音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサード リンク

キーボード奏者Ricky Petersonの初リーダー作『Night Watch』(1990年作)の紹介です。

AORの名盤を数多く手掛けた名プロデューサーであるTommy LiPumaとBen Sidranがプロデュースを担当しています。

今年の6月にワーナーミュージック・ジャパンの『Fusion Best Collection 1000』シリーズの1枚として、
■24ビット・デジタル・リマスタリング
■新ミニ解説付
■完全限定盤
■特別価格1000円+(税)
という内容で再発されました。

ジャンルはFusionですが、「Livin' It Up」、「Look Who's Lonely Now」、「Take My Heart Away」の3曲では、Ricky Peterson本人の美しいヴォーカルを聴くことができます。

「Livin' It Up」、「Look Who's Lonely Now」は、Bill LaBounty作の名曲。
AORの名盤として知られているBill LaBountyの1982年作『Bill LaBounty』でオリジナルを聴くことができます。

「Take My Heart Away」も、AORの名グルーブであるPagesの1979年作『Future Street』に収録されている美しいバラードです。

●収録曲
1. One Never Knows
2. Night Watch
3. Livin' It Up
4. High Rise Drifter
5. Look Who's Lonely Now
6. Take a Chance
7. Put Your Faith in Me
8. He Crazed Weasel
9. Take My Heart Away


◆プロデュース: Tommy LiPuma, Ben Sidran

◆参加ミュージシャン: Ricky Peterson(key, vo), Kenny Garrett(sax), Brandon Fields(sax), Larry Williams(sax), Bob Malach(sax), Paul Peterson(g), Jimmy Behringer(g), Levi Seacer(g), Robben Ford(g), John Patitucci(b), Vinny Colaiuta(ds), Jerry Hey(tp), Gary Grant(tp), etc.

AORの隠れた名盤として、全てのAORファンにお薦めのアルバムです。

▶こちらもお薦め

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサード リンク



関連記事
2014/08/24 13:00 AOR名盤(1984~1990年) TB(0) CM(0)
今年6月に、Led Zeppelinの初期3作の最新リマスタリングが発売され、話題になりました。
第2弾として、今度は『』、『House Of The Holy / 聖なる館』が10月に発売されます。

Jimmy Page監修であり、1CDのStandard Edition、2CDのDeluxe Edition、完全初回生産限定のBOXセットであるSuper Deluxe Editionという3種類のパッケージがある点は、初期3作と同様です。

Deluxe EditionとSuper Deluxe Editionには未発表音源が収録されており、注目です。
Super Deluxe Editionは、CDと同じ内容を2枚のLPにも収録したBOXセットとなっており、Amazonでは国内パッケージが21,600円、輸入パッケージが約14,700円(執筆時点)です。

』は1971年の歴史的名盤。
「Black Dog」、「Rock 'n' Roll」、「Stairway To Heaven / 天国への階段」という有名な3曲をはじめ、どの曲もレベルが高く、Led Zeppelinの実力を世に知らしめたアルバムです。

アナログ盤のジャケットにはタイトルもクレジットもなく、"名前のない、音楽だけがある" アルバム。
英1位、米2位を記録し、米国だけでも2,300万枚超のセールスを記録しています。

●Standard Edition (1CD)
 最新デジタル・リマスターによるオリジナル音源 (紙ジャケット仕様)

●収録曲
1. Black Dog
2. Rock 'n' Roll
3. Battle Of Evermore / 限りなき戦い
4. Stairway To Heaven / 天国への階段
5. Misty Mountain Hop
6. Four Sticks
7. Going To California
8. When The Levee Breaks


●Deluxe Edition (2CD)
 CD1: 最新デジタル・リマスターによるオリジナル音源 (紙ジャケット仕様)
 CD2: 別ミックスなどを収録したボーナス・ディスク (すべて未発表音源)

●収録曲
<ディスク:1>
Standard EditionのCDと同内容

<ディスク:2>
1. Black Dog (オーバー・ダブ・ギター)
2. Rock 'n' Roll (オルタナティブMIX)
3. Battle Of Evermore / 限りなき戦い (MIX from ヘッドリィ・グランジ)
4. Stairway To Heaven / 天国への階段 (サンセット・サウンドMIX)
5. Misty Mountain Hop (オルタナティブMIX)
6. Four Sticks (オルタナティブMIX)
7. Going To California (マンドリン・ギターMIX)
8. When The Levee Breaks (オルタナティブ・UK MIX)


●Super Deluxe Edition (完全初回生産限定 豪華BOX仕様)
 2CD+2LP+DLカード+特典ジャケット+豪華ブックレット

●パッケージの内容
・CD1: 最新デジタル・リマスターによるオリジナル音源 (紙ジャケ仕様)
・CD2: 別ミックスなどを収録したボーナス・ディスク (未発表音源)
・LP1: CD1と同内容 (180g重量盤LP/初期ジャケット再現)
・LP2: CD2と同内容 (180g重量盤LP)
・DLカード: HD音源のDLカード (96kHz/24bit)
・高品質プリント・ジャケット (LPサイズ・シリアルNo.入り)
・未発表の貴重な写真とメモラビリアを含む特別ブックレット


1973年の第5作『House Of The Holy / 聖なる館』のリマスタリング・パッケージも同時に発売され、注目です。

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサード リンク



関連記事
2014/08/03 19:41 Led Zeppelin TB(0) CM(0)
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサード リンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
Soul/R&B名盤(1985年) - Dionne Warwick / Friends 2017/08/16
Rock名盤(1977年) - Dave Mason / Let It Flow (流れるままに) 2017/08/14
Rock名盤(1977年) - The Sons Of Champlin / Loving Is Why 2017/08/12
AOR名盤(1977年) - Kenny Loggins / Celebrate Me Home (未来への誓い) 2017/08/10
AOR名盤(1988年) - Boz Scaggs / Other Roads 2017/08/08
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
アクセスカウンター