音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサード リンク

Deep Purpleの10CDのBOXセット『The Complete Album 1970-1976』の紹介です。
Deep Purple / The Complete Album 1970-1976
このBOXセットは、Deep Purpleの1969年のアルバム『Concerto for Group and Orchestra / ロイヤル・フィルハーモニック・オーケストラ』から76年のライヴ・アルバム『Made in Europe』までの10枚のオリジナル・アルバムを収めた10CDのセットです。

日本的(?)にいうと、Ian Gillan(vo)とRoger Glover(b)が加入した第2期から、ギタリストがTommy Bolinに代わった第4期までの作品です。丁寧なリイシューで知られるRhinoレーベルから2013年9月に発売されました。

Amazonでの価格は4,624円(*)。オリジナルのLPを模した紙ジャケットにCDのみを収めており、解説等は付属しません。また、 ボーナス・トラックはなく、デジタル・リマスタリングされているのか否かも分かりませんが、個人的には納得のコスト・パフォーマンスです。(*)執筆時点の価格

以前はBOXセットというと高価なものでしたが、ここ数年、1枚あたり500円未満という低価格で様々なアーティストのBOXセットが発売されています。中には、デジタル・リマスタリングされていたり、ボーナス・トラックがあったり、豪華なブックレットが付いていたりして、お得感の高いセットもあります。

メジャーなアルバムならばCDを既に持っていることが多いと思いますが、BOXセットを購入する楽しみの一つは、内容が優れているのに知られていない "隠れ名盤" に出会える可能性があること。

私はこのセットに収録されているCDの6枚を既に持っていたので、購入するかどうか悩みましたが、結局買ってしまいました。結果的には大満足しています。コレクター気質なんですかねぇ…

●BOXセットの内容
1.『Concerto for Group and Orchestra / ロイヤル・フィルハーモニック・オーケストラ』(69年)
2.『Deep Purple in Rock』(70年)
3.『Fireball』(71年)
4.『Machine Head』(72年)
5.『Made in Japan / ライヴ・イン・ジャパン』(72年)
6.『Who Do We Think We Are / 紫の肖像』(73年)
7.『Burn / 紫の炎』(74年)
8.『Stormbringer / 嵐の使者』(74年)
9.『Come Taste the Band』(75年)
10.『Made in Europe』(76年)


▶こちらもお薦め

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサード リンク



関連記事
2013/11/24 22:26 BOXセット(Hard Rock) TB(0) CM(0)
尾崎亜美の1981年のアルバム『Air Kiss』。
尾崎亜美 / Air Kiss (1981年)
「尾崎亜美 ポニーキャニオン・イヤーズ/1980年代オリジナルアルバム再発第1弾」と題し、2013年10月に本作のCDが再発されました。紙ジャケット仕様、最新リマスターHQCD、ボーナストラック付き、金澤寿和氏によるライナーノーツ、税込2,000円という素晴らしい内容での再発です。

同年リリースの前作『Hot Baby』と共に、和製AORの名盤と言えるアルバムです。前作『Hot Baby』と同じく、本作のCDも長らく入手困難になっていました。

前作に続いて、David Fosterが本作のプロデュースを担当。前作はTOTO、Airplay一派の参加したLA録音でしたが、本作はMichael Landau(g)、Michael Baird(ds)、David Foster(k, b)を日本に招いて、国内で録音されています。楽曲のレベルの高さは言うまでもありませんが、Michael Landau、Michael Bairdの熱い演奏が素晴らしい。

ボーナス・トラックには、「Sweet Christmas Song (シングル・カップリング)」「Deep (シングル・バージョン)」「海(女)~空(男)へ (シングル・カップリング)」の3曲を収録。「Deep」のシングル・バージョンは、ロック調のアルバム・バージョンとは違う幻想的なアレンジになっており、好みの分かれるところです。私はロック調のアルバム・バージョンの方が好み。

前作と併せて、AORファン必聴のアルバムです。

●収録曲
1. Deep
2. グラスのルージュ
3. Foggy Night
4. 銀幕の恋人
5. 純情
6. Flash Back
7. ハートの色は海の色
8. Just Once Again
9. Sweet Christmas Song (シングル・カップリング)
10. Deep (シングル・バージョン)
11. 海(女)~空(男)へ (シングル・カップリング)


