音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサード リンク

i-Tenの1983年作『Taking A Cold Look』。

i-Tenは、アメリカのソング・ライターであるTom KellyとBilly Steinbergのユニット。

彼らは優秀なソング・ライター・チームであり、後にBillboard Hot 100チャートのNo.1ヒットを5曲も生み出している。
その5曲とは、Madonnaの「Like A Virgin」(1984年)、Cyndi Lauperの「True Colors」(1986年)、Whitney Houstonの「So Emotional」(1987年)、Heartの「Alone」(1987年)、そしてThe Banglesの「Eternal Flame」(1989年)。
いずれも80年代を代表するヒット曲だ。

Tom Kellyは爽快なハイトーン・ヴォイスを操る優秀なセッション・シンガーでもあり、70年代にはAORの名バンドFools Goldのメンバーとして活動した。

この『Taking A Cold Look』は、彼らのワン&オンリー作。
プロデュースをKeith Olsenと、TOTOのギタリストであるSteve Lukatherが担当した。

メロディアスでキャッチーな曲が揃っており、とても聴きやすいアルバムだ。
Mike Baird(ds)のタイトなドラムスをバックにSteve Lukather(g)がハードなギターを弾き、Tom Kellyがハイトーン・ヴォイスで歌うというスタイルも爽快。
David PaichやSteve Porcaroが参加しており、TOTOのような雰囲気も感じられる。

3曲目の「Alone」は、HeartがNo.1ヒットさせた「Alone」の原曲である。
メロディがHeartの「Alone」とは微妙に違うところがあり、聴き比べると面白い。

「I Don't Want To Lose You」はReo Speedwagonが1988年にカバー。
同年のコンピレーション・アルバム『The Hits』に収録されている。

「The Easy Way Out」は、Juice Newtonが翌1984年のアルバム『Can't Wait All Night』でカバーした。

このアルバムは、ソニーの「AOR CITY 1000」シリーズの第2弾として、8月17日にCDが再発されている。
2013年のリマスタリング。解説は金澤 寿和氏である。

●収録曲
1. Talking A Cold Look
2. Quicksand
3. Alone
4. Workin' For A Lovin
5. Lonely In Each Other's Arms
6. I Don't Want To Lose You
7. Time To Say Goodbye
8. The Easy Way Out
9. I've Been Crying
10. Pressing My Luck


◆プロデュース: Steve Lukather(g, k, sy), Keith Olsen

参加ミュージシャン: Tom Kelly(vo, g, k), Billy Steinberg(vo, g)
with Alan Pasqua/David Paich(k, sy), Mike Baird(ds), Dennis Belfield(b), Steve Porcaro/Peggy Sandvig(sy), Chas Sandford(g), Richard Page(bv), Lenny Castro(per)

▶こちらもお薦め

関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサード リンク



2016/08/19 18:57 AOR名盤(1983年) TB(0) CM(0)
コメント













 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/195-92c6d3f0
カテゴリー一覧

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサード リンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年作『Bobby Caldwell

お気に入りに追加

ブロとも申請

この人とブロともになる

お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
ミュージックのお薦め
アクセスランキング
QRコード
QR
最新記事一覧
AOR名盤(1976年) - Ned Doheny / Hard Candy 2017/06/22
AOR名盤(1979年) - Deniece Williams / When Love Comes Calling 2017/06/21
AOR名盤(1983年) - Paul Anka / Walk A Fine Line 2017/06/20
AOR名盤(1982年) - Dwayne Ford / Needless Freaking 2017/06/19
AOR名盤(1980年) - Nigel Olsson / Changing Tides 2017/06/18
Amazon専用ストア
アクセスカウンター