音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサード リンク

Dionne Warwickの1985年のアルバム『Friends』。
Dionne Warwick / Friends (1985年)
Dionne Warwickは60年代始めから活動しているアメリカの女性シンガー。Whitney Houstonの従姉妹としても知られている。相当な数のスタジオ・アルバムを制作しており、1年に2作以上をリリースすることも少なくない。

本作は、姪のWhitney Houstonが『そよ風の贈りもの』で華々しいデビューを飾った年のアルバム。洋楽シーンでは、「Band Aid」(英, 84年12月)、「USA For Africa」(米, 85年3月)、「LIVE AID」(英米, 85年7月)など、アフリカの飢餓や難民救済のための地球規模のチャリティ活動が話題を呼んだ。

本作にも「That's What Friends Are For / 愛のハーモニー」という有名なチャリティ・ソングがある。Dionne, Stevie Wonder, Elton John, Gladys Knightの4人が "Dionne & Friends" 名義で共演し、その収益は米国エイズ研究財団に寄付された。この曲はBillboard Hot 100チャートの1位を記録し、翌年のグラミー賞の「Song of the Year」と「Best Pop Performance by a Duo or Group with Vocals」を受賞する。

この曲は、Carole Bayer SagerとBurt Bacharach夫妻の作。原曲は82年の映画『』のサウンド・トラック用に書かれており、Rod Stewartが歌った。本作の他の4曲(6, 7, 9, 10)も夫妻の作。「Stronger Than Before / 愛は果てしなく」は、奥様のSagerも81年のアルバム『真夜中にくちづけ』で歌っている。

残りの曲の作者は、「Whisper In The Dark」(Bruce Roberts等)、「Remember Your Heart」(Dan Navarro等)、「Love at Second Sight」(David Foster等)、「Moments Aren't Moments」(Stevie Wonder)、「No One There」(Narada Michael Walden等)と、豪華な顔ぶれ。

「Love at Second Sight」は、Fosterの83年のソロ・デビュー作『』からの選曲で、そこではFosterがVikki Mossとデュエットしている。Fosterらしい美しいバラードで、サビのメロディがとてもロマンティックだ。キュートな「Moments Aren't Moments」は、84年の映画『』のサントラと同曲。Stevie Wonderがサントラをプロデュースし、そこでもDionneがこの曲を歌っている。

このアルバムのどの曲も、1曲目の「愛のハーモニー」のような穏やかな温かさがある。80年代のこの頃は、気取らず自然に善意や友情や愛を歌にする雰囲気があったように思う。

●収録曲
1. That's What Friends Are For / 愛のハーモニー - 4:14
2. Whisper In The Dark - 4:31
3. Remember Your Heart - 3:41
4. Love At Second Sight - 4:39
5. Moments Aren't Moments - 4:32
6. Stronger Than Before / 愛は果てしなく - 3:23
7. Stay Devoted / 優しさいつまでも - 3:32
8. No One There (To Sing Me A Love Song) - 4:26
9. How Long? - 4:07
10. Extravagant Gestures / 愛のとまどい - 4:52


◆プロデュース: Burt Bacharach, Carole Bayer Sager, Albhy Galuten, David Foster, Stevie Wonder, Barry Manilow

◆参加ミュージシャン: Dionne Warwick(vo), Elton John(vo, k), Gladys Knight(vo), Stevie Wonder(vo, harmonica), etc


最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサード リンク



関連記事
2017/08/16 16:48 Soul / R&B(80年代) TB(0) CM(2)
Dave Masonの1977年のアルバム『Let It Flow / 流れるままに』。
Dave Mason / Let It Flow (流れるままに) (1977年)
Dave Masonはイングランド出身のギタリスト。60年代後半にSteve Winwood等とブリティッシュ・ロック・バンドのTrafficを結成して活動したことで知られるが、その後はセッション・ギタリストとしてJimi Hendrixを始めとする錚々たるミュージシャンと仕事をし、90年代前半にはFleetwood Macのメンバーとして活躍した。

Dave Masonは優秀なシンガー・ソングライターでもあり、特に70年代を中心に精力的にソロ・アルバムを制作している。本作『Let It Flow / 流れるままに』は7枚目のスタジオ・アルバム。Dave Masonのソロ・アルバムの中で最も売れたアルバムである。

