音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサード リンク

Journeyの1980年作『Departure』の紹介です。

80年代のスタートに相応しい "Departure / 旅立ち" というタイトルのアルバム。

ジャケットの内側には "Join us for our departure into the 80's" というメッセージが。
メンバーの気持ちを表した、清々しいメッセージです。

アルバムは全米8位を記録。
Journeyとして初の全米トップ10入りを果たしました。

爽やかなロック・サウンドとポジティブなムードに満ちた、タイトルどおりのアルバムです。

オープニングの「Any Way You Want It / お気に召すまま」は、アルバムを代表する一曲。
フレッシュなメロディ、Steve Perryの溌剌としたヴォーカル、Neal Schonの情熱的なギター、Steve Smithの堅実なドラムス、それら全てが調和した爽快なロック・チューンです。

「Someday Soon」では、Gregg RolieとSteve Perryのヴォーカルの掛け合いを聴くことができます。
Gregg RolieはJourney結成メンバーの一人ですが、残念ながら本作を最後にバンドを脱退。
後任として、Journeyの前座を務めていたBabysのJonathan Cainが加入します。

卒業と出会い。そして、新たな旅立ち。
春が近づくと聴きたくなるアルバムです。

●収録曲
1. Any Way You Want It / お気に召すまま
2. Walks Like A Lady
3. Someday Soon / いつの日か…
4. People And Places / 感じてほしい…
5. Precious Time / 至上の愛
6. Where Were You / 消えたあの娘
7. I'm Cryin' / 泣きぬれて
8. Line Of Fire / バイバイ、スージー
9. Departure
10. Good Morning Girl
11. Stay Awhile / 僕のそばに…
12. Homemade Love


◆プロデュース: Geoff Workman, Kevin Elson

◆参加ミュージシャン: Steve Perry(vo), Gregg Rolie(k, harmonica, vo), Neal Schon(g), Steve Smith(ds, per), Ross Valory(b)

▶こちらもお薦め

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサード リンク



関連記事
2016/02/27 21:40 Rock / Pops名盤(80年代) TB(0) CM(0)
Al Stewartの1976年の名作『Year Of The Cat』の紹介です。

プロデュースはAlan Personsが担当。
Alan Persons Projectのアルバムのような、ふくよかで暖かいサウンドに仕上がっています。

タイトル曲「Year Of The Cat」は、瑞々しく透明で、せつないメロディが印象的な曲。
一度聴いたら忘れられない旋律です。

イントロの美しいピアノや、途中のバイオリン、アコースティック・ギター、エレキ・ギター、Saxと続くソロ・パートが実に秀逸。
エンディングでは再び、素晴らしいSaxソロを聴くことができます。

トータルで完成された、非の打ちどころのない名曲。
「ネコの年」というタイトルも記憶に残ります。

面白いカバー・アートはHipgnosisが担当。
秀作ぞろいのAl Stewartの作品の中でも、代表作と言えばこのアルバムを選びます。

●収録曲
1. Lord Grenville – 5:00
2. On the Border – 3:22
3. Midas Shadow – 3:08
4. Sand in Your Shoes – 3:02
5. If it Doesn't Come Naturally, Leave It – 4:28
6. Flying Sorcery – 4:20
7. Broadway Hotel – 3:55
8. One Stage Before – 4:39
9. Year of the Cat – 6:40


◆プロデュース: Alan Parsons

◆参加ミュージシャン: Al Stewart(vo, g, key), Peter White(g, key), Tim Renwick(g), Andrew Powell(string ar), Bobby Bruce(violin), Marion Driscoll(per), Stuart Elliott(ds, per), George Ford(b), Phil Kenzie(sax), Don Lobster/Peter Wood(k), Graham Smith(harmonica), John Perry/David Pack/Tony Rivers(bv)

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサード リンク



関連記事
2016/02/20 19:07 Rock / Pops名盤(70年代) TB(0) CM(0)
Santanaの1972年の名作『Caravanserai』の紹介です。

Santanaの作品の中で、一番好きなアルバムです。

この時のSantanaバンドには、Journey結成前のNeal Schon(g)とGregg Rolie(key)が在籍していました。

「Waves Within」は、波打つように草原を吹き抜ける風をイメージさせる、スケールの大きな曲。
Gregg Rolieの曲です。

もう一曲、風を感じる曲が、Carlos Santana, Gregg Rolie, Neal Schonの3人が共作した「Song of the Wind」。
感動的な曲です。

「風は歌う」という邦題も秀逸で、Santanaの乾いたギターが、風が歌うかのように心地よく流れます。
そう言えば、村上春樹氏のデビュー作も『風の歌を聴け』でした。

続く「All the Love of the Universe」も壮大。
"生きる喜び" を曲全体で表現したかのようなスピリチュアルな曲です。
Carlos SantanaとNeal Schonの共作です。

