音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサード リンク

Bridge 2 Farの1989年のアルバム『Bridge 2 Far』。
Bridge 2 Far / Bridge 2 Far (1989年)
Bridge 2 Farは、売れっ子セッション・ドラマーのJohn Robinsonとイギリス出身のシンガー・ソングライターであるMark Williamsonによるユニット。本作は、彼らの唯一のアルバムである。

John Robinsonは、Quincy Jonesの作品には欠かせないセッション・ドラマー。Michael Jacksonの『Off The Wall』(79年)、The Brothers Johnsonの『Light Up The Night』(80年)、George Bensonの『Give Me The Night』(80年)、Quincy Jonesの『The Dude』(81年)などなど、数々の名盤でプレイしている。

一方のMark Williamsonも、CCMシーンで70年代から活動するベテランで、本作の時点でソロ・アルバムを4作、自身のリーダー・バンド「Mark Williamson Band」のアルバムを2作リリースしている。ソウルフルでハスキーな歌声はMichael Boltonを思わせるところがあり、歌声だけでなく風貌も似ている。なお、「Mark Williamson Band」には、AOR/CCM系で人気のあるシンガー・ソングライターのChris Eatonも在籍した。

本作は、メロディアスな楽曲とダイナミックでハードな演奏の両方を楽しめるアルバム。所々に80年代らしい機械的な味付けをセンス良く取り入れて、80'sが品良く香るサウンドになっている。

収録曲は「I Must Be Blind」を除いて彼らのオリジナル。Chris Eatonが3曲(1, 3, 4)を共作しており、全体としてはChrisの86年のアルバム『Vision』のようなハード・ロマンティックな雰囲気がある。

Chrisとの共作曲の中では1曲目の「Heaven On Earth」が素晴らしく、フックのあるサビのメロディと、そこで効果的に使われるSaxの音がとても印象的。

続くミディアム・スローのバラード「I Must Be Blind」は、元Far CryのPhil Galdstonの作。ここではSteve Lukather(g)が情熱的なソロを披露している。「Caught Inside Your Heart」と「Hold You Tonight」の2曲もバラード。どちらもMark Williamsonがしっとりと歌い上げるロマンティックな曲だ。

Bridge 2 Farのアルバムは本作のみだが、彼らは後にロック・ギタリストの名手Michael Thompsonを迎えてTRW(Thompson, Robinson, Williamson)を結成し、2007年にアルバム『』をリリースする。Michael Thompsonが気持ち良くギターを弾く、渋いハード・ロック・アルバムだ。

なお、Mark Williamsonのソロ・アルバムでは、79年の『So Far So Good』が金澤寿和氏の著書『AOR Light Mellow』に紹介されているが、残念ながら入手困難。いつかCD化されたら聴いてみたい。

●収録曲
1. Heaven On Earth - 4:22
2. I Must Be Blind - 4:14
3. Say You Will - 3:55
4. Anyone Out There - 4:52
5. Caught Inside Your Heart - 4:52
6. We Got A Way - 4:18
7. Hold You Tonight - 5:03
8. Straight To The Heart - 4:22
9. This Is Killing Me - 4:52


◆プロデュース: Alan Shacklock, John Robinson(ds, k, b, per), Mark Williamson(vo, g, b, k)

◆参加ミュージシャン: Martin Walsh/Steve Lukather/Michael Landau/Al McKay/Clem Clemson(g), Neil Stubenhaus/Freddie Washington(b), Aaron Zigman/David Paich/Larry Williams/John Van Tongren/Richard Souther(k), Jerry Hey(horns), Kirk Whalum(sax), Lance Ellington/Chris Eaton(bv), etc


関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサード リンク



2017/04/26 16:53 AOR名盤(1984~1990年) TB(0) CM(0)
コメント













 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/196-06dece60
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサード リンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
Soul/R&B名盤(1985年) - Dionne Warwick / Friends 2017/08/16
Rock名盤(1977年) - Dave Mason / Let It Flow (流れるままに) 2017/08/14
Rock名盤(1977年) - The Sons Of Champlin / Loving Is Why 2017/08/12
AOR名盤(1977年) - Kenny Loggins / Celebrate Me Home (未来への誓い) 2017/08/10
AOR名盤(1988年) - Boz Scaggs / Other Roads 2017/08/08
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
アクセスカウンター