カヴァー曲が2曲(1, 4)あり、「So High (Rock Me Baby And Roll Me Away) / ハイな気分」はアメリカのブルース・シンガーのDobie Grayの曲。74年のアルバム『Hey Dixie』からの選曲だ。また「Spend Your Life With Me」はJeremy Storchの71年のアルバム『40 Miles Past Woodstock』からのセレクト。

残りについては、Masonが5曲(3, 5, 6, 7, 9)、Jim Kruegerが2曲(2, 10)、Angeleen Gaglianoが1曲(8)を書いている。Kruegerの書いた「We Just Disagree」はシングル・カットされ、Billboard Hot 100チャートの12位を記録。Mason最大のヒット曲となった。Kruegerはラストの「What Do We Got Here?」のリード・ヴォーカルも担当している。

Dave Masonのギターには、清潔で爽やかな風合いと開放的な響きがあり、とても気持ちいい。同じ形容がMasonの歌声にもあてはまる。英国出身でありながら、ウェスト・コースト・サウンドのお手本のような爽やかさを身にまとっているミュージシャンだ。

「Seasons / めぐりゆく季節」では、メロウな曲調に合わせるようにMasonの歌とギターがとても優しい。この曲には、CS&NのStephen Stillsとハワイ生まれの女性シンガーのYvonne Ellimanがヴォーカル・ハーモニーで参加し、柔らかい歌声で曲全体を優しく包んでいる。とても癒される曲だ。

●収録作品
1. So High (Rock Me Baby And Roll Me Away) / ハイな気分 - 4:07
2. We Just Disagree - 3:00
3. Mystic Traveler - 5:00
4. Spend Your Life With Me - 3:22
5. Takin' The Time To Find - 4:31
6. Let It Go, Let It Flow / 流れるままに - 3:15
7. Then It's Alright - 4:14
8. Seasons / めぐりゆく季節 - 4:50
9. You Just Have To Wait Now - 3:09
10. What Do We Got Here? 4:21


◆プロデュース: Dave Mason(g, vo), Ron Nevison

◆参加ミュージシャン: Mike Finnigan(k, vo), Bobbye Hall(per), Rick Jaeger(ds), Gerald Johnson(b), Jim Krueger(g, vo), Ernie Watts(sax), Karen Patterson/Verna Richardson/Stephen Stills/Yvonne Elliman(bv)


最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサード リンク



関連記事
2017/08/14 16:46 Rock / Pops名盤(70年代) TB(0) CM(2)
The Sons Of Champlinの1977年のアルバム『Loving Is Why』。
The Sons Of Champlin / Loving Is Why (1977年)
The Sons Of Champlinは60年代から70年代にかけてサン・フランシスコのベイ・エリアを中心に活動したロック・バンド。バンド名はリーダーのBill Champlinの名前から取っている。

Bill Champlinはカリフォルニア生まれの実力派シンガーで、The Sons Of Champlinを率いて65年から77年まで活動したのちにソロとなり、セッション・シンガーやソングライターとして精力的に活動した。81年にはChicagoに加入し、約30年もの長きにわたりキーボード、ギター、ヴォーカルを担当している(2009年脱退)。

本作はThe Sons Of Champlinのラスト・アルバム(通算7作目)。この時のメンバーは7人で、Chicagoのようにホーン・セクションを擁している。R&B、ファンク、ブラス・ロック、ブルー・アイド・ソウル、ゴスペルなどの要素がミックスされたアルバムだ。

Steely Danの初代ヴォーカリストのDavid Palmer等の書いた「Saved By The Grace Of Your Love」と、このアルバムの前年に他界したブルース・シンガーのJimmy Reedに捧げた「Big Boss Man」(J.R.の61年の曲)を除き、全曲が彼らのオリジナル。その殆どをBill Champlinが手がけているが、「Doin' It For You」と「Love Can Take Me Now」の2曲はベーシストのRob Moitozaの作である。

David Fosterが参加した前作『A Circle Filled With Love』ではわりと洗練された音を出していたが、本作では気取りのない無骨なスタイルに戻った感がある。本来の彼らのスタイルなのだろう。また、約半分の曲のタイトルに「Love」を入れる温かいバンドである。

Bill Champlinは翌年にDavid Fosterのプロデュースする『Single / 独身貴族』で爽やかにソロ・デビューする。長髪をやめ、ロマンティックなバラードも歌うスタイリッシュなシンガーとしてAdult Contemporaryシーンの表舞台を歩いていくが、その一年前までこういう無骨で温かい音楽をやっていた。

