音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサード リンク

AORを代表するウィスパー・ヴォイスの持ち主であるMichael Franksの1977年のセカンド・アルバム、『Sleeping Gypsy』。
Michael Franks / Sleeping Gypsy
Michael Franksの代表作であると共に、ジャンルの垣根や年代を超越した名作である。

The Crusadersのメンバーをはじめ、David SanbornやMichael Brecker等、ジャズ/フュージョン・シーンの実力派プレイヤーが参加。

デビュー作『Art of Tea』と同様、プロデューサーをTommy LiPumaが、レコーディング&ミキシング・エンジニアをAl Schmittが担当。
ストリングス・アレンジについては、前作のNick DeCaroに代わり、本作ではClaus Ogermanが務めた。

クールネスと粋を極めたような洗練された楽曲を、やや硬質なサウンドと、シンプルで上品なアレンジで仕上げている。
このあたりの手腕は流石である。

特に、「The Lady Wants To Know」と「I Really Hope It's You」の2曲は秀逸。
インテリジェンスさせ感じさせる、清らかでエレガントなナンバーだ。

今年はブラジルのリオで五輪が開催されているが、そのブラジルの地への憧れをストレートに表現した曲が並ぶ。
スタンダード・ナンバーのような趣きの曲もあるが、全てはMichael Franksのオリジナルだ。

このうち2曲は、ブラジルを代表するミュージシャンに捧げられた。
「Antonio's Song」はAntonio Carlos Jobimに、「Down In Brazil」はJoao Donato(ジョアン・ドナート)に捧げられている。

「B'wanna-he No Home」と「Down In Brazil」に至っては、実際にリオ・デ・ジャネイロで録音を行うという徹底ぶり。
このあたりにMichael Franksの想いが感じられる。

このアルバムは、ワーナーの「AOR BEST SELECTION 1300」シリーズの第1弾として、9月21日に高品質SHM-CDで再発された。
なお、Michael Franksの初期5作品をまとめて聴くには、5CDのBOXセット『Michael Franks (Original Album Series)』がお薦めだ。

●収録曲
1. Lady Wants To Know / 淑女の想い - 4:45
2. I Really Hope It's You - 4:54
3. In The Eye Of The Storm / 嵐の中で - 5:55
4. B'wanna-he No Home / カレワ・ルスデス - 4:57
5. Don't Be Blue / ブルーにならないで - 3:28
6. Antonio's Song / アントニオの歌(虹を綴って) <アントニオ・カルロス・ジョビンに捧ぐ> - 5:03
7. Chain Reaction - 5:14
8. Down In Brazil / はるかなるブラジルの地 <ジョアン・ドナートに捧ぐ> - 4:33


◆プロデュース: Tommy LiPuma

参加ミュージシャン: Larry Carlton(g), Joe Sample(p), Wilton Felder(b), John Guerin(ds), Michael Brecker/David Sanborn(sax), Ray Armando(per), Claus Ogerman(ar), etc.

▶こちらもお薦め

関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサード リンク



2016/08/11 19:02 AOR名盤(1977年) TB(0) CM(0)
コメント













 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/185-db760ff4
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサード リンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
Pops名盤(1979年) - Barry Manilow / One Voice 2017/07/25
Pops名盤(1976年) - Barry Manilow / This One's For You (想い出の中に) 2017/07/23
Rock名盤(1977年) - Phoebe Snow / Never Letting Go (薔薇の香り) 2017/07/21
Rock名盤(1980年) - Billy Joel / Glass Houses (グラス・ハウス) 2017/07/19
Soul/R&B名盤(1976年) - The Sons of Champlin / A Circle Filled With Love 2017/07/14
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
アクセスカウンター