音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサード リンク

The Sons Of Champlinの1976年のアルバム『A Circle Filled With Love』。
The Sons of Champlin / A Circle Filled With Love (1976年)
The Sons Of Champlinは60年代から70年代にかけてサン・フランシスコのベイ・エリアを中心に活動したロック・バンド。バンド名はリーダーのBill Champlinの名前から取っている。

Bill Champlinはカリフォルニア生まれの実力派シンガー。The Sons Of Champlinを率いて65年から77年まで活動したのちにソロとなり、セッション・シンガーやソングライターとして精力的に活動した。81年にはChicagoのメンバーとなり、2009年の脱退までキーボード、ギター、ヴォーカルを担当している。

本作はThe Sons Of Champlinの6枚目のアルバム。彼らは6人編成で、ホーン・セクションを擁する点はChicagoと似ている。R&B、ファンク、ブラス・ロック、ブルー・アイド・ソウルといった要素をミックスしながら、わりと洗練された音を出すグループである。

「Slippery When It's Wet」はCommodoresの75年のアルバム『』からのカヴァーだが、それ以外は彼らのオリジナル。ギタリストのTerry Haggertyが2曲(3, 6)、ゲスト・ミュージシャンのRob Moitoza(b)が1曲(5)、残りを共作も含めてChamplinが書いている。また、3曲(4, 6, 11)はインスト曲だ。

メロウで洗練された「Here Is Where Your Love Belongs」は本作一押しのナンバー。Jaye P. Morganが翌年のアルバム『Jaye P. Morgan』でこの曲を歌った他、Pointer Sistersも80年のアルバム『』でカヴァーした。

「You」「For A While」「Helping Hand」も同じ路線の心地よい曲。特に、ドリーミーな「Helping Hand」の美しさは格別。この曲では若きDavid Fosterがピアノを弾いており、これがFosterとChamplinの最初の仕事らしい。

また、美しいバック・ヴォーカルには女性シンガーのLaura Allanが参加。Allanは2年後にアルバム『』で爽やかにデビューし、Champlinも同じ年にFosterのプロデュースするアルバム『Single / 独身貴族』でソロ・デビューを果たす。

●収録曲
1. Hold On - 3:01
2. Here Is Where Your Love Belongs - 3:34
3. Follow Your Heart - 2:30
4. Knickanick - 3:06
5. Imagination's Sake - 2:41
6. Still In Love With You - 3:37
7. Circle Filled With Love - 3:23
8. To The Sea - 3:00
9. You - 3:57
10. For A While - 3:32
11. Slippery When It's Wet - 4:19
12. Helping Hand - 3:45


◆プロデュース: Keith Olsen

◆参加ミュージシャン: Bill Champlin(vo, k, g), Terry Haggerty(g), Geoffrey Palmer(sax, k, vib), Jim Preston(ds, vo, per), Steve Frediani(sax, flute), David Schallock(b)
with Gail Levant(harp), Allen Estes(per), David Foster(k), Laura Allan(bv), Rob Moitoza(b)

今年の8月にはソニーの「AOR CITY 1000」シリーズから、本作と77年のアルバム『』のCDが再発される。

また73年の『Welcome to the Dance』と75年の『The Sons of Champlin』も加えた4アルバム、2CDのセットが2015年にBGO Recordsから発売されており、デジタル・リマスタリングに加え、分厚いブックレットには英語による解説と参加ミュージシャンのクレジット、歌詞の記載もあり、こちらもお薦めだ。

●CDセットの内容
1.『Welcome to the Dance』(1973年)
2.『The Sons of Champlin』(1975年)
3.『A Circle Filled with Love』(1976年)
4.『Loving Is Why』(1977年)


▶こちらもお薦め

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサード リンク



2017/07/14 17:14 Soul / R&B(70年代) TB(0) CM(0)
Sadeの1985年のアルバム『Promise』。
Sade / Promise (1985年)
Sadeは1982年にロンドンで結成された男女4人のグループ。メンバー全員がイギリス人だが、女性シンガーのSade Aduはナイジェリア生まれである。彼らの音楽はソウルやジャズの要素を心地よくブレンドしたAC(Adult Contemporary)。Sade Aduの魅惑のアルト・ヴォイスと、モデルや女優もこなす美しい容姿がアピールし、デビュー直後から高い人気を博した。

本作はSadeのセカンド・アルバム。全曲が彼らのオリジナルで、このうち「The Sweetest Taboo」がBillboard Hot 100チャートの5位(ACチャートの1位)、「Never as Good as the First Time」が20位となるヒットを記録し、「Is It a Crime」もR&Bチャートの32位をマークした。アルバムは米英両方のチャートで初の1位を獲得している。

この映像は93年にSan Diegoで行われたライヴで、曲目リストの1曲目が「The Sweetest Taboo」。ステージに登場し、しなやかに歌い出すSade Aduに見惚れてしまう。

私はNHKの『黄金の洋楽ライヴ』でこの映像を初めて見て、衝撃を受けた。Sadeのヒット曲はリアルタイムに聴いていたが、本気で聴くようになったのはこのライヴ映像を見てからである。Sade Aduの美貌としなやかな身のこなしは勿論のこと、メンバーの統制と抑制の効いた動き、スタジオ録音をほぼそのまま再現する歌唱力と演奏力、足すものも引くものもない感じのステージの完成度に感銘を受けた。