●収録曲
1. Saved By The Grace Of Your Love - 3:29
2. Loving Is Why - 3:10
3. Whatcha Gonna Do - 3:52
4. West End - 3:41
5. Big Boss Man - 3:48
6. Time Will Bring You Love - 3:46
7. Doin' It For You - 3:34
8. Where I Belong - 3:02
9. Let That Be A Lesson - 2:45
10. Love Can Take Me Now - 3:36


◆プロデュース: Christopher Bond(sy)

◆参加ミュージシャン: Bill Champlin(vo, k, g), Terry Haggerty(g), Geoffrey Palmer(k, sy), Rob Moitoza(b, harmonica, vo), Jim Preston(ds, per, vo), Steve Frediani(sax, flute), David Farey(tp)
with Ernie Watts/Jim Horn/Tom Scott(sax), Chuck Findley(tp), etc

▶こちらもお薦め

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサード リンク



関連記事
2017/08/12 17:55 Rock / Pops名盤(70年代) TB(0) CM(0)
Kenny Logginsの1977年のアルバム『Celebrate Me Home / 未来への誓い』。
Kenny Loggins / Celebrate Me Home (未来への誓い) (1977年)
Kenny Logginsはアメリカのシンガー・ソングライター。Jim Messinaとポップ/ロック・デュオのLoggins and Messinaを組んで1971年から76年まで活動した後にソロとなり、アルバム制作やライヴ活動のほかに、80年代以降は映画の主題歌を歌って多くのヒット曲を生んでいる。特に、『Footloose』の同名主題歌(84年, 米1位)と『Top Gun』の主題歌「Danger Zone」(86年, 米2位)は有名だ。

本作は、Loggins & Messina解散の翌年にリリースされたファースト・ソロ・アルバム。ジャズ・キーボード奏者のBob Jamesと、Billy Joelなどのプロデュースで知られるPhil Ramoneがプロデュースを手がけた。

収録曲は、Patti Austin作の「I've Got The Melody」とRay Charles等、多くの歌手に歌われたスタンダード・ナンバーの「You Don't Know Me」を除いてKenny Logginsのオリジナル。殆どを共作しており、共作者はJohn Townsend(1)、Jimmy Webb(2)、Bergman夫妻(3)、翌年に奥様となるEva Ein(4, 5, 9)、Bob James(8)、David Foster(9)となっている。

ポップで軽快な「I Believe In Love / 愛を信じて」はシングル・カットされ、Billboard Hot 100チャートの66位にチャート・イン。アルバムはBillboard 200チャートの27位を記録した。

Loggins & Messinaの頃や「Footloose」のような快活なヒット曲から想像されるアップ・テンポな曲は少なく、ジャズ/フュージョンの実力派プレイヤーの洗練した演奏をバックにKenny Logginsがじっくり歌うタイプの曲が多い。

Patti Austinのハリのある歌声がしっかり聴こえる「I've Got The Melody」や、曲の終わりにHiram Bullockのカッコいいギター・ソロを聴ける「Lady Luck」など、素材の良さが光る。

Bob Jamesと共作した「Celebrate Me Home」は、歌いだしが "Home for the holidays" であることや静かな曲調からクリスマス・ソングとして広く聴かれているようだ。ラストの「You Don't Know Me」では、そのBob Jamesの優しいエレピとEric Galeの渋~いエレキ・ギターだけを伴奏に、Kenny Logginsがしっとりと歌い上げる。胸に沁みる素晴らしい歌声だ。

●収録曲
1. Lady Luck - 4:40
2. If You Be Wise - 4:28
3. I Believe In Love / 愛を信じて - 3:30
4. Set It Free - 6:00
5. Why Do People Lie - 4:35
6. Enter My Dream - 5:20
7. I've Got The Melody (Deep In My Heart) - 4:15
8. Celebrate Me Home - 4:44
9. Daddy's Back - 3:37
10. You Don't Know Me - 4:13


◆プロデュース: Bob James(k), Phil Ramone

◆参加ミュージシャン: Kenny Loggins(vo, g, k), Hiram Bullock/Robben Ford/Eric Gale/Steve Khan/Hugh McCracken/Dean Parks/Lee Ritenour(g), Richard Tee(k), George Hawkins(b), Steve Gadd/Ralph MacDonald/Harvey Mason(ds), Steve Forman(per), Patti Austin/Lani Groves/George Hawkins(bv), etc


