音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサード リンク

Gary Mooreの1978年作『Back On The Streets』の紹介です。

男子フィギュアスケートのソチ五輪の金メダリスト、羽生結弦選手がショート・プログラムで使って有名になった「Parisienne Walkways / パリの散歩道」を収録したアルバム。

「パリの散歩道」は、一度聴いたら忘れられない叙情的なメロディと、情熱的なギターが印象的な楽曲。

『Back On The Streets』のラストを飾る名バラードです。

歌詞もあり、作詞とヴォーカルを担当しているのはThin Lizzyの故Phil Lynott(フィル・ライノット)。

金メダル獲得の影響で、「パリの散歩道」のギタリストであるGary Moore関連のアルバムの売上が好調です。

Gary Mooreはハード・ロック・ギタリストですので、「パリの散歩道」のようなバラードを期待して購入すると、アルバム全体のハードなサウンドに驚くかも知れません。

●収録曲
1. Back On The Streets
2. Don't Believe A Word
3. Fanatical Fascists
4. Flight Of The Snow Moose
5. Hurricane
6. Song For Donna
7. What Would You Rather Bee Or A Wasp
8. Parisienne Walkways


なお、確認はしていませんが、羽生選手が使ったのは『Live / ライヴ・アット・ザ・マーキー』(1983年作)に収録されているライヴ・バージョンをアレンジしたものとの事。

Amazonでも、"羽生選手SP使用"との副題を付けて、売りに出しています。

●収録曲
1. Back On the Streets (Live)
2. Run to Your Mama (Live)
3. Dancin' (Live)
4. She's Got You (Live)
5. Parisienne Walkways (Live)
6. You (Live)
7. Nuclear Attack (Live)
8. Dallas Warhead (Live)


また、Gary MooreはコンピレーションCDが数多く出されており、そちらにも「パリの散歩道」が収録されています。
※CDによっては、ライヴ・バージョンを収録しています。

『Ballads & Blues 1982-1994』(ライヴ・バージョンを収録)、『ゲイリー・ムーア・メモリアル・コレクション(2CD)』が、Amazonではベスト・セラーになっています。



これを機会に、Gary Mooreの作品や、Gary Mooreが在籍したバンド(Thin Lizzy、Colosseum、Skid Row)の作品が再評価され、ファンが増えることを期待します。

関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサード リンク



2014/02/23 11:55 Hard Rock / Heavy Metal TB(0) CM(0)
コメント













 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/119-ff6096b4
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサード リンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
Soul/R&B名盤(1985年) - Dionne Warwick / Friends 2017/08/16
Rock名盤(1977年) - Dave Mason / Let It Flow (流れるままに) 2017/08/14
Rock名盤(1977年) - The Sons Of Champlin / Loving Is Why 2017/08/12
AOR名盤(1977年) - Kenny Loggins / Celebrate Me Home (未来への誓い) 2017/08/10
AOR名盤(1988年) - Boz Scaggs / Other Roads 2017/08/08
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
アクセスカウンター