音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサード リンク

昨日に続き、Chris Reaの作品の紹介です。
今日は、1985年作『Shamrock Diaries』。
直訳すると "シロツメグサの日記" ですが、邦題は『クローバー』。

曲の良さは、『On The Beach』以上です。

このアルバムは苦く、優しく、力強い。
『On The Beach』に感じられる "ゆとりのようなもの" はあまりありません。

「Josephine」、「All Summer Long」、「Love Turns To Lies」のようなビターな曲の合間に、「One Golden Rule」、「Shamrock Diaries」のような優しく、包容力のある曲を聴くと、魅了されます。

そして、冒頭の「Steel River」と、エンディングの「Hired Gun」の力強さ。

きっと女性にもてるのでしょうね。

1988年のベスト盤には、このアルバムから4曲が選ばれています。
Chris Reaの最高傑作ではないでしょうか。

シロツメグサはアイルランドを象徴する花とのこと。
Chris Reaにはアイリッシュ系の血が流れているそうで、そういった意味でも興味深いアルバムです。

●収録曲
1. Steel River
2. Stainsby Girls
3. Chisel Hill
4. Josephine
5. One Golden Rule
6. All Summer Long
7. Stone
8. Shamrock Diaries
9. Love Turns To Lies
10. Hired Gun


最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサード リンク



関連記事
2015/05/24 19:07 Rock / Pops名盤(80年代) TB(0) CM(0)
Chris Reaの1986年作『On The Beach』の紹介です。

Chris Reaはイギリス出身のシンガー・ソング・ライター。
独特のハスキー・ヴォイスを持ち味に、ダンディズム溢れる作品をリリースしています。

Chris Reaの作品には共通して、男の優しさ、強さ、ゆとり、飾らなさ、夢、あきらめ、、、といったものを感じます。
男性にとっての理想、女性が求める男性像、そういったものを体現しているように思うのです。

日本で一番人気があるのは、この『On The Beach』でしょうか。

タイトル曲「On The Beach」や「Giverney」といった人気曲以外にも、「Light Of Hope」、「Auf Immer Und Ewig」、「Bless Them All」など、ロマンティシズム溢れる渋い曲が満載。
独特の世界観のあるアルバムです。

Chris Reaはまたスライド・ギターの名手でもあり、随所でその音色を聴くことができます。

●収録曲
1. On The Beach
2. Little Blonde Plaits
3. Giverny
4. Lucky Day
5. Just Passing Through
6. It's All Gone
7. Hello Friend
8. Two Roads
9. Light Of Hope
10. Auf Immer Und Ewig
11. Bless Them All
12. Freeway
13. Crack That Mould


最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサード リンク



関連記事
2015/05/23 22:08 Rock / Pops名盤(80年代) TB(0) CM(0)
昨日に続き、Bee Geesの名盤、1979年作『Spirits Having Flown』の紹介です。

数多くのヒット曲を持つBee Geesですが、アルバムとして唯一、全米No.1を獲得したのがこの作品です。

このアルバムからは、ディスコ調サウンドの「Tragedy」、極上のメロウ・バラード「Too Much Heaven」、TOTOの「Georgy Porgy」のようなグルーヴが心地良い「Love You Inside Out」の3曲が全米No.1を記録。

続く「Reaching Out」も、まどろむような美しいバラード。

タイトル曲「Spirits (Having Flown)」は、全英で16位のヒットとなっています。

他にも見事なファルセット・ヴォイスを駆使した心地よいテンポの曲が多く、飽きの来ないアルバム。

Bee Geesの長い活動期間の一つの頂点を成す名盤です。

●収録曲
1. Tragedy
2. Too Much Heaven
3. Love You Inside Out
4. Reaching Out
5. Spirits (Having Flown)
6. "Search, Find"
7. Stop (Think Again)
8. Living Together
9. I'm Satisfied
10. Until


最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサード リンク



関連記事
2015/05/17 20:05 Rock / Pops名盤(70年代) TB(0) CM(0)
Bee Geesの1975年作『Main Course』の紹介です。