最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサード リンク



関連記事
2017/08/10 16:30 AOR名盤(1977年) TB(0) CM(0)
Boz Scaggsの1988年のアルバム『Other Roads』。
Boz Scaggs / Other Roads (1988年)
Boz Scaggsはアメリカのブルーアイド・ソウル/Adult Contemporaryシーンを代表するシンガー・ソングライター。60年代後半にSteve Miller Bandの2枚のアルバムに参加したり、70年代初めに自身のバンドを率いて活動した時期もあるが、基本的にはソロのアーティストとして活動を続けている。

Boz Scaggsの名を広めたのは76年のグラミー受賞作『Silk Degrees』であり、Bozの代表作として、あるいはAOR屈指の名盤として高い評価を得ている。その後、『Down Two Then Left』(77年)、『Middle Man』(80年)と、AORのヒット作が続き、それから8年のブランクを空けて本作『Other Roads』がリリースされた。

前作『Middle Man』をプロデュースしたBill Schneeが本作でも中心となってプロデュースを担当し、他にStewart Levineが2曲(2, 3)、Boz本人もDavid Williamsと共同で1曲(6)をプロデュースしている。

11曲のうち7曲はBozのオリジナルで、残り4曲(3, 5, 7, 8)は他作。オリジナル曲も全て共作で、詩人でロック・シンガーのJim Carroll、Dann Huff(g)、Marcus Miller(b)、Bobby Caldwell等が共作者になっている。

他作の曲に関しては、「Heart Of Mine」がBobby CaldwellやChicagoのJason Scheff等の作。「I Don't Hear You」と「Crimes Of Passion」がJim CarrollとDann Huff等の作。CDのみに収録の「Soul To Soul」がBill SchneeとMarcus Millerの作だ。美しいバラードの「Heart Of Mine」はシングル・カットされ、Billboard Hot 100チャートの35位をマークした。

サウンドは、これまでのアルバムと比べてかなりマッシヴ。ハードなギター・プレイやドライヴ感溢れる力強いナンバーが目立つ。Dann HuffやMarcus Millerなどの実力派が、プレイヤーとしてだけでなく曲作りに大きく関わったことの効果だろう。『Silk Degrees』の頃にあったような甘さはなく、成熟した硬派な曲が多い。

Bobby Caldwellは「Heart Of Mine」以外にもう1曲、ラストのジャズィなバラード「The Night Of Van Gogh」をBozと共作している。この曲ではDavid Paichがピアノを弾き、父親のMarty Paichと一緒にストリングス・アレンジを担当。Jeff PorcaroのドラムスとMarcus Millerのベースという組み合わせも贅沢だ。ゴッホの代表作の一つ『星月夜(The starry night)』を思わせるタイトルも秀逸で、ロマンティックなクロージングになっている。

●収録曲
1. What's Number One? - 3:58
2. Claudia - 4:07
3. Heart Of Mine - 4:12
4. Right Out Of My Head - 5:26
5. I Don't Hear You - 4:42
6. Mental Shakedown - 4:10
7. Soul To Soul - 5:01
8. Crimes Of Passion - 4:02
9. Funny - 5:51
10. Cool Running - 4:14
11. The Night Of Van Gogh - 4:20


◆プロデュース: Bill Schnee, Stewart Levine, David Williams(g), Boz Scaggs(vo)

◆参加ミュージシャン: Dann Huff/Michael Landau/Buzz Feiten/Paul Jackson, Jr./Carlos Rios/Steve Lukather(g), Marcus Miller/David Hungate(b), Jeff Porcaro/John Robinson(ds), Lenny Castro/Paulinho da Costa(per), Larry Williams/Robbie Buchanan/Alan Pasqua/David Paich(k), Marty Paich(string ar), Jerry Hey(horn), David Lasley/James Ingram/Siedah Garrett/Timothy B. Schmit(bv), etc


最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサード リンク



関連記事
2017/08/08 16:37 AOR名盤(1984~1990年) TB(0) CM(0)
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサード リンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
Soul/R&B名盤(1985年) - Dionne Warwick / Friends 2017/08/16
Rock名盤(1977年) - Dave Mason / Let It Flow (流れるままに) 2017/08/14
Rock名盤(1977年) - The Sons Of Champlin / Loving Is Why 2017/08/12
AOR名盤(1977年) - Kenny Loggins / Celebrate Me Home (未来への誓い) 2017/08/10
AOR名盤(1988年) - Boz Scaggs / Other Roads 2017/08/08
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
アクセスカウンター