音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサード リンク

Tim Feehanの1983年のアルバム『Carmalita』。
Tim Feehan / Carmalita (1983年)
Tim Feehanはカナダのシンガー・ソングライター。のちに同郷のDavid Fosterのサポートを得て全米進出を果たすが、本作はまだカナダで活動していた頃のソロ・アルバムだ。

Tim Feehanはソロになる前にFootlooseという5人組のグループで活動していた。Footlooseは80年に唯一のアルバム『Footloose』を残して解散するが、そのアルバムでTimは殆どの曲を作曲し、非凡な作曲能力を発揮している。

本作『Carmalita』はソロとしての2作目。Tim本人がプロデュースを担当し、2曲(5, 6)の共作を含めて全ての曲作りを手がけた。

メロディ・メイカーの優れた才能は本作でも存分に発揮され、全曲がメロディアスで瑞々しい。爽やかなポップス系では「January」、メロディアス・ロックでは「Bad Sister」、ロマンティック・バラードでは「Never Say Die」「Sadie J」、R&B系では「Over And Over」と、各ジャンルでキラー・チューンを揃えている。


「Never Say Die」ではカナダの女性シンガーのVickie Mossとデュエットし、この曲はカナダのACチャートの1位を獲得した。Vickie Mossは、David Fosterの同じ年のソロ・デビュー作『』でも、Fosterと「Love At Second Sight」というバラードをデュエット。また、Fosterが音楽を担当した85年の映画『』では、FosterとRichard Marxの書いた「If I Turn You Away」を歌っている。

●収録曲
1. Carmalita - 3:47
2. January - 4:41
3. Wrong Number - 3:32
4. Alone - 4:45
5. Bad Sister - 4:24
6. Over And Over - 3:33
7. Take Her By Surprise - 4:38
8. Wait One More Day - 4:17
9. Never Say Die - 3:55
10. Sadie J - 4:19


◆プロデュース: Tim Feehan(vo)

◆参加ミュージシャン: Gord McCrostie(g), R.J. Smart(k), Greg Dunstan(b), Darrell Mayes(ds), Vickie Moss(vo), etc

▶こちらもお薦め

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサード リンク



2017/07/09 16:53 AOR名盤(1983年) TB(0) CM(0)
Paul Ankaの1983年のアルバム『Walk A Fine Line / マイ・ソングス~朝のとばりの中で』。
Paul Anka / Walk A Fine Line (1983年)
Paul Ankaはカナダ出身のシンガー・ソングライター。「Diana」(57年, 米2位)、「Lonely Boy」(59年, 米1位)、「Put Your Head On My Shoulder」(59年, 米2位)、「(You're) Having My Baby」(74年, 米1位)などのヒット曲の作者であり、Frank Sinatraの代表曲である「My Way」の英詩を担当したことでも知られる。

50年代後半から60年代前半にヒットを飛ばしたクラブ歌手的なイメージがあるが、その後も途切れることなくアルバム制作を続け、70年代中盤には再びチャートに復帰するようになる。同郷のDavid Fosterとも徐々に親交を深め、そのFosterが最も関与したアルバムが本作『Walk A Fine Line』だ。

ラストの「Golden Boy」を除く全曲がPaul Ankaの作で、共作者にはDavid FosterとMichael McDonaldの名前が多く登場する。アレンジもFoster担当の7曲(1-3, 6-9)とMcDonald担当の2曲(4, 5)に分かれており、この3人を中心に制作されたアルバムという印象が強い。

1曲目の「Second Chance」はこの3人による共作で、本作の成り立ちを象徴する1曲。爽かなAORナンバーで、ACチャートの14位をマークした。

「Hold Me 'Til The Mornin' Comes / 朝のとばりの中で」はFosterと共作した美しいバラード。バックで歌うPeter Ceteraに存在感があり、どちらがメイン・ヴォーカルか分からないほど。Billboard Hot 100チャートの40位、ACチャートでは2位を記録し、アルバムの邦題にはこの曲が採用された。

McDonaldと共作した「No Way Out」はとろけるようにメロウな曲。Ernie WattsのSaxが切なく響き、Paul Ankaの歌声も哀愁たっぷりだ。続くタイトル曲「Walk A Fine Line」もMcDonaldとの共作で、小気味良いリズムとふくよかなサウンドはMcDonaldの作法といった感じ。

繊細なタッチのバラード「This Is The First Time」はPeter McCannとの共作。Pagesのさり気ないバック・コーラスが感動的に美しい。

CDは長らく入手困難な状態が続いていたが、ソニーの「AOR CITY 1000」シリーズから昨年7月に再発された。同じシリーズから今年の8月にも100タイトルのCDが発売されるが、Paul Ankaの78年のアルバム『Listen To Your Heart / 愛の旋律(しらべ)』が世界初CD化されるので楽しみだ。また、79年のアルバム『Headlines』のCDも再発される。

●収録曲
1. Second Chance - 3:54
2. Hold Me 'Til The Mornin' Comes / 朝のとばりの中で - 4:30
3. Darlin', Darlin' - 4:44
4. No Way Out - 4:26
5. Walk A Fine Line - 4:48
6. Take Me In Your Arms - 3:31
7. This Is The First Time - 4:22
8. Gimme The Word - 4:00
9. Golden Boy - 4:15


◆プロデュース: Denny Diante(ar)

