音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサード リンク

Joe Jacksonの1984年作『Body And Soul』の紹介です。

アルバムのハイライトは「You Can't Get What You Want (Till You Know What You Want)」。

シャープな演奏とキャッチーなメロディに乗せて、"何が欲しいか分かるまで、欲しいものは手に入らない" という鋭いメッセージを放つ。
この曲が好きで、当時、何度も繰り返して聴きました。

他にも、切なさが漂うバラード「Not Here, Not Now」や、Elaine Caswellとデュエットしたキャッチーなナンバー「Happy Ending」、ピアノの弾き語りをメインにしっとりと歌い上げる「Be My Number Two」など、聴きどころの多いアルバム。

オープニングの堂々とした「The Verdict」は、当時、車のTV CMで使われました。

1984年生まれの洋楽は、80年代洋楽の頂点だと思っていますが、そのことを象徴するアルバムの一つです。

●収録曲
1. The Verdict
2. Cha Cha Loco
3. Not Here, Not Now
4. You Can't Get What You Want (Till You Know What You Want)
5. Go For It
6. Loisaida
7. Happy Ending [feat. Elaine Caswell]
8. Be My Number Two
9. Heart Of Ice


全体的にジャズっぽいフレイバーを持つこのアルバムのジャケット・デザインは、ジャズ・サックス奏者の巨星Sonny Rollinsの『Sonny Rollins Vol II』のアルバム・カヴァーを再現したものです。

関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサード リンク



2015/02/14 14:58 Rock / Pops名盤(80年代) TB(0) CM(0)
コメント













 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/191-ebdbc418
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサード リンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
Soul/R&B名盤(1985年) - Dionne Warwick / Friends 2017/08/16
Rock名盤(1977年) - Dave Mason / Let It Flow (流れるままに) 2017/08/14
Rock名盤(1977年) - The Sons Of Champlin / Loving Is Why 2017/08/12
AOR名盤(1977年) - Kenny Loggins / Celebrate Me Home (未来への誓い) 2017/08/10
AOR名盤(1988年) - Boz Scaggs / Other Roads 2017/08/08
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
アクセスカウンター