音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサード リンク

UFOの5CDのBOXセット『The Chrysalis Years (1973-1979)』の紹介です。
UFO / The Chrysalis Years (1973-1979)
UFOはロック・ギタリストのMichael Schenkerを輩出したドイツのハード・ロック・バンド。このBOXセットは、Michael Schenker在籍時のUFOのオリジナル・アルバム6作品に加え、多数のボーナス・トラックを5枚のCDに収録しています。

各アルバムはデジタル・リマスタリングされており、英語のブックレットも充実。Amazonでの価格は2,500円前後(*)と、コスパに優れています。(*)執筆時点の価格

BOXセットと言っても、幅23mmのプラスティック・ケースに5枚のCDを収納しており、とてもコンパクト。

Michael Schenker在籍時のUFOのアルバムをデジタル・リマスターで揃えたい人にお薦め。Schenkerのセクシーなギター・プレイを堪能できます。

同じシリーズに、Michael Schenker脱退後のUFOのアルバムを収録した『Vol. 2-Chrysalis Years (1980-86)』もあります。Schenkerの後任のPaul ChampmanやAtomic Tommy Mもギターの名手。Schenker時代のUFOしか知らない人やロック・ギタリストが好きな人にお薦めです。

●CDセットの内容
1.『Phenomenon』(74年)
2.『Force It』(75年)
3.『No Heavy Petting』(76年)
4.『Lights Out』(77年)
5.『Obsession』(78年)
6.『Strangers In The Night』(79年)

<ボーナス・トラック>
・『Bob Harris Session』(74年10月, 3曲)
・『Electric Ballroom, Atranta, Ga』(74年11月, 8曲)
・『John Peel Session』(77年, 3曲)
・シングル7曲


▶こちらもお薦め

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサード リンク



関連記事
2013/10/27 11:22 BOXセット(Hard Rock) TB(0) CM(0)
Rushの5CD + 1DVD-AudioのBOXセット『Sector 2』の紹介です。
Rush / Sector 2
『Sector』は、2011年に発売されたRushのBOXセット。年代順にデジタル・リマスター盤5作品ずつを収めた『Sector 1/2/3』という3つのセットがあり、各セットには5.1サラウンド・サウンドのDVD-Audioが1枚ずつ付属していて、聴き比べることができます。

『Sector 2』は、『Permanent Waves』『Moving Pictures』など、70年代後半から80年代前半にかけてのセールス的に最も成功した時期の5作品を収録。『A Farewell To Kings』については、5.1サラウンド・サウンドのDVD-Audioミックスが付属します。まだCDとの聴き比べはしていません。

各アルバムは紙ジャケット仕様となっており、『A Farewell To Kings』『Hemispheres』『Exit...Stage Left』の3作品は見開きのジャケット。日本製の紙ジャケットのような丁寧な作りではありませんが、十分な品質と思います。ちなみに、私の購入したBOXセットの『Exit...Stage Left』では、見開きのジャケットを無理に閉じたらしく、ジャケットに軽い折れじわが付いており、少々残念でした。

詳細な英語解説の付いた豪華なブックレットも付属しており、満足度の高いセット内容です。Rushの精巧な作品群をリマスタリング・サウンドで賞味できる、お薦めBOXセットです。

●BOXセットの内容
<CD> (24bitデジタル・リマスター)
1.『A Farewell To Kings』(77年, 米33位)
2.『Hemispheres』(78年, 米47位)
3.『Permanent Waves』(80年, 米4位)
4.『Moving Pictures』(81年, 米3位)
5.『Exit...Stage Left』(81年, 米10位)

<DVD-Audio> (5.1サラウンド・サウンド)
6.『DVD-Audio mix of A Farewell To Kings』

+ 豪華ブックレット


▶こちらもお薦め

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサード リンク



関連記事
Rushの7CDのBOXセット『Studio Albums 1989-2007』の紹介です。
Rush / Studio Albums 1989-2007
Rushは来年(2014年)にデビュー40周年を迎えるカナダの長寿バンド。ギター、ベース、ドラムスのトリオ編成でありながら、トリオとは思えないほど重厚でパワフルな演奏をする驚異的な技量を備えたバンドです。特に、ドラムスのNeil Peartの技術には定評があります。