◆参加ミュージシャン: Karla DeVito(vo), Jay Graydon(g, ar), Steve Lukather/Marty Walsh(g), David Foster/Bill Cuomo(k, ar), Michael McDonald(k, bv, ar), Michael Colombier(k), Nathan East/Lee Sklar(b), Jeff Porcaro/John Robinson/Mike Baird/Vinnie Colaiuta(ds), Paulinho Da Costa(per), Ernie Watts(sax), Peter Cetera/Kenny Loggins/Richard Page/Steve George/Steve Kipner(bv), etc

▶こちらもお薦め

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサード リンク



2017/06/20 15:38 AOR名盤(1983年) TB(0) CM(2)
Robert Kraftの1983年のアルバム『Retro Active / ラヴァーズ・メロディ』。
Robert Kraft / Retro Active (1983年)
Robert Kraftはアメリカのソングライターであり音楽プロデューサー。70年代後半からソングライターやアーティストとしての活動をスタートし、80年代後半にはプロデューサーとして映画俳優Bruce Willisのソロ・アルバムを手掛けるなど、活動の幅を拡げた。ハーバード大卒のRobertはビジネスの才覚があり、92年に自らのレーベルを設立し、94年から2012年までFox MusicのCEOを務め、2013年からはKraftbox Entertainmentという音楽プロダクションを経営している。

ソロ・アルバムは5枚ほどを制作しており、本作『Retro Active』は3作目。Larry Carltonがプロデュースを担当しており、CarltonプロデュースのAOR作という点では、Vapour Trailsの79年の名盤『Vapour Trails』以来となる。ギタリストのJay GraydonがManhattan TransferやAl Jarreau、Dionne Warwick等のアルバム・プロデュースを次々に成功させ、音楽プロデューサーの才能を開花させたことに触発されたのかも知れない。

本作のレコーディングはハリウッドにCarltonが所有する「Room 335」スタジオで行われ、ギターもCarlton自らが弾いた。またPagesの二人による美しいバック・コーラスが随所で効いている。

共作も含めて全曲がRobert Kraftの作。RobertはSteely Danの信奉者らしく、3枚のアルバム全てでElliot Scheinerにエンジニアを依頼するほど。本作でも「Out With My Ex / むかしの恋人」「What Price Glory? / 危険なくちづけ」「On The West Side」は、Steely Danスタイルのクールでジャジーな曲だ。

メロディがポップでキャッチーな「You're Blue Too」ではManhattan TransferのJanis Siegelと仲良くデュエット。Janis Siegelとは次作『Quake City』でも1曲をデュエットしている。

続く「I Wonder What You're Like / 君はどんな女(ひと)」はドリーミーなナンバーで、PagesのコーラスとJerry HeyのFlugelhornが美しい。この曲は、Marleneの84年のアルバム『Looking For Love』やMaureen McGovernの88年のアルバム『State Of The Heart』でカヴァーされた。

●収録曲
1. Single, Solo - 3:32
2. Just Another Notch On The Bedpost / リトル・ゲーム - 3:15
3. Out With My Ex / むかしの恋人 - 4:10
4. You're Blue Too - 3:26
5. I Wonder What You're Like / 君はどんな女(ひと) - 3:35
6. Heartless - 3:27
7. What Price Glory? / 危険なくちづけ - 3:12
8. Teach Me How To Kiss You - 3:23
9. Can We Be In Love Again? / イン・ラヴ・アゲイン - 3:42
10. On The West Side - 4:09
11. Let's Hold Each Other Once More / もう一度抱きしめて - 3:25


◆プロデュース: Larry Carlton(g, b, k, per)

◆参加ミュージシャン: Robert Kraft(vo, k), Janis Siegel(vo), Michael Omartian/Terry Trotter/Don Freeman(k), Abraham Laboriel(b), Jeff Porcaro/Rick Marotta/Ed Greene/Alex Acuna(ds), Paulinho Da Costa(per), Jerry Hey(tp), Richard Page/Steve George/Tom Kelly(bv), etc

Robert Kraftは2013年にBOXセット『Complete Kraft Box 1979-1989』も発売している。Kraftにちなんで、外箱の素材にクラフト紙を使っているように見える。全世界300セット限定とのことだが、Amazonではまだ購入可能。本作『Retro Active』が気に入った方は、お早めにどうぞ。

●BOXセットの内容
1. 『Mood Swing』(79年) ※Robert Kraft & The Ivory Coast名義
2. 『Ready To Bounce / カーネギー・ウギー』(84年) ※81年にレコーディングされお蔵入りになっていたが、84年に日本限定で発売
3. 『Retro Active / ラヴァーズ・メロディ』(83年)
4. 『Quake City』(89年)
5. 『Live At Town Hall』(80年)


▶こちらもお薦め

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサード リンク



2017/06/13 17:23 AOR名盤(1983年) TB(0) CM(0)
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサード リンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
Rock名盤(1977年) - Phoebe Snow / Never Letting Go (薔薇の香り) 2017/07/21
Rock名盤(1980年) - Billy Joel / Glass Houses (グラス・ハウス) 2017/07/19
Soul/R&B名盤(1976年) - The Sons of Champlin / A Circle Filled With Love 2017/07/14
Soul/R&B名盤(1985年) - Sade / Promise 2017/07/12
Rock名盤(1978年) - Billy Joel / 52nd Street (ニューヨーク52番街) 2017/07/10
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
アクセスカウンター