音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサード リンク

Donny Hathawayの至宝のライヴ・アルバム『Live』の紹介です。
1972年作です。

日曜夜の音楽番組『オン・ザ・ロック』も、本日最終回。

先日出演したギタリストのCharさんが選んだ一枚のアルバムがこれ。

数多のアルバムを聴いて、最後はこのアルバムに辿り着いた。
死ぬまで愛聴するとのこと。

私にはまだ辿り着かない高みにあるアルバムですが、久々に聴きました。

参加ミュージシャンは、Phil Upchurch(g)、Cornell Dupree(g)、Mike Howard(g)、Willie Weeks(b)、Fred White(ds)、Earl Derouen(conga)。

安定した演奏をバックに、Donny Hathawayが独特の暖かさと神々しさのあるヴォーカルで歌う。

Marvin Gayeの「What's Going On」は雄大に。
Carole Kingの「You've Got A Friend」は優しく。
そして、John Lennonの「Jealous Guy」はピュアで切ない。

懐の深いアルバム。
しばらくは勉強です。

●収録曲
1. What's Going On
2. The Ghetto
3. Hey Girl
4. You've Got A Friend
5. Little Ghetto Boy
6. We're Still Friends
7. Jealous Guy
8. Voices Inside (Everything Is Everything)


最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサード リンク



関連記事
2015/09/27 20:47 Soul / R&B(70年代) TB(0) CM(0)
Diana Rossの1980年作『Diana」の紹介です。

モノトーン・ジャケットのDianaがとてもクール。
自信に満ち溢れています。

プロデュースしたのは、Chicの中心メンバーであるNile Rodgers(g)とBernard Edwards(b)。

「Upside Down」が全米1位、「I'm Coming Out」が全米5位のヒット。
セールス面で低迷していたDiana RossをChicが救いました。

Tony Thompson(ds)とBernard Edwards(b)の生み出す引き締まったビート。
Nile Rogers(g)の切れのあるギターのカッティング。
スマートなサウンドです。

Diana Rossの歌声は瑞々しく、エレガント。

今でも通用する、普遍的な心地良さのあるアルバムです。

●収録曲
1. Upside Down
2. Tenderness
3. Friend To Friend
4. I'm Coming Out
5. Have Fun
6. My Old Piano
7. Now That You're Gone
8. Give Up


最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサード リンク



関連記事
2015/09/26 19:00 Soul / R&B(80年代) TB(0) CM(0)
Paul McCartneyの1983年作『Pipes Of Peace』の紹介。
今だから、という訳ではないですが、タイトルに "Peace" が入っている名盤を。

前作『Tug Of War』では、Stevie Wonderと共作した「Ebony and Ivory」が大ヒット。

このアルバムでは、Michael Jacksonと共作した「Say Say Say」が米国1位を獲得します。
Michael Jacksonとは、メロディがキャッチーな「The Man」も共作。

ちなみに、Michael Jacksonの1982年作『Thriller』でも、ヒット曲「The Girl Is Mine」を共作しました。

「So Bad」は、美しく優しいメロディが感動的なバラード。
Paulのファルセット・ヴォイスに聴き入ってしまいます。

「Hey Hey」はStanley Clarke(b)と共作した、珍しいインスト曲。

タイトル曲「Pipes Of Peace」や、「So Bad」、「The Man」などの瑞々しいメロディを聴くと、Paulが優れたメロディ・メイカーであることが分かります。

10月2日に、Abbey Roadスタジオでの最新リマスター盤を収めた2CDの『Deluxe Edition』がSHM-CDでリリースされます。
同時に、3CD+1DVDの『Super Deluxe Edition』も発売。

Paulファンには嬉しい秋です。

●収録曲
1. Pipes Of Peace
2. Say Say Say
3. The Other Me
4. Keep Under Cover
5. So Bad
6. The Man
7. Sweetest Little Show
8. Average Person
9. Hey Hey
10. Tug Of Peace
11. Through Our Love


▶こちらもお薦め

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサード リンク



関連記事
2015/09/22 18:40 Rock / Pops名盤(80年代) TB(0) CM(0)
Madonnaの1984年作『Like A Virgin』の紹介。
名作です。

Madonnaは優れたアーティストであり、カッコいい女性。
アルバムは多数あり、どれも音楽的に素晴らしい内容ですが、久々に『Like A Virgin』を聴きました。

このアルバム・ジャケットは有名。
モノトーンの素敵なジャケットです。

私は、ジャケット裏面の姿の方がお気に入り。
本当にカッコいいと思います。
※画像はAmazonで。

プロデュースは、Nile Rodgers。

当時、David Bowieの『Let's Dance』やJeff Beckの『Flash』、Duran Duranのヒット・シングル「The Reflex」などをプロデュース。
強烈なサウンドを生み出し、時のプロデューサでした。

本作のサウンドも、今聴いても新鮮。
一音一音に力があり、元気が出ます。

「Angel」、「Dress You Up」など、メロディも抜群に良い。

「Love Don't Live Here Anymore / 愛は色あせて」では切ないバラードを熱唱。
シンガーとしても一流であることを証明しています。

●収録曲
1. Material Girl
2. Angel
3. Like A Virgin
4. Over & Over
5. Love Don't Live Here Anymore / 愛は色あせて
6. Dress You Up (In My Love)
7. Shoo-Bee-Doo
8. Pretender
9. Stay


最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサード リンク



関連記事
2015/09/20 19:34 Rock / Pops名盤(80年代) TB(0) CM(0)
Teddy Pendergrassの1980年作『TP』の紹介です。

Teddy Pendergrassを知ったのはつい最近。
デビュー作以降の5枚のスタジオ・アルバムを収録した『Original Album Classics』を購入し、初めて聴きました。

特に良いのが『TP』。
この時、30歳。

オープニングの「Is It Still Good To Ya」の熱唱。
熱い野生のヴォーカルに圧倒されます。

「Can't We Try」では一転して、優しくソフトな歌声。
ヴォーカルの幅が広い。

メロウ・グルーヴの「Love TKO」はクール。
一番好きな曲です。

「Take Me In Your Arms Tonight」、「Feel The Fire」では、Stephanie Millsとデュエット。
特に、「Feel The Fire」のデュエットは、とろけるようにロマンティック。

もてたのでしょうね。

●収録曲
1. Is It Still Good To Ya
2. Take Me In Your Arms Tonight
3. I Just Called To Say
4. Can't We Try
5. Feel The Fire
6. Girl You Know
7. Love TKO
8. Let Me Love You


最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサード リンク



関連記事
2015/09/19 20:55 Soul / R&B(80年代) TB(0) CM(0)
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサード リンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
Rock名盤(1980年) - Paul Simon / One Trick Pony 2017/08/20
Soul/R&B名盤(1985年) - Dionne Warwick / Friends 2017/08/16
Rock名盤(1977年) - Dave Mason / Let It Flow (流れるままに) 2017/08/14
Rock名盤(1977年) - The Sons Of Champlin / Loving Is Why 2017/08/12
AOR名盤(1977年) - Kenny Loggins / Celebrate Me Home (未来への誓い) 2017/08/10
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
アクセスカウンター