今日の風は湿って重たかったので、このアルバムを聴いてリフレッシュしました。

●収録曲
1. Eternal Caravan of Reincarnation / 復活した永遠なるキャラバン
2. Waves Within / 躍動
3. Look Up (to See What's Coming Down) / 宇宙への仰視
4. Just in Time to See the Sun / 栄光の夜明け
5. Song of the Wind / 風は歌う
6. All the Love of the Universe / 宇宙への歓喜
7. Future Primitive / 融合
8. Stone Flower
9. La Fuente del Ritmo / リズムの架け橋
10. Every Step of the Way / 果てしなき道


最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサード リンク



関連記事
2016/02/14 19:40 Rock / Pops名盤(70年代) TB(0) CM(0)
Leonard Cohenの11CDのBOXセット『The Complete Studio Albums Collection』の紹介です。
久しぶりに購入したBOXセットです。

Leonard Cohenは、カナダ人のシンガー=ソングライターであり、詩人、小説家です。

このBOXセットは、1968年のデビュー作『Songs Of Leonard Cohen / レナードコーエンの唄』から、2004年の『Dear Heather』まで、11枚のスタジオ・アルバムを収録したもの。

2011年10月にSony Legacyから発売されました。
他のSony LegacyのBOXセットと同様、箱も紙ジャケットも丁寧な作りです。

私は3,400円ほどで購入しましたので、1枚あたり300円でほぼ全てのスタジオ・アルバムが揃いました。

ぼそぼそと歌う独特のヴォーカル・スタイルが特徴で、初期のアルバムはほとんどギターの弾き語り。
それでも、2008年にはロックの殿堂入りを果たしています。

このBOXセットには残念ながら歌詞が付いていません。
優れた詩人として定評があるので、別途、歌詞に目を通しながらアルバムを聴いてみたいものです。

※歌詞はオフィシャルサイトに載っているとのこと

●BOXセットの内容
1. Songs Of Leonard Cohen / レナードコーエンの唄 (1968年)
2. Songs From A Room / ひとり,部屋に歌う (旧題:現代の吟遊詩人レナード・コーエン) (1969年)
3. Songs Of Love And Hate / 愛と憎しみの歌 (1971年)
4. New Skin For The Old Ceremony / 愛の哀しみ (古い儀式に新しい肌) (1974年)
5. Death Of A Ladies' Man / ある女たらしの死 (1977年)
6. Recent Songs / 最近の唄 (1979年)
7. Various Positions / 哀しみのダンス (1984年)
8. I'm Your Man / ロマンシェード (1988年)
9. The Future (1992年)
10. Ten New Songs (2001年)
11. Dear Heather (2004年)


▶こちらもお薦め

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサード リンク



関連記事
2016/02/07 20:50 BOXセット(Rock / Pops) TB(0) CM(0)
Earth, Wind & Fireの1975年作『Gratitude / 灼熱の狂宴』の紹介です。

Earth, Wind & Fireの魅力は一つは、ステージ上の熱いライヴ・パフォーマンス。
このアルバムは、EW&Fの初のライヴ・アルバムです。

オリジナルはLP2枚組(Side1~4)の構成で、Side1からSide3の途中「New World Symphony」までがライヴ録音、それ以降がスタジオ録音です。

私は、Side2の「Sun Goddess / 太陽の女神」から「Reasons」の流れが好きで、良く聴きます。
豊かなメロディ、歓喜のグルーヴ、美しいヴォーカル。

幸福で満ち足りた気分になります。

2月3日に、EW&FのリーダーであるMaurice White氏が亡くなりました。
今、「Shining Star」の躍動するリズムを聴いています。

謹んで、ご冥福をお祈りします。

●収録曲
1. Introduction by MC Perry Jones
2. Africano/Power
3. Yearnin' Learnin'
4. Devotion
5. Sun Goddess
6. Reasons
7. Sing a Message to You
8. Shining Star
9. New World Symphony
10. Musical Interlude #1
11. Sunshine
12. Sing a Song
13. Gratitude
14. Celebrate
15. Musical Interlude #2
16. Can't Hide Love


最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサード リンク



関連記事
2016/02/06 21:18 Soul / R&B(70年代) TB(0) CM(0)
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサード リンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
AOR名盤(1983年) - Peter Allen / Not The Boy Next Door 2017/08/22
Rock名盤(1980年) - Paul Simon / One Trick Pony 2017/08/20
Soul/R&B名盤(1985年) - Dionne Warwick / Friends 2017/08/16
Rock名盤(1977年) - Dave Mason / Let It Flow (流れるままに) 2017/08/14
Rock名盤(1977年) - The Sons Of Champlin / Loving Is Why 2017/08/12
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
アクセスカウンター