このCD BOXセットは、Rushがアトランティック・レコードに残した7枚のアルバムを収録。2013年10月に発売されました。

2002年のアルバム『Vapor Trails』はリミックス・バージョンになっています。全曲の英語歌詞を掲載した39ページのブックレットも付属し、Amazonでの価格は約3,500円(*)。優れたコスト・パフォーマンスです。(*)執筆時点の価格

私の好きなアルバムは93年の『Counterparts』。メロディアス・ロックの名盤で、Billboard 200チャートでは2位となるヒットを記録しています。これはRushのアルバムの中では最高位です。

Rushの作品数は多く、2011年には『Sector 1/2/3』という3種類のBOXセットも発売されています。今回発売された『Studio Albums 1989-2007』は、既に発売されているBOXセットと収録アルバムの重複がない点も嬉しいです。

●BOXセットの内容
1.『Presto』(89年, 米16位)
2.『Roll The Bones』(91年, 米3位)
3.『Counterparts』(93年, 米2位)
4.『Test For Echo』(96年, 米5位)
5.『Vapor Trails (Remixed)』(2002年, 米6位)
6.『Feedback』(2004年, 米19位)
7.『Snakes & Arrows』(2007年, 米3位)


▶こちらもお薦め

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサード リンク



関連記事
Joe Farrellの1978年のアルバム『Night Dancing』。
Joe Farrell / Night Dancing (1978年)
Joe Farrell はアメリカのジャズ・サックス/フルート奏者。Chick Corea率いるReturn To Foreverのオリジナル・メンバーでもあります。

本作はReturn To Foreverの1977年の解散の翌年にリリースされたソロ・アルバム。華やかなジャケットや "Dancing" というフレーズの入ったタイトルが象徴するように、メロウかつファンキーな快作です。

9月25日にワーナーミュージック・ジャパンから発売された「Jazz Bestコレクション 1000 第9弾」(50タイトル)の一枚。日本初CD化ということで、購入しました。

Bee Geesの「How Deep Is Your Love / 愛はきらめきの中に」、Stevie Wonderの「Another Star」、Rod Stewartの「You're in My Heart (The Final Acclaim) / 胸につのる想い」をカヴァーしており、ポップな演奏を楽しめます。Jay Graydon(g)、Lee Litenour(g)、Herbie Hancock(p)、Harvey Mason(ds)等、参加ミュージシャンも豪華。

このシリーズは、24ビット・デジタル・リマスタリングで価格が1,000円という嬉しい企画。完全生産限定盤ということなので、お早目にどうぞ。

●収録曲
1. Katherine
2. Silverlace
3. How Deep Is Your Love / 愛はきらめきの中に
4. Come Rain or Come Shine / 降っても晴れても
5. Another Star
6. Casa de Los Sospensos / サスペンスの城
7. Night Dancing / ナイト・ダンシング
8. You're in My Heart (The Final Acclaim) / 胸につのる想い


ちなみに、同じシリーズから、Joachim Kühn(ヨアヒム・キューン)の76年のアルバム『Spring Fever』も購入しました。こちらも日本初CD化です。

Joachim Kühnはドイツ出身のピアニスト。『Spring Fever』はJazz Rockの快作です。Joachim Kühnのクールなキーボードも良いですが、Philip Catherineのギターが個人的にはツボでした。

●収録曲
1. Lady Amber
2. Sunshine
3. Two Whips
4. Spring Fever
5. Morning
6. Mushroom
7. Equal Evil
8. California Woman


最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサード リンク



関連記事
2013/10/06 19:17 Jazz / Fusion TB(0) CM(0)
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサード リンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
Soul/R&B名盤(1985年) - Dionne Warwick / Friends 2017/08/16
Rock名盤(1977年) - Dave Mason / Let It Flow (流れるままに) 2017/08/14
Rock名盤(1977年) - The Sons Of Champlin / Loving Is Why 2017/08/12
AOR名盤(1977年) - Kenny Loggins / Celebrate Me Home (未来への誓い) 2017/08/10
AOR名盤(1988年) - Boz Scaggs / Other Roads 2017/08/08
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
アクセスカウンター