音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサード リンク

Marc Jordanの1979年作『Blue Desert』。
Marc Jordan / Blue Desert
Marc Jordanは、AORシーンではとても人気の高いシンガーソング・ライター。
特にデビュー後の2枚のアルバムは、AORの名盤として高い評価を得ている。

本作はセカンド・アルバムで、当時勢いのあったJay Graydonがプロデュースを担当。
ポップスとフュージョンのエッセンスを上品にブレンドした、スマートで洗練されたAORに仕上がっている。
Jay Graydonは同じ年に、Steve Kipnerの『Knock the Walls Down』とThe Manhattan Transferの 『Extensions』もプロデュースしており、どちらも上質なAOR作品として評価が高い。

ちなみに、Marc Jordanの1978年のファースト・アルバム『Mannequin』は、Steely Danのプロデューサーとして有名なGary Katzがプロデュースを担当した。

さて本作は、全曲がMarc Jordanによる作詞・作曲。
どの曲もポップでしなやかなメロディ・ラインを持っており、とても聴きやすい。
AORのアルバムに良くある「憂いのある曲」や「ウェットな曲」は皆無で、さっぱりした聴き心地が特徴だ。
Marc Jordanの少々ぶっきらぼうな歌い方も不思議と曲調に合っており、独特の味わいを生んでいる。

プロデューサーのJay Graydonはギターの名手であり、本作でも随所でアイデア豊富でテクニカルなギター・ソロを披露。
これが聴いていて実に爽快かつ贅沢。
本作が "Graydonギター・フェチ" から熱く支持される理由となっている。
特に「I'm a Camera」でのギター・ソロは、Graydonのソロの中でも有名なプレイのようだ。

なお、Jay Graydonが知られるようになったのは、Steely Danの『Aja』に収録された「Peg」でのトリッキーなギター・ソロによってだと言われるが、私は本作の「I'm a Camera」や「Release Yourself」での伸びやかなソロの方が好きだ。
更に言うと、Steve Kipnerの『Knock the Walls Down』に収録された「The Ending」での長く美しいソロが一番だと思っている。

こだわって聴き込むのも、洋楽やAORのアルバムの贅沢な楽しみ方の一つ。
本作も、とことん聴きこめる懐の深いアルバムだ。

●収録曲
1. Generalities - 4:23
2. I'm A Camera / 私はカメラ - 3:46
3. Twilight - 3:41
4. From Nowhere To This Town / 彼方へ - 3:33
5. Beautiful People - 4:27
6. Lost In The Hurrah - 5:21
7. Release Yourself / 自由へのさすらい - 4:14
8. Tattooed Lady / 刺青の女 - 3:44
9. Exile - 4:30


◆プロデュース: Jay Graydon(g, k)

◆参加ミュージシャン: Steve Lukather/Ray Parker Jr./Dean Parks(g), Michael Omartian/Greg Mathieson/Steve Porcaro(k), Abraham Laboriel(b), Jeff Porcaro/Ralph Humphrey/Jim Keltner(ds), Ernie Watts(sax), Bill Champlin/Bobby Kimball/Tom Kelly/Marcy Levy(bv), etc.

▶こちらもお薦め

関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサード リンク



2016/08/31 19:03 AOR名盤(1979年) TB(0) CM(0)
コメント













 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/193-1580c3f7
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサード リンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
Rock名盤(1977年) - Phoebe Snow / Never Letting Go (薔薇の香り) 2017/07/21
Rock名盤(1980年) - Billy Joel / Glass Houses (グラス・ハウス) 2017/07/19
Soul/R&B名盤(1976年) - The Sons of Champlin / A Circle Filled With Love 2017/07/14
Soul/R&B名盤(1985年) - Sade / Promise 2017/07/12
Rock名盤(1978年) - Billy Joel / 52nd Street (ニューヨーク52番街) 2017/07/10
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
アクセスカウンター