音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサード リンク

Jan Akkermanの1978年のライヴ・アルバム『Live』の紹介です。

2月25日に、ワーナー・ミュージック・ジャパンの「Fusion Bestコレクション1000」シリーズの第5弾として発売されました。
国内初CD化です。

Jan Akkermanは、オランダが誇るプログレッシヴ・ロックの名バンド「Focus」の元ギタリスト。
1976年にFocusを脱退しますが、ソロ活動としてもJazz Rockのアルバムを出しています。

本作『Live』は、1978年7月7日、スイスの「Montreux Jazz Festival」でのライヴを収録したもの。
収録時間は35分と短いですが、Jan Akkermanの多彩なギターを堪能でき、ギター・インスト・アルバムが好きな方にお薦めです。

本作以前には次のようなソロ・アルバムがあり、ライヴでは『Jan Akkerman / 寛ぎの時』から3曲、Focus時代のアルバムから1曲を選曲しています。
・『Talent For Sale』(1968年作)
・『Profile』(1972年作)
・『Tabernakel / 流浪の神殿』(1973年作)
・『Eli』(1976年作、Kaz Luxとの共作)
・『Jan Akkerman / 寛ぎの時』(1977年作)
・『Aranjuez』(1979年作、Claus Ogermanとの共作)

「Fusion Bestコレクション1000」シリーズでは、2014年11月の第3弾で『Tabernakel / 流浪の神殿』が、12月の第4弾で『Eli』と『Jan Akkerman / 寛ぎの時』が既に発売されています。

いずれも24bitデジタル・リマスタリング、解説付きで、1,080円という価格でお薦めです。

●収録曲
1. Transitory
2. Skydancer
3. Pavane
4. Crackers
5. Tommy
6. Azimuth


関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサード リンク



2015/03/01 13:24 Jazz Rock TB(0) CM(0)
コメント













 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/198-190cede4
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサード リンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
AOR名盤(1983年) - Peter Allen / Not The Boy Next Door 2017/08/22
Rock名盤(1980年) - Paul Simon / One Trick Pony 2017/08/20
Soul/R&B名盤(1985年) - Dionne Warwick / Friends 2017/08/16
Rock名盤(1977年) - Dave Mason / Let It Flow (流れるままに) 2017/08/14
Rock名盤(1977年) - The Sons Of Champlin / Loving Is Why 2017/08/12
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
アクセスカウンター