音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサード リンク

Deep Purpleの10CDのBOXセット『The Complete Album 1970-1976』の紹介です。
Deep Purple / The Complete Album 1970-1976
このBOXセットは、Deep Purpleの1969年のアルバム『Concerto for Group and Orchestra / ロイヤル・フィルハーモニック・オーケストラ』から76年のライヴ・アルバム『Made in Europe』までの10枚のオリジナル・アルバムを収めた10CDのセットです。

日本的(?)にいうと、Ian Gillan(vo)とRoger Glover(b)が加入した第2期から、ギタリストがTommy Bolinに代わった第4期までの作品です。丁寧なリイシューで知られるRhinoレーベルから2013年9月に発売されました。

Amazonでの価格は4,624円(*)。オリジナルのLPを模した紙ジャケットにCDのみを収めており、解説等は付属しません。また、 ボーナス・トラックはなく、デジタル・リマスタリングされているのか否かも分かりませんが、個人的には納得のコスト・パフォーマンスです。(*)執筆時点の価格

以前はBOXセットというと高価なものでしたが、ここ数年、1枚あたり500円未満という低価格で様々なアーティストのBOXセットが発売されています。中には、デジタル・リマスタリングされていたり、ボーナス・トラックがあったり、豪華なブックレットが付いていたりして、お得感の高いセットもあります。

メジャーなアルバムならばCDを既に持っていることが多いと思いますが、BOXセットを購入する楽しみの一つは、内容が優れているのに知られていない "隠れ名盤" に出会える可能性があること。

私はこのセットに収録されているCDの6枚を既に持っていたので、購入するかどうか悩みましたが、結局買ってしまいました。結果的には大満足しています。コレクター気質なんですかねぇ…

●BOXセットの内容
1.『Concerto for Group and Orchestra / ロイヤル・フィルハーモニック・オーケストラ』(69年)
2.『Deep Purple in Rock』(70年)
3.『Fireball』(71年)
4.『Machine Head』(72年)
5.『Made in Japan / ライヴ・イン・ジャパン』(72年)
6.『Who Do We Think We Are / 紫の肖像』(73年)
7.『Burn / 紫の炎』(74年)
8.『Stormbringer / 嵐の使者』(74年)
9.『Come Taste the Band』(75年)
10.『Made in Europe』(76年)


▶こちらもお薦め

関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサード リンク



2013/11/24 22:26 BOXセット(Hard Rock) TB(0) CM(0)
コメント













 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/104-d72e8a46
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサード リンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
AOR名盤(1983年) - Peter Allen / Not The Boy Next Door 2017/08/22
Rock名盤(1980年) - Paul Simon / One Trick Pony 2017/08/20
Soul/R&B名盤(1985年) - Dionne Warwick / Friends 2017/08/16
Rock名盤(1977年) - Dave Mason / Let It Flow (流れるままに) 2017/08/14
Rock名盤(1977年) - The Sons Of Champlin / Loving Is Why 2017/08/12
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
アクセスカウンター