音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサード リンク

Bill Withersの1985年のアルバム『Watching You Watching Me / 愛の情景』。
Bill Withers / Watching You Watching Me (愛の情景) (1985年)
Bill Withersは70年代のソウル/R&Bシーンで活躍したシンガー・ソングライター。特に70年代初頭の活躍は目覚ましく、「Ain't No Sunshine」(71年, 米3位)、「Lean on Me」(72年, 同1位)、「Use Me」(72年, 同2位)と、立て続けにヒットを飛ばし、「Ain't No Sunshine」ではグラミー賞のBest Rhythm & Blues Songも受賞した。この頃のBill Withersには、素朴で内省的なシンガー・ソングライターという印象がある。

その後しばらくヒットから遠ざかるが、81年にサックス奏者Grover Washington, Jr.の「Just The Two Of Us / クリスタルな恋人たち」のヴォーカルに抜擢されると、これが久びさの大ヒット(米2位)となり、グラミーのBest Rhythm & Blues Songを再度受賞する。この時のBillは、大人の色香を纏うスタイリッシュなコンテンポラリー・シンガーに成長していた。

本作『愛の情景』はその流れを汲むアルバムで、"都会の夜の大人の世界" といったムードに包まれている。

全曲がBill Withersのオリジナルで、そのうちの4曲(1, 3, 9, 10)は共作。共作者は、「Oh Year!」(David Foster, Larry Carlton)、「Don't Make Me Wait」(Don Freeman)、「Whatever Happens」(Carlton)、「You Try To Find A Love」(Michael Colombier)となっている。

Bill=Foster=Carltonという珍しい共作が実現した「Oh Year!」は都会的で爽やかなナンバー。本作からのファースト・シングルとなり、R&Bチャートでは22位をマークした。続く「Something That Turns You On」もメロウ・ミディアムの心地よい曲で、同チャートの46位を記録。

タイトル曲の「Watchng You Watching Me / 愛の情景」は、「クリスタルな恋人たち」を彷彿とさせる濃厚なメロディ。Richard Teeの弾くエレピの切ない響きとBill Withersの憂いのあるヴォーカルにうっとりする。

「You Just Can't Smile It Away / 愛しき人よ」と「Whatever Happens / 織りなす願い」も、鍵盤とヴォーカルでしっとりと聴かせるナンバー。このようなロマンティックなバラードでのBill Withersの歌声はとてもセクシー。Billは深刻な吃音だったそうだが、それが俄かには信じがたいような雄弁な歌声だ。

「Oh Yeah!」のミュージック・ビデオは最高だ。Billを始め、登場する全員が優しさと愛情に溢れている。80年代らしいスウィートな映像で、見る人全員を幸せな気分にする力がある。

●収録曲
1. Oh Yeah! - 4:01
2. Something That Turns You On - 4:23
3. Don't Make Me Wait - 3:59
4. Heart In Your Life - 4:13
5. Watchng You Watching Me / 愛の情景 - 5:47
6. We Could Be Sweet Lovers - 3:26
7. You Just Can't Smile It Away / 愛しき人よ - 4:41
8. Steppin' Right Along - 5:43
9. Whatever Happens / 織りなす願い - 3:14
10. You Try To Find A Love / 愛の光芒 - 5:17


◆プロデュース: Larry Carlton, Don Freeman(k, linn-drum), Denny Diante, Ralph MacDonald(per), Michael Colombier(k, ar), Bill Withers(vo, k, simmons)

◆参加ミュージシャン: Paul Jackson Jr./Dann Huff(g), David Foster/Don Freeman(k, ar), Robbie Buchanan/Richard Tee/Greg Phillinganes(k), Marcus Miller(b, k), Nathan East/ Robert Popwell(b), John Robinson/Buddy Williams(ds), Paulinho Da Costa(per), Phil Perry/Marty McCall/Alex Brown(bv), etc


関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサード リンク



2017/05/29 18:15 AOR名盤(1984~1990年) TB(0) CM(0)
コメント













 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/148-acd0cea9
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサード リンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
Soul/R&B名盤(1985年) - Dionne Warwick / Friends 2017/08/16
Rock名盤(1977年) - Dave Mason / Let It Flow (流れるままに) 2017/08/14
Rock名盤(1977年) - The Sons Of Champlin / Loving Is Why 2017/08/12
AOR名盤(1977年) - Kenny Loggins / Celebrate Me Home (未来への誓い) 2017/08/10
AOR名盤(1988年) - Boz Scaggs / Other Roads 2017/08/08
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
アクセスカウンター