音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサード リンク

Dionne Warwickの1985年のアルバム『Friends』。
Dionne Warwick / Friends (1985年)
Dionne Warwickは60年代始めから活動しているアメリカの女性シンガー。Whitney Houstonの従姉妹としても知られている。相当な数のスタジオ・アルバムを制作しており、1年に2作以上をリリースすることも少なくない。

本作は、姪のWhitney Houstonが『そよ風の贈りもの』で華々しいデビューを飾った年のアルバム。洋楽シーンでは、「Band Aid」(英, 84年12月)、「USA For Africa」(米, 85年3月)、「LIVE AID」(英米, 85年7月)など、アフリカの飢餓や難民救済のための地球規模のチャリティ活動が話題を呼んだ。

本作にも「That's What Friends Are For / 愛のハーモニー」という有名なチャリティ・ソングがある。Dionne, Stevie Wonder, Elton John, Gladys Knightの4人が "Dionne & Friends" 名義で共演し、その収益は米国エイズ研究財団に寄付された。この曲はBillboard Hot 100チャートの1位を記録し、翌年のグラミー賞の「Song of the Year」と「Best Pop Performance by a Duo or Group with Vocals」を受賞する。

この曲は、Carole Bayer SagerとBurt Bacharach夫妻の作。原曲は82年の映画『』のサウンド・トラック用に書かれており、Rod Stewartが歌った。本作の他の4曲(6, 7, 9, 10)も夫妻の作。「Stronger Than Before / 愛は果てしなく」は、奥様のSagerも81年のアルバム『真夜中にくちづけ』で歌っている。

残りの曲の作者は、「Whisper In The Dark」(Bruce Roberts等)、「Remember Your Heart」(Dan Navarro等)、「Love at Second Sight」(David Foster等)、「Moments Aren't Moments」(Stevie Wonder)、「No One There」(Narada Michael Walden等)と、豪華な顔ぶれ。

「Love at Second Sight」は、Fosterの83年のソロ・デビュー作『』からの選曲で、そこではFosterがVikki Mossとデュエットしている。Fosterらしい美しいバラードで、サビのメロディがとてもロマンティックだ。キュートな「Moments Aren't Moments」は、84年の映画『』のサントラと同曲。Stevie Wonderがサントラをプロデュースし、そこでもDionneがこの曲を歌っている。

このアルバムのどの曲も、1曲目の「愛のハーモニー」のような穏やかな温かさがある。80年代のこの頃は、気取らず自然に善意や友情や愛を歌にする雰囲気があったように思う。

●収録曲
1. That's What Friends Are For / 愛のハーモニー - 4:14
2. Whisper In The Dark - 4:31
3. Remember Your Heart - 3:41
4. Love At Second Sight - 4:39
5. Moments Aren't Moments - 4:32
6. Stronger Than Before / 愛は果てしなく - 3:23
7. Stay Devoted / 優しさいつまでも - 3:32
8. No One There (To Sing Me A Love Song) - 4:26
9. How Long? - 4:07
10. Extravagant Gestures / 愛のとまどい - 4:52


◆プロデュース: Burt Bacharach, Carole Bayer Sager, Albhy Galuten, David Foster, Stevie Wonder, Barry Manilow

◆参加ミュージシャン: Dionne Warwick(vo), Elton John(vo, k), Gladys Knight(vo), Stevie Wonder(vo, harmonica), etc


最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサード リンク



2017/08/16 16:48 Soul / R&B(80年代) TB(0) CM(2)
Sadeの1985年のアルバム『Promise』。
Sade / Promise (1985年)
Sadeは1982年にロンドンで結成された男女4人のグループ。メンバー全員がイギリス人だが、女性シンガーのSade Aduはナイジェリア生まれである。彼らの音楽はソウルやジャズの要素を心地よくブレンドしたAC(Adult Contemporary)。Sade Aduの魅惑のアルト・ヴォイスと、モデルや女優もこなす美しい容姿がアピールし、デビュー直後から高い人気を博した。

本作はSadeのセカンド・アルバム。全曲が彼らのオリジナルで、このうち「The Sweetest Taboo」がBillboard Hot 100チャートの5位(ACチャートの1位)、「Never as Good as the First Time」が20位となるヒットを記録し、「Is It a Crime」もR&Bチャートの32位をマークした。アルバムは米英両方のチャートで初の1位を獲得している。

この映像は93年にSan Diegoで行われたライヴで、曲目リストの1曲目が「The Sweetest Taboo」。ステージに登場し、しなやかに歌い出すSade Aduに見惚れてしまう。

私はNHKの『黄金の洋楽ライヴ』でこの映像を初めて見て、衝撃を受けた。Sadeのヒット曲はリアルタイムに聴いていたが、本気で聴くようになったのはこのライヴ映像を見てからである。Sade Aduの美貌としなやかな身のこなしは勿論のこと、メンバーの統制と抑制の効いた動き、スタジオ録音をほぼそのまま再現する歌唱力と演奏力、足すものも引くものもない感じのステージの完成度に感銘を受けた。

彼女はかなり抑制した歌い方をするシンガーだ。シャウトすることがないし、ヴィヴラートすらつけない。表情を極端に抑えた歌い方なのに、ものすごい引力がある。

アルバム1曲目の「Is It A Crime」は、彼女にしては珍しい熱唱系の曲。比較的熱いトーンで歌うSade Aduを聴くことができる。

San Diegoのライヴではこの曲をオリジナルよりゆったりしたピッチで歌っており、ライヴの終盤ということもあって、彼女の声もややかすれ気味。それでも、
my love is wider, wider than victoria lake
my love is taller, taller than the empire state
と歌う彼女は女神のようだ。女性からの歓声が多いが、それもSadeのライヴの特徴である。

