音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサード リンク

Steely Danの1977年作『Aja / 彩(エイジャ)』。

Steely Danを代表するアルバムであるばかりでなく、ロックあるいはAORが到達した究極の高み。
また、70年代の洋楽が誇るべき大名盤である。

この頃のSteely Danは、バンドというよりはDonald FagenとWalter Beckerのユニットであり、プロのセッション・ミュージシャンを集めてアルバム制作をしていた。
AORの多くのアルバムはそのようなスタイルで制作されているが、彼らはその徹底ぶりが尋常ではなかった。
予算と人(ミュージシャン)を贅沢に投入し、旺盛な熱意とこだわりを注いでこのアルバムは制作された。

「Peg」で、Jay Graydonのトリッキーなギター・ソロを採用するまでに、6人(8人以上という説も)にソロを弾かせたといったエピソードや、「1年以上にわたって同じスタジオの同じ時間帯を押さえた」といったエピソードが彼らの徹底ぶりを物語る。

結果的にこのアルバムは大成功した。
予算を回収して余りあるセールスを記録し、グラミー賞を始めとする栄誉を手中にする。

当然ながら、誰もが彼らのやり方で成功するわけではない。
「こだわり抜いて作ったが赤字になった」的な制作悲話を聞くことがある。
彼らがミュージシャンとして一流であったことに加え、制作チームがビジネス集団として一流だったのだろうと思うのだ。
その点に感心するのである。

参加したミュージシャンは、さぞやアルバム制作を楽しんだことだろう。
最高の環境が用意され、存分に腕を振るうことができたのだから。
ミュージシャン冥利に尽きる。

このアルバムは1978年のグラミー賞において、「Best Engineered Recording (Non Classical) / 最優秀録音賞」を受賞。
また2003年には、グラミー賞殿堂入りを果たした。
チャート面では、アルバムはBillboard 200チャートの3位を記録。
シングルは、「Peg」がBillboard Hot 100チャートの11位、「Deacon Blues」が19位、「Josie」が26位であった。

ジャケットの女性は、日本人モデルの山口小夜子氏。
撮影したのも日本人カメラマン、藤井秀樹氏である。

なおTOTOのメンバーは恐らく一人も参加していない。その点も興味深い。

またタイトル曲「Aja」で聴くことのできる圧巻のドラムスは、Steve Gaddによる名演。
ダイナミックかつ繊細なドラムスを、Steve Gaddはワン・テイクで叩いたとのこと。
Luck(幸運)も、このアルバムの成功の一因だったと思われる。

●収録曲
1. Black Cow - 5:10
2. Aja - 7:57
3. Deacon Blues - 7:33
4. Peg - 3:57
5. Home At Last - 5:34
6. I Got The News - 5:06
7. Josie - 4:33


◆プロデュース: Gary Katz

◆参加ミュージシャン: Donald Fagen(vo, k), Walter Becker(g, b)
with Larry Carlton/Lee Rinenour/Jay Graydon/Steve Khan/Dean Parks(g), Joe Sample/Don Grolnick/Michael Omartian(k), Victor Feldman(k, per), Chuck Rainey(b), Steve Gadd/Paul Humphrey/Bernard Purdie/Rick Marotta/Ed Greene/Jim Keltner(ds), Tom Scott/Wayne Shorter(sax), Michael McDonald/Timothy B.Schmit(bv), etc.


関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサード リンク



2016/08/24 12:26 AOR名盤(1977年) TB(0) CM(0)
コメント













 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/194-5eccf54c
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサード リンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
Soul/R&B名盤(1985年) - Dionne Warwick / Friends 2017/08/16
Rock名盤(1977年) - Dave Mason / Let It Flow (流れるままに) 2017/08/14
Rock名盤(1977年) - The Sons Of Champlin / Loving Is Why 2017/08/12
AOR名盤(1977年) - Kenny Loggins / Celebrate Me Home (未来への誓い) 2017/08/10
AOR名盤(1988年) - Boz Scaggs / Other Roads 2017/08/08
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
アクセスカウンター