音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサード リンク

Roberta Flackの1969年のデビュー・アルバム『First Take』。

Roberta Flackはハワード大学でクラシックや声楽を学んでおり、音楽の基盤のあるアーティスト。
このデビュー・アルバムの時、既に32歳である。

とても存在感のあるヴォーカルだ。
感情を高ぶらせることなく、淡々と、雄大に歌う。
クールな感じではなく、丁寧で心がこもっている。
Adeleも好きなアーティストにRoberta Flackを挙げているようだ。

親交が深いDonny Hathawayも、彼女と同じハワード大学でクラシックを学んだ。
このアルバムでは、Donny Hathawayの曲を2曲、3と7で取り上げている。

そのDonny Hathawayの「Our Ages or Our Hearts」や、Leonard Cohenの「Hey, That's No Way to Say Goodbye」など、アルバムの曲を順に聴いていくと、次第に心がほぐれてくる。

「The First Time Ever I Saw Your Face / 愛は面影の中に」は、最高の一曲。
美しいメロディが、しっとりと歌われる。
歌い終わる頃には、すっかり疲れが取れる。
この曲は1972年に映画音楽で使われて全米1位のヒットとなった。

Ron Carterの落ち着いたベースも良い。

静かになりたいときにお薦めのアルバムである。

●収録曲
1. Compared to What - 5:16
2. Angelitos Negros - 6:56
3. Our Ages or Our Hearts - 6:09
4. I Told Jesus - 6:09
5. Hey, That's No Way to Say Goodbye - 4:08
6. The First Time Ever I Saw Your Face - 5:22
7. Tryin' Times - 5:08
8. Ballad of the Sad Young Men - 7:00


◆プロデュース: Joel Dorn

◆参加ミュージシャン: Roberta Flack(p, vo), Bucky Pizzarelli(g), Ron Carter(b), Ray Lucas(ds, per), Seldon Powell/Frank Wess(sax), Charles McCracken/George Ricci(cello), Benny Powell(tb), Jimmy Nottingham/Joe Newman(tr), Emanuel Green/Gene Orloff(violin), Alfred Brown/Selwart Clarke/Theodore Israel(viola), William Fischer(horn, st ar)

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサード リンク



2016/05/11 20:25 Soul / R&B(60年代) TB(0) CM(0)
Otis Reddingの1967年作『Live in Europe』の紹介です。

Otis Reddingは1967年の12月に突然の飛行機事故により亡くなります。
26歳という若さです。

このアルバムは亡くなる5ヶ月前にパリで録音されたライヴ・アルバム。

26歳の若さながら、圧倒的なパワーと歌唱の説得力で会場を熱狂に包む、感動の一枚です。

歌い手と観客が互いの思いを汲んで呼応すると、ここまで熱く幸せな場ができるのかと、ただ感心します。
特に、「Satisfaction」から始まる後半の盛り上がりが凄い。

いろいろなライヴ・アルバムがありますが、ステージと観客の熱狂を最高の形で捉えた記録として、このアルバムは貴重です。

本作や、1968年の名作『The Dock of the Bay』を収めた5CDの『Vol. 2-Original Album Series』もお薦め。

●収録曲
1. Respect (Otis Redding 3:00)
2. Can't Turn You Loose (Redding 3:20)
3. I've Been Loving You Too Long (Jerry Butler, Redding 3:40)
4. My Girl (Smokey Robinson, Ronald White 2:44)
5. Shake ( Sam Cooke)
6. (I Can't Get No) Satisfaction (Mick Jagger, Keith Richards 2:53)
7. Fa-Fa-Fa-Fa-Fa (Sad Song) (Steve Cropper, Redding 3:37)
8. These Arms of Mine (Redding 2:57)
9. Day Tripper (John Lennon, Paul McCartney 2:54)
10. Try a Little Tenderness (James Campbell, Reginald Connelly, Harry M. Woods 5:00)


最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサード リンク



2016/01/16 23:39 Soul / R&B(60年代) TB(0) CM(0)
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサード リンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
AOR名盤(1979年) - The Bliss Band / Neon Smiles 2017/09/24
AOR名盤(1982年) - China / China (夜明けのダンサー) 2017/09/22
AOR名盤(1981年) - Niteflyte / Niteflyte II 2017/09/20
AOR名盤(1976年) - Silver / Silver (シルヴァー・ファースト) 2017/09/18
AOR名盤(1977年) - Fools Gold / Mr. Lucky 2017/09/15
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
アクセスカウンター