音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサード リンク

ジャズ・ピアニストの大御所Herbie HancockのCD BOXセット『Complete Columbia Collection』の紹介です。

Herbie Hancockがコロムビア・レコードに残した全作品を収めた究極のBOXセットです。
2013年11月にSony Legacyから発売されました。

新たにリマスタリングされた31作品(34CD)と、約200ページにも及ぶ分厚いブックレットを収納し、Amazonでの価格は約14,000円。

一見高価に思えますが、CD1枚あたりに換算すると約400円という、素晴らしいコスト・パフォーマンスです。

各CDは紙ジャケットに収納されており、Sony Legacyの他のBOXセットと同様、背表紙のある丁寧な作りです。

BOXセットに収録されたアルバムは以下の通り。

太字のアルバムは日本のみで発売されていたものです。
また、(*)を付けた9作品は見開きの紙ジャケットになっている点も嬉しいです。

Sony LegacyのBOXセットは低価格ながら丁寧な作りで、外れがありません。
重宝しています。

●BOXセットの内容
1. Sextant (1972) / 2. Head Hunters (1973) / 3. Dedication (1974) / 4. Thrust (1974) / 5. Death Wish / Original Soundtrack (1974) / 6. Flood (1975)(*) / 7. Man-Child (1975) / 8. Secrets (1976) / 9, 10. V.S.O.P. (1976)(*) / 11. The Herbie Hancock Trio (1977) / 12. V.S.O.P.: The Quintet (1977)(*) / 13. V.S.O.P. The Quintet: Tempest In The Colosseum (1977)(*) / 14, 15. An Evening With Herbie Hancock & Chick Corea In Concert (1978)(*) / 16. Sunlight (1978) / 17. Feets Don't Fail Me Now (1979) / 18. Direct Step (1978)(*) / 19. The Piano (1979)(*) / 20, 21. V.S.O.P. The Quintet: Live Under the Sky (1979)(*) / 22. V.S.O.P. The Quintet: Five Stars (1979)(*) / 23. Kimiko Kasai With Herbie Hancock: Butterfly (1979) / 24. Monster (1980) / 25. Mr. Hands (1980) / 26. Magic Windows (1981) / 27. Herbie Hancock Trio With Ron Carter + Tony Williams (1981) / 28. Quartet (1982) / 29. Lite Me Up (1982) / 30. Future Shock (1983) / 31. Sound-System (1984) / 32. Herbie Hancock And Foday Musa Suso: Village Life (1985) / 33. Round Midnight / Original Soundtrack (1986) / 34. Perfect Machine (1988)


▶こちらもお薦め

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサード リンク



関連記事
2014/07/27 19:18 BOXセット(Jazz / Fusion) TB(0) CM(0)
Vertu'の1999年作『Vertu'』の紹介です。

Vertu'は、Fusion界の名グループ「Return To Forever」の強力なリズム隊を務めたStanley Clarke(b)とLenny White(ds)が、Richie Kotzen(g)、Karen Briggs(violin)、Rachel Z(k)と結成したスーパー・グループ。

本作は、その唯一のアルバム。

Richie Kotzenは、卓越したテクニックと幅広い音楽性を持つギターの名手。
Mr. BigやPoisonというハードロック・バンドでの活躍が知られていますが、自身のリーダー作も数多く出しています。

Return To ForeverにもAl Di Meolaという、速弾きで有名な個性派ギタリストが在籍しましたが、その代役という印象を感じさせない、ブルージーで華麗なギターです。

また、Karen Briggs(violin)とRachel Z(k)が加わることで、Jazz Rock界の名グループ「Mahavishnu Orchestra」と同じ楽器編成になっており、Mahavishnu Orchestraファンも楽しめます。

サウンドは、テクニカルでハードなFusion。
Richie Kotzenのブルージーなヴォーカルも、味があります。

Return To Foreverの名作『浪漫の騎士』や、Richie Kotzenのリーダー作が好きな方にお薦めです。

●収録曲
1. V-Wave
2. レイン
3. アノック
4. ザ・コール
5. トパシオ Part-1
6. トパシオ Part-2
7. ダンス・オブ・ザ・ハーレークイン
8. スタート・イット・アゲイン
9. マラケッシュ
10. トイズ


最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサード リンク



関連記事
2014/07/20 18:06 Jazz / Fusion TB(0) CM(0)
Larry Carltonの1981年作『Sleepwalk / 夢飛行』の紹介です。

Larry Carltonのエレキ・ギターの音色がとても温かく、穏やかな気持ちになるアルバムです。
この季節の夕暮れ時などに聴くと、ぴったりではないでしょうか。

8曲のうち5曲でJeff Porcaroがドラムスを担当。
AORファン、TOTOファンにもお薦めです。

ワーナーミュージック・ジャパンの『Fusion Best Collection 1000』シリーズの第2弾として、
■24ビット・デジタル・リマスタリング
■新ミニ解説付
■完全限定盤
■特別価格1000円+(税)
という内容で7月23日に再発されます。

●収録曲
1. Last Nite
2. Blues Bird
3. Song for Katie
4. Frenchman's Flat
5. Sleepwalk
6. Upper Kern
7. 10:00 P.M.
8. You Gotta Get It While You Can


同じギタリストで、この時期にお薦めなのが、以前にこのブログで紹介した、Earl Klugh(アール・クルー)の1980年作『Late Night Guitar』。

こちらはアコースティック・ギターですが、温かく穏やかな風を感じる、極上のサウンド。
癒されること請け合いです。

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサード リンク



関連記事
2014/07/06 19:40 Jazz / Fusion TB(0) CM(0)
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサード リンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
AOR名盤(1983年) - Peter Allen / Not The Boy Next Door 2017/08/22
Rock名盤(1980年) - Paul Simon / One Trick Pony 2017/08/20
Soul/R&B名盤(1985年) - Dionne Warwick / Friends 2017/08/16
Rock名盤(1977年) - Dave Mason / Let It Flow (流れるままに) 2017/08/14
Rock名盤(1977年) - The Sons Of Champlin / Loving Is Why 2017/08/12
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
アクセスカウンター