音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサード リンク

Nick DeCaroの1974年のアルバム『Italian Graffiti』。
Nick DeCaro / Italian Graffiti (1974年)
AORの誕生に大きく寄与した記念碑的作品と言われる名盤だ。

Nick DeCaro本人とTommy LiPumaが共同でプロデュースしており、新旧とり混ぜた選曲であるが、それらを違和感なく同居させるアレンジのセンスが光る。

「Under The Jamaican Moon / ジャマイカの月の下で」はLeah KunkelとStephen Bishopの共作。
Leah Kunkelは1979年作『Leah Kunkel / リア』で、Stephen Bishopは2007年作『』でセルフ・カヴァーしている。

「Happier Than The Morning Sun / 輝く太陽」と「Angie Girl」はStevie Wonderの曲。
1972年作『』と1969年作『』の収録曲だ。

「Tea For Two / 二人でお茶を」はスタンダード・ナンバー。
1925年のヒット曲である。

「All I Want」はJoni Mitchellの1971年の名作『』のオープニングを飾るアコースティック・ナンバー。
ギターの弾き語りで歌われるオリジナルの楽曲を、シティ感覚の洒落た楽曲にアレンジしている。

静かな「Wailing Wall」はTodd Rundgrenの曲。
1971年のアルバム『』に収録されている。

「Getting Mighty Crowded」は、Van McCoyが女性ソウル・シンガーのBetty Everettに提供した曲。
1965年にシングル・カットされ、アメリカでは65位、イギリスでは20位になっている。

「While The City Sleeps / 町はねむっているのに」はRandy Newman作。
女性ソウル・シンガーIrma Thomasが、1964年のデビュー・アルバム『』で歌っている。

…といった具合に、実に幅広く、懐の深い選曲である。
これらが、大人の余裕のようなものを感じるエレガントなアレンジにより、新たな風を吹き込まれている。

David T.Walker(g)やHarvey Mason(ds)ら、Fusion界の実力派ミュージシャンによる抑えた演奏も、とてもクール。

Nick DeCaroは本作一枚を出したあと、本業であるアレンジャーに専念。
AORの数多くのアルバムに貢献した。
90年代に入ってから、『』(1990年)と『』(1991年)という2枚のアルバムを残すが、92年に他界した。

●収録曲
1. Under The Jamaican Moon / ジャマイカの月の下で - 4:41
2. Happier Than The Morning Sun / 輝く太陽 - 4:17
3. Tea For Two / 二人でお茶を - 3:54
4. All I Want - 3:21
5. Wailing Wall - 4:34
6. Angie Girl - 3:48
7. Getting Mighty Crowded - 2:24
8. While The City Sleeps / 町はねむっているのに - 3:31
9. Canned Music - 4:36
10. Tapestry - 3:58


◆プロデュース: Tommy LiPuma, Nick DeCaro(vo, k, ar)

◆参加ミュージシャン: Arthur Adams/David T. Walker(g), Wilton Felder/Max Bennett(b), Paul Humphrey/Harvey Mason(ds), Plas Johnson(sax), Bud Shank(flute), etc

▶こちらもお薦め

関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサード リンク



2016/08/01 16:50 AOR名盤(1974~1976年) TB(0) CM(0)
コメント













 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/181-751581b2
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサード リンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
Rock名盤(1977年) - Phoebe Snow / Never Letting Go (薔薇の香り) 2017/07/21
Rock名盤(1980年) - Billy Joel / Glass Houses (グラス・ハウス) 2017/07/19
Soul/R&B名盤(1976年) - The Sons of Champlin / A Circle Filled With Love 2017/07/14
Soul/R&B名盤(1985年) - Sade / Promise 2017/07/12
Rock名盤(1978年) - Billy Joel / 52nd Street (ニューヨーク52番街) 2017/07/10
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
アクセスカウンター