70年代に入って低迷していたBee Geesが復活するきっかけとなった重要なアルバムです。

このアルバムからは、ディスコ調サウンドの「Jive Talkin'」が全米No.1を獲得します。
しっかりしたビートを刻む「Nights On Broadway」も気持ちの良いナンバーで、全米No.7を記録。
メロウなナンバー「Fanny (Be Tender With My Love)」も全米No.12のヒットとなりました。

他には、Olivia Newton-Johnが1976年のアルバム・タイトルに使い、ヒットさせたカントリー/フォーク・スタイルの「Come On Over」や、1977年にライヴ・ヴァージョンが全米No.26を記録する「Edge Of The Universe」などが聴きどころ。

また、ラストの「Baby As You Turn Away」は極上のバラード。
美しいメロディとBee Geesらしい爽やかなコーラス・ワークを聴くことができます。

Bee Geesはこのアルバムを皮切りに、ヒット曲、ヒット・アルバムを量産し、新たな黄金時代を築きました。

●収録曲
1. Nights On Broadway
2. Jive Talkin'
3. Wind Of Change
4. Songbird
5. Fanny (Be Tender With My Love)
6. All This Making Love
7. Country Lanes
8. Come On Over
9. Edge Of The Universe
10. Baby As You Turn Away


最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサード リンク



関連記事
2015/05/16 20:11 Rock / Pops名盤(70年代) TB(0) CM(0)
ジャズ・ピアニストKeith Jarrettのオリジナル・アルバム5作品を収録したBOXセット、『Original Album Series』の紹介です。
4月28日に発売されました。

Keith Jarrettは1967年のデビューから現在に至るまで、数多くのアルバムを出しています。
このBOXセットは、デビュー作『Life Between the Exit Signs』から1971年作『El Juicio』まで、初期の5作品を収録した珍しい内容。

『Life Between the Exit Signs』(1967年作)と『Somewhere Before』(1968年作)は、Keith Jarrettトリオとしてのアルバム。
メンバーは、Keith Jarrett(p)、Charlie Haden(b)、Paul Motian(ds)です。
Somewhere Before』は、Bob Dylan作「My Back Pages」の不朽の名演を収録した名ライヴ。

『Restoration Ruin』(1968年作)はソロ・アルバムで、内容は優しい旋律に包まれたフォーク・ソング集
全ての楽器を一人で演奏し、歌うという並はずれた才能を発揮したアルバムで、2013年にはワーナーミュージック・ジャパンの人気シリーズ、「新・名盤探険隊」の第4弾として再発されました。

『The Mourning of a Star』(1971年作)は、Keith Jarrett with Charlie Haden and Paul Motian名義のアルバム。

『El Juicio』(1971年作)は、American Quartetとしてのアルバム。
メンバーは、Keith Jarrett(p)、Dewey Redman(sax)、Charlie Haden(b)、Paul Motian(ds)です。

●BOXセットの内容
1. Life Between the Exit Signs (1967年作)
2. Restoration Ruin (1968年作)
3. Somewhere Before (1968年作)
4. The Mourning of a Star (1971年作)
5. El Juicio (1971年作)


『Original Album Series』は、たまに不思議なセット内容で発売されることがありますが、Keith Jarrettのこのセットも珍しい内容ではないかと思います。

▶こちらもお薦め

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサード リンク



関連記事
2015/05/09 17:35 BOXセット(Jazz / Fusion) TB(0) CM(0)
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサード リンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
Soul/R&B名盤(1985年) - Dionne Warwick / Friends 2017/08/16
Rock名盤(1977年) - Dave Mason / Let It Flow (流れるままに) 2017/08/14
Rock名盤(1977年) - The Sons Of Champlin / Loving Is Why 2017/08/12
AOR名盤(1977年) - Kenny Loggins / Celebrate Me Home (未来への誓い) 2017/08/10
AOR名盤(1988年) - Boz Scaggs / Other Roads 2017/08/08
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
アクセスカウンター