本作には他にも、ロマンティックな「You're Not The Man」やしっとりした演奏を聴かせるインスト曲の「Punch Drunk」、爽やかな「Maureen」など、素晴らしい曲が揃っている。今年8月のソニーの「AOR CITY 1000」シリーズの1枚に選ばれ、CDが再発されることになった。

●収録曲
1. Is It A Crime - 6:20
2. The Sweetest Taboo - 4:37
3. War Of The Hearts / 心のいさかい - 6:47
4. You're Not The Man - 5:20
5. Jezebel / ジュゼベルの物語 - 5:29
6. Mr. Wrong - 2:51
7. Punch Drunk - 5:25
8. Never As Good As The First Time / 素敵なファースト・タイム - 5:00
9. Fear - 4:09
10. Tar Baby - 3:58
11. Maureen - 4:20


◆プロデュース: Robin Millar, Mike Pela, Ben Rogan, Sade(ar)

◆参加ミュージシャン: Sade Adu(vo), Stuart Matthewman(sax, g), Paul Denman(b), Andrew Hale(k)
with Terry Bailey(tp), Pete Beachill(tb), Carlos Bonell(g), Martin Ditcham(per), Dave Early(ds, per), Nick Ingman(string ar), Jake Jacas(vo), etc

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサード リンク



2017/07/12 12:10 Soul / R&B(80年代) TB(0) CM(0)
Donny Gerrardの1976年のアルバム『Donny Gerrard』。
Donny Gerrard / Donny Gerrard (1976年)
Donny Gerradはカナダ生まれのソウル・シンガー。「Skylark」というバンドのリード・シンガーを務めた後にソロとなり、セッション・シンガーとして様々なアルバムに参加した。ソロ・アルバムを76年と2000年にリリースしており、76年のソロ1作目が本作である。

「Skylark」というカナダのバンドは、若い頃のDavid Fosterが在籍したことで知られる。72年のファースト・アルバム『』からは、「Wildflower」というヒット曲(Billboard Hot 100チャートの9位を記録)も生まれた。ジョー山中が歌う「人間の証明」のような趣きのある、哀愁のバラードだ。

さて、本作『Donny Gerrard』のプロデュースは、Henry MarxとRobbie Buchananが担当した。Henry Marxは本作の発売元レーベル(Greedy Records)のエグゼクティヴであり、アルバム・デビュー前のBobby Caldwellのマネジメントも手掛けた人物。一方のRobbie Buchananは、後にMaxusを結成するキーボード奏者で、本作ではアレンジも担当した。Robbieにとって、初めてアレンジを手掛けた作品が本作らしい。

収録曲は、カヴァー曲と書き下ろしが半々ぐらいの割合で構成されている。
カヴァー曲では、The Beatlesの「The Long And Winding Road」やCurtis Mayfieldの「You Must Believe Me」、Van McCoyの「Stay Awhile With Me」などを歌っている。「Words」は、Margie Josephが75年のアルバム『』で歌った曲だが、原曲はイタリアの73年の流行歌らしい。

書き下ろしには、Henry Marxの「Stand Up」や「Greedy For Your Love」、Bobby Caldwellの書いた「Peace For Us All」などがある。「Peace For Us All」はディスコ調の軽快なナンバーで、Bobbyの名曲「風のシルエット」のようなロマンティックな曲を期待すると、当てが外れる。

あまり目立たないが、ほぼ全曲でギターを弾いているのはJay Graydon。リズム・セクションも、Wilton Felder(b), Mike Baird/Ed Greene(ds)という実力派が担当している。

本作のベスト・トラックは、1曲目の「He's Always Somewhere Around」だろう。軽快なグルーヴと美しいストリングス、そしてDonnyの優しい歌声が最高に心地よい1曲だ。

●収録曲
1. He's Always Somewhere Around - 3:14
2. Stay Awhile With Me - 4:28
3. Words (Are Impossible) - 3:09
4. Stand Up (And Show Your Love) - 3:13
5. The Long And Winding Road - 3:13
6. Greedy For Your Love - 3:18
7. Peace For Us All - 2:45
8. You Must Believe Me - 3:15
9. As Far As We Can Go - 3:55


◆プロデュース: Henry Marx, Robbie Buchanan(ar, k)

◆参加ミュージシャン: Jay Graydon(g), Wilton Felder(b), Mike Baird/Ed Greene(ds), Kathy Collier/Venetta Fields/Carmen Twille(bv), Steve Madaio(horn)


最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサード リンク



2017/04/20 16:52 Soul / R&B(70年代) TB(0) CM(0)
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサード リンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
AOR名盤(1979年) - The Bliss Band / Neon Smiles 2017/09/24
AOR名盤(1982年) - China / China (夜明けのダンサー) 2017/09/22
AOR名盤(1981年) - Niteflyte / Niteflyte II 2017/09/20
AOR名盤(1976年) - Silver / Silver (シルヴァー・ファースト) 2017/09/18
AOR名盤(1977年) - Fools Gold / Mr. Lucky 2017/09/15
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
アクセスカウンター