最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサード リンク



関連記事
2013/11/17 18:38 邦楽 TB(0) CM(0)
尾崎亜美の1981年のアルバム『Hot Baby』。
尾崎亜美 / Hot Baby (1981年)
2013年10月に、「尾崎亜美ポニーキャニオン・イヤーズ/1980年代オリジナルアルバム再発第1弾」と題し、これまで入手困難だった作品群が、紙ジャケット仕様、最新リマスターHQCD、ボーナス・トラック付き、税込2,000円という内容で再発されました。ライナー・ノーツは金澤寿和氏が担当しており、AORファンを意識した再発となっています。

第一弾5作品には、David Fosterがプロデュースを担当した『Hot Baby』と『Air Kiss』が含まれています。

『Hot Baby』はLA録音。参加ミュージシャンはDavid Foster(k)、Jeff Porcaro(ds)、Steve Lukather/Jay Graydon(g)、Neil Stubenhaus(b)、Tom Scott(sax)の他、Tom Keane、Nick DeCaroと、まるで1981年の洋楽のアルバムのよう。当時勢いのあったTOTO、Airplay一派によるノリの良いAORサウンドを楽しめます。

特にドライヴ感溢れるJeff Porcaroのドラムスは素晴らしく、Jeffが全曲に参加したTOTO以外のアルバムとして貴重です。

ボーナス・トラックには、渡米前に国内で録音した「蒼夜曲/セレナーデ (シングル・バージョン)」と「My Shiny Town」を収録しています。個人的には、Jeff Porcaroがドラムスを叩いたアルバム・バージョンの「蒼夜曲/セレナーデ」が好み。

AORファン、TOTOファン、Jeff Porcaroフリークには大注目のアルバムの再発です。

●収録曲
1. Love Is Easy
2. 身体に残るワイン
3. キャッツ アイ
4. 限りない憎しみの果てに ~花が咲いたよ~
5. Angela
6. Prism Train
7. Wanderer In Love
8. 蒼夜曲~セレナーデ
9. 蒼夜曲~セレナーデ (シングル・バージョン、ボーナス・トラック)
10. My Shiny Town (シングル・カップリング、ボーナス・トラック)


最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサード リンク



関連記事
2013/11/15 15:54 邦楽 TB(0) CM(0)
Rushの5CD + 1DVD AudioのBOXセット『Sector 1』の紹介です。
Rush / Sector 1
『Sector 1』は、2011年に発売されたRushのボックス・セット『Sector』シリーズの第1弾で、他に『Sector 2』と『Sector 3』があります。各セットには、年代順にRushのアルバムを5作品ずつ収めています。

2013年10月には、『Sector』シリーズ以降の作品を収めた7CDのBOXセット『Studio Albums 1989-2007』も発売されました。

各アルバムは紙ジャケット仕様となっており、『Fly By Night』『Caress Of Steel』『2112』は見開きのジャケット。ジャケットの内側には歌詞が印字されています。また、『All The World's Stage』は三つ折りの紙ジャケットです。

難があるとすれば、見開きジャケットの折りたたみ方がやや雑に感じられること(無理に折り曲げたようなものがある)。日本製の精巧な作りの紙ジャケットに慣れていると少々残念ですが、値段と内容の良さを考えれば問題になりません。

Rushというと、統制の効いた精緻なロック・サウンドという印象がありますが、『Sector 1』に収録されている初期の作品は荒削りでライヴ感溢れるロック。初期のRushを未聴の方にお薦めのBOXセットです。

●BOXセットの内容
<CD> (24bitデジタル・リマスター)
1.『Rush』(74年)
2.『Fly By Night』(75年)
3.『Caress Of Steel』(75年)
4.『2112』(76年)
5.『All The World's Stage』(76年)

<DVD Audio> (5.1サラウンド・サウンド)
6.『Fly By Night』(75年)

+ 豪華ブックレット


▶こちらもお薦め

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサード リンク



関連記事
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサード リンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
AOR名盤(1983年) - Peter Allen / Not The Boy Next Door 2017/08/22
Rock名盤(1980年) - Paul Simon / One Trick Pony 2017/08/20
Soul/R&B名盤(1985年) - Dionne Warwick / Friends 2017/08/16
Rock名盤(1977年) - Dave Mason / Let It Flow (流れるままに) 2017/08/14
Rock名盤(1977年) - The Sons Of Champlin / Loving Is Why 2017/08/12
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
アクセスカウンター