My Heart) - 4:15
8. Celebrate Me Home - 4:44
9. Daddy's Back - 3:37
10. You Don't Know Me - 4:13


◆プロデュース: Bob James(k), Phil Ramone

◆参加ミュージシャン: Kenny Loggins(vo, g, k), Hiram Bullock/Robben Ford/Eric Gale/Steve Khan/Hugh McCracken/Dean Parks/Lee Ritenour(g), Richard Tee(k), George Hawkins(b), Steve Gadd/Ralph MacDonald/Harvey Mason(ds), Steve Forman(per), Patti Austin/Lani Groves/George Hawkins(bv), etc


最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサード リンク



2017/08/10 16:30 AOR名盤(1977年) TB(0) CM(0)
Karla Bonoffの1977年のアルバム『Karla Bonoff』。
Karla Bonoff / Karla Bonoff (1977年)
Karla Bonoffはカリフォルニア生まれのシンガー・ソングライター。Linda Ronstadtの1976年のヒット・アルバム『』(Billboard 200チャートの3位を記録)にKarlaの曲が3曲取り上げられたことにより、優れたソングライターとしてその名を知られるようになった。

本作はKarla Bonoffのデビュー・アルバムで、その3曲(「Someone To Lay Down Beside Me」「Lose Again」「If He's Ever Near」)が収録されている。

Karlaは60年代の終わりにBryndleという4人組のフォーク・ロック・バンドを組んでいたが、本作にはBryndleのメンバーであるKenny Edwards, Andrew Gold, Wendy Waldmanが全員参加し、プロデュースをKennyが担当している。Kenny Edwardsは本作に続く彼女の2枚のアルバムもプロデュースした。

10曲の収録曲は、「Faces In The Wind」(Craig Safan作)と「Flying High」(Steve Ferguson作)の2曲を除いて彼女のオリジナル。Linda Ronstadtの『Hasten Down the Wind』に提供した3曲以外に、Bonnie Raittが同年のアルバム『』で「Home」を歌っている。

Karla Bonoffの歌声は穏やかで落ち着いており、独特の爽やかさがある。しっとりと歌い聴かせるタイプの曲が多いが、特にピアノの弾き語りで歌う「Lose Again / またひとりぼっち」は、もの悲しいメロディと彼女の無垢な歌声にしみじみとした感動を覚える。

また「If He's Ever Near」では、Glenn FreyとJ.D. Southerの二人によるバック・コーラスの美しさに感動する。せつなさや優しさをコーラスで巧みに表現する技は繊細にして芸術的。

79年のセカンド・アルバム『Restless Nights / ささやく夜』も、彼女の歌声に聴き惚れる名作。彼女は寡作でスタジオ・アルバムを4枚しか出していないが、そうしたところに(勝手ながら)奥ゆかしさを感じてしまう。

●収録曲
1. Someone To Lay Down Beside Me / 誰かわたしの側に - 4:03
2. I Can't Hold On / わたしは待てない - 3:11
3. Lose Again / またひとりぼっち - 3:41
4. Home / 故郷 - 4:17
5. Faces In The Wind / 風の中の顔 - 3:06
6. Isn't It Always Love / 恋じゃないかい - 3:07
7. If He's Ever Near / 彼にお願い - 3:18
8. Flying High / 高く舞い上がって - 3:26
9. Falling Star / 流れ星 - 3:27
10. Rose In The Garden / 庭のバラ - 4:42


◆プロデュース: Kenny Edwards(g, b, bv)

◆参加ミュージシャン: Karla Bonoff(vo, k, ag), Andrew Gold(g, k, bv), Jai Winding(k), Waddy Wachtel(g), Leland Sklar(b), Russ Kunkel/Mike Botts(ds), Steve Forman(per), Dan Dugmore(steel g), Linda Ronstadt/Wendy Waldman/Glenn Frey/J.D. Souther/Brock Walsh(bv), etc


最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサード リンク



2017/07/31 16:47 AOR名盤(1977年) TB(0) CM(0)
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサード リンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
AOR名盤(1979年) - The Bliss Band / Neon Smiles 2017/09/24
AOR名盤(1982年) - China / China (夜明けのダンサー) 2017/09/22
AOR名盤(1981年) - Niteflyte / Niteflyte II 2017/09/20
AOR名盤(1976年) - Silver / Silver (シルヴァー・ファースト) 2017/09/18
AOR名盤(1977年) - Fools Gold / Mr. Lucky 2017/09/15
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
アクセスカウンター