音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサード リンク

Soft Machineの1974年のライヴをCD+DVDで収録した『Switzerland 1974』の紹介です。
今年の2月3日に発売されました。

スイスのMontreux Jazz Festivalでのライヴとの事。

Allan Holdsworthが参加した1975年の名盤『Bundles』の前年にあたり、『Bandles』のメンバーによるライヴ演奏です。

《メンバー》
 ・Mike Ratledge(k)
 ・Karl Jenkins(oboe, sax, k)
 ・Allan Holdsworth(g)
 ・Roy Babbington(b)
 ・John Marshall(ds)

www.amazon.co.jpでは約4,000円と少々高いので、「新品の出品」というリンクから海外取り寄せすることにしました。
(送料込みで2,790円)

Allan Holdsworth在籍時のSoft Machineのライヴ映像が見られるということで、とても楽しみです。

『Bandles』リリース前後のSoft Machineのライヴ・アルバムとしては、1975年のライヴを収録した『British Tour 75』もあります。

このライヴでは、Allan Holdsworthは既に脱退しており、後任のJohn Etheridgeがギターを弾いています。
特に「Hazard Profile」での正確かつ超速なソロには驚嘆します。

●収録曲
1. Hazard Profile
2. The Floating World
3. Ealing Comedy
4. Bundles
5. Land Of the Bag Snake
6. Joint
7. The Man Who Waved At Trains
8. Peff
9. The Man Who Waved At Trains (reprise)
10. LBO
11. Riff II
12. Lefty
13. Penny Hitch


最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサード リンク



関連記事
2015/02/28 18:52 Jazz Rock TB(0) CM(0)
Joe Jacksonの1984年作『Body And Soul』の紹介です。

アルバムのハイライトは「You Can't Get What You Want (Till You Know What You Want)」。

シャープな演奏とキャッチーなメロディに乗せて、"何が欲しいか分かるまで、欲しいものは手に入らない" という鋭いメッセージを放つ。
この曲が好きで、当時、何度も繰り返して聴きました。

他にも、切なさが漂うバラード「Not Here, Not Now」や、Elaine Caswellとデュエットしたキャッチーなナンバー「Happy Ending」、ピアノの弾き語りをメインにしっとりと歌い上げる「Be My Number Two」など、聴きどころの多いアルバム。

オープニングの堂々とした「The Verdict」は、当時、車のTV CMで使われました。

1984年生まれの洋楽は、80年代洋楽の頂点だと思っていますが、そのことを象徴するアルバムの一つです。

●収録曲
1. The Verdict
2. Cha Cha Loco
3. Not Here, Not Now
4. You Can't Get What You Want (Till You Know What You Want)
5. Go For It
6. Loisaida
7. Happy Ending [feat. Elaine Caswell]
8. Be My Number Two
9. Heart Of Ice


全体的にジャズっぽいフレイバーを持つこのアルバムのジャケット・デザインは、ジャズ・サックス奏者の巨星Sonny Rollinsの『Sonny Rollins Vol II』のアルバム・カヴァーを再現したものです。

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサード リンク



関連記事
2015/02/14 14:58 Rock / Pops名盤(80年代) TB(0) CM(0)
Ned Dohenyの1973年のデビュー作『Ned Doheny First』の紹介です。

Ned Dohenyは1970年代のウェスト・コーストを代表する男性シンガー・ソング・ライター。

1976年のセカンド・アルバム『Hard Candy』は、AOR屈指の名盤として有名。
続く1979年のサード・アルバム『プローン』もAORの名作です。

その後、『ライフ・アフター・ロマンス』(1988年作)、『ラヴ・ライク・アワーズ』(1991年作)と、数は少ないですが、クオリティの高いアルバムを出しています。

Ned Dohenyのヴォーカルは、ドライな質感でありながら、どこかキュートなところが魅力。
サウンドは基本的にはアコースティックですが、グルーヴがあります。
甘すぎないメロディも心地良い。

本作は、デビュー作ながらNed Dohenyの魅力が凝縮されたアルバム。
曲のクオリティが高く、捨て曲がありません。

ワーナーミュージック・ジャパンの「新・名盤探険隊シリーズ」にて、2013年デジタル・リマスタリングのものが発売されており、お薦めです。

収録曲
1. Fineline
2. I Know Sorrow
3. Trust Me
4. On And On
5. Lashambeaux
6. I Can Dream
7. Postcards From Hollywood
8. Take Me Faraway
9. It Calls For You
10. Standfast


最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサード リンク



2015/02/07 16:34 AOR名盤(~1973年) TB(0) CM(0)
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサード リンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
Soul/R&B名盤(1985年) - Dionne Warwick / Friends 2017/08/16
Rock名盤(1977年) - Dave Mason / Let It Flow (流れるままに) 2017/08/14
Rock名盤(1977年) - The Sons Of Champlin / Loving Is Why 2017/08/12
AOR名盤(1977年) - Kenny Loggins / Celebrate Me Home (未来への誓い) 2017/08/10
AOR名盤(1988年) - Boz Scaggs / Other Roads 2017/08/08
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
アクセスカウンター