彼女はかなり抑制した歌い方をするシンガーだ。シャウトすることがないし、ヴィヴラートすらつけない。表情を極端に抑えた歌い方なのに、ものすごい引力がある。

アルバム1曲目の「Is It A Crime」は、彼女にしては珍しい熱唱系の曲。比較的熱いトーンで歌うSade Aduを聴くことができる。

San Diegoのライヴではこの曲をオリジナルよりゆったりしたピッチで歌っており、ライヴの終盤ということもあって、彼女の声もややかすれ気味。それでも、
my love is wider, wider than victoria lake
my love is taller, taller than the empire state
と歌う彼女は女神のようだ。女性からの歓声が多いが、それもSadeのライヴの特徴である。

本作には他にも、ロマンティックな「You're Not The Man」やしっとりした演奏を聴かせるインスト曲の「Punch Drunk」、爽やかな「Maureen」など、素晴らしい曲が揃っている。今年8月のソニーの「AOR CITY 1000」シリーズの1枚に選ばれ、CDが再発されることになった。

●収録曲
1. Is It A Crime - 6:20
2. The Sweetest Taboo - 4:37
3. War Of The Hearts / 心のいさかい - 6:47
4. You're Not The Man - 5:20
5. Jezebel / ジュゼベルの物語 - 5:29
6. Mr. Wrong - 2:51
7. Punch Drunk - 5:25
8. Never As Good As The First Time / 素敵なファースト・タイム - 5:00
9. Fear - 4:09
10. Tar Baby - 3:58
11. Maureen - 4:20


◆プロデュース: Robin Millar, Mike Pela, Ben Rogan, Sade(ar)

◆参加ミュージシャン: Sade Adu(vo), Stuart Matthewman(sax, g), Paul Denman(b), Andrew Hale(k)
with Terry Bailey(tp), Pete Beachill(tb), Carlos Bonell(g), Martin Ditcham(per), Dave Early(ds, per), Nick Ingman(string ar), Jake Jacas(vo), etc

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサード リンク



2017/07/12 12:10 Soul / R&B(80年代) TB(0) CM(0)
Donny Gerrardの1976年のアルバム『Donny Gerrard』。
Donny Gerrard / Donny Gerrard
Donny Gerradはカナダ生まれのソウル・シンガー。「Skylark」というバンドのリード・シンガーを務めた後にソロとなり、セッション・シンガーとして様々なアルバムに参加した。ソロ・アルバムを76年と2000年にリリースしており、76年のソロ1作目が本作である。

「Skylark」というカナダのバンドは、若い頃のDavid Fosterが在籍したことで知られる。72年のファースト・アルバム『Skylark』からは、「Wildflower」というヒット曲(Billboard Hot 100チャートの9位を記録)も生まれた。ジョー山中が歌う「人間の証明」のような趣きのある、哀愁のバラードだ。

さて、本作『Donny Gerrard』のプロデュースは、Henry MarxとRobbie Buchananが担当した。Henry Marxは本作の発売元レーベル(Greedy Records)のエグゼクティヴであり、アルバム・デビュー前のBobby Caldwellのマネジメントも手掛けた人物。一方のRobbie Buchananは、後にMaxusを結成するキーボード奏者で、本作ではアレンジも担当した。Robbieにとって、初めてアレンジを手掛けた作品が本作らしい。

収録曲は、カヴァー曲と書き下ろしが半々ぐらいの割合で構成されている。
カヴァー曲では、The Beatlesの「The Long And Winding Road」やCurtis Mayfieldの「You Must Believe Me」、Van McCoyの「Stay Awhile With Me」などを歌っている。「Words」は、Margie Josephが75年のアルバム『Margie』で歌った曲だが、原曲はイタリアの73年の流行歌らしい。

書き下ろしには、Henry Marxの「Stand Up」や「Greedy For Your Love」、Bobby Caldwellの書いた「Peace For Us All」などがある。「Peace For Us All」はディスコ調の軽快なナンバーで、Bobbyの名曲「風のシルエット」のようなロマンティックな曲を期待すると、当てが外れる。

あまり目立たないが、ほぼ全曲でギターを弾いているのはJay Graydon。リズム・セクションも、Wilton Felder(b), Mike Baird/Ed Greene(ds)という実力派が担当している。

本作のベスト・トラックは、1曲目の「He's Always Somewhere Around」だろう。軽快なグルーヴと美しいストリングス、そしてDonnyの優しい歌声が最高に心地よい1曲だ。

●収録曲
1. He's Always Somewhere Around - 3:14
2. Stay Awhile With Me - 4:28
3. Words (Are Impossible) - 3:09
4. Stand Up (And Show Your Love) - 3:13
5. The Long And Winding Road - 3:13
6. Greedy For Your Love - 3:18
7. Peace For Us All - 2:45
8. You Must Believe Me - 3:15
9. As Far As We Can Go - 3:55


◆プロデュース: Henry Marx, Robbie Buchanan(ar, k)

◆参加ミュージシャン: Jay Graydon(g), Wilton Felder(b), Mike Baird/Ed Greene(ds), Kathy Collier/Venetta Fields/Carmen Twille(bv), Steve Madaio(horn)

▶こちらもお薦め

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサード リンク



2017/04/20 16:52 Soul / R&B(70年代) TB(0) CM(0)
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサード リンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
Rock名盤(1977年) - Phoebe Snow / Never Letting Go (薔薇の香り) 2017/07/21
Rock名盤(1980年) - Billy Joel / Glass Houses (グラス・ハウス) 2017/07/19
Soul/R&B名盤(1976年) - The Sons of Champlin / A Circle Filled With Love 2017/07/14
Soul/R&B名盤(1985年) - Sade / Promise 2017/07/12
Rock名盤(1978年) - Billy Joel / 52nd Street (ニューヨーク52番街) 2017/07/10
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
アクセスカウンター