音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサード リンク

Billy Joelの1977年の名盤『Stranger』。
Billy Joel / Stranger
ピアノ・マンであり、街角の吟遊詩人であるBilly Joelの5作目のスタジオ・アルバム。

良く知られているように、Billy Joelはこのアルバムで世界的な成功を掴んだ。
この時、28歳。
16歳からミュージシャンの活動を始めているので、まだ若いとは言え、下積みは長い。

「Movin' Out」や「Vienna」、「Get It Right The First Time」などでは、ピリッと苦い人生訓を歌う一方で、「Just The Way You Are」や「She's Always A Woman」などのバラードでは、最高にロマンティックな愛情表現をする。
酸いも甘いも噛み分けるとは、まさにこういうことか。

Billy Joelに育まれた鋭い鑑識眼が、こうした名曲を生んだのだろう。
「The Stranger」には、自分の内面と対峙する静かな目線があり、「Scenes From An Italian Restaurant」には、レストランで周囲の人間模様を観察する眼があり、「Everybody Has A Dream」には、希望を掴もうとする全ての人への優しい眼差しがある。
Billy Joelの眼差し

1976年の前作『Turnstiles / ニューヨーク物語』と比べてサウンドのクオリティが向上しているのは、プロデューサーであるPhil Ramoneの手腕。
Phil Ramoneは本作以降、1986年の『The Bridge』まで、6枚のスタジオ・アルバムと1枚のライヴ・アルバム全てのプロデュースを担当した。

本作は、Billboard 200チャートの2位をマークし、Billy Joel初のTop10入りを果たす。
シングルは、「Just the Way You Are」がBillboard Hot 100チャートの3位を記録した他、「Movin' Out」が17位、「Only the Good Die Young」が24位、「She's Always a Woman」が17位であった。
また、1978年のグラミー賞では、「Just the Way You Are」が「Record of the Year」と「Song of the Year」の2冠を受賞。
更に、「Movin' Out」はブロードウェイ・ミュージカルにもなり、2002年から2005年まで上演されている。

寂しげな口笛が印象的な「The Stranger」は日本で大ヒットし、オリコン・チャートの何と2位を記録した。
一方のBillboardでは、チャート・インしていないところも面白い。

本作はAORの名盤としても評価されており、金澤寿和氏はディスク・ガイド『AOR Light Mellow』において、このアルバムを取り上げている。

私は、「Just The Way You Are」のSaxソロが大好きだ。
空に舞い上がるように伸びやかなソロは、名SaxプレイヤーであるPhil Woodsが演奏したもので、Phil Woodsの名演の一つに数えられている。

Phil Woodsは去年の9月29日に83歳で他界した。
このアルバムがリリースされたのも9月29日。
偶然とはいえ、不思議な巡り合わせである。

●収録曲
1. Movin' Out (Anthony's Song) - 3:30
2. The Stranger - 5:10
3. Just The Way You Are / 素顔のままで - 4:52
4. Scenes From An Italian Restaurant / イタリアン・レストランにて - 7:37
5. Vienna / ウィーン - 3:34
6. Only The Good Die Young / 若死にするのは善人だけ - 3:55
7. She's Always A Woman - 3:21
8. Get It Right The First Time / 最初が肝心 - 3:57
9. Everybody Has A Dream - 6:38


◆プロデュース: Phil Ramone

◆参加ミュージシャン: Billy Joel(vo, k), Steve Khan/Hiram Bullock/Steve Burgh(g), Hugh McCracken(ag), Richard Tee(k), Doug Stegmeyer(b), Liberty DeVitto(ds), Ralph MacDonald(per), Richie Cannata(sax, flute, clarinet, k), Phil Woods(sax), Phoebe Snow/Patti Austin/Gwen Guthrie(bv), Patrick Williams(orch), etc.

▶こちらもお薦め

関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサード リンク



2016/09/16 20:38 Rock / Pops名盤(70年代) TB(0) CM(0)
コメント













 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/130-f0038a42
カテゴリー一覧

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサード リンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年作『Bobby Caldwell

お気に入りに追加

ブロとも申請

この人とブロともになる

お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
ミュージックのお薦め
アクセスランキング
QRコード
QR
最新記事一覧
AOR名盤(1979年) - J.D. Souther / You're Only Lonely 2017/06/23
AOR名盤(1976年) - Ned Doheny / Hard Candy 2017/06/22
AOR名盤(1979年) - Deniece Williams / When Love Comes Calling 2017/06/21
AOR名盤(1983年) - Paul Anka / Walk A Fine Line 2017/06/20
AOR名盤(1982年) - Dwayne Ford / Needless Freaking 2017/06/19
Amazon専用ストア
アクセスカウンター