音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサード リンク

England Dan & John Ford Coleyの1979年作『Dr. Heckle And Mr. Jive』。
England Dan & John Ford Coley / Dr. Heckle And Mr. Jive
England Dan & John Ford Coleyは1970年から活動しているアメリカの男性ソフト・ロック・デュオ。
1976年作『Nights Are Forever』からシングル・カットされた「I'd Really Love to See You Tonight / 秋風の恋」がBillboard Hot 100チャートの2位となる大ヒットを記録し、名が知られるようになった。

本作『Dr. Heckle And Mr. Jive』は7作目にあたる。
持ち前の爽やかなコーラスと瑞々しいメロディはそのままに、Steve Lukather(g)やJeff Porcaro(ds)等、TOTOのメンバーが参加したことでサウンドに厚みと艶が出て、爽快なAORアルバムとなった。

3, 4, 7, 11は外部のソング・ライターの曲。
ロック調の「Another Golden Oldie Night For Wendy」はDennis Linde作、マイルドなバラード「Broken Hearted Me」はRandy Goodrum作である。

Todd Rundgren作の名バラード「Love Is the Answer」はシングル・カットされ、Billboard Hot 100チャートの10位になった。
この曲のオリジナルはUtopiaの1977年作『Oops Wrong Planet / 悪夢の惑星』に収録されている。

メロディが爽やかな「What's Forever For」はRafe VanHoy作。
Michael Martin Murpheyが1982年のアルバム『Michael Martin Murphey』でこの曲を取り上げ、シングル・ヒットもさせている(Hot 100チャート19位)。

Steve Lukatherが縦横無尽にギターを弾くTOTOテイストの「Children of the Half-Light」も聴きどころ。

このアルバムは、ワーナーの「AOR BEST SELECTION 1300」シリーズの第2弾として、10月19日に高品質SHM-CDで再発された。
本作が最後のスタジオ・アルバムとなり、1980年に『Just Tell Me You Love Me』というサウンド・トラックをリリース後、England Dan & John Ford Coleyはコンビを解散。

2015年3月にはEdsel Recordsから、最盛期の4作品を収めた2CDのセット『England Dan & John Ford Coley: The Atlantic Albums +』が発売されている。
収録アルバムは、『Nights Are Forever』(1976年)、『Dowdy Ferry Road』(1977年)、『Some Things Don't Come Easy』(1978年作)と本作。
ソフト・ロック・ファン、AORファンには嬉しいパッケージだ。

●収録曲
1. Hollywood Heckle and Jive - 4:05
2. What Can I Do With This Broken Heart / 涙の面影 - 3:12
3. Another Golden Oldie Night For Wendy / ウェンディの夢みる夜 - 3:43
4. Broken Hearted Me / 君はいまもこの胸に - 3:55
5. Children of the Half-Light / 光を求めて - 3:45
6. Rolling Fever - 3:24
7. Love Is the Answer / 愛こそ証 - 4:41
8. Only A Matter of Time - 3:16
9. Caught Up In The Middle / 君のとりこに - 4:06
10. Running After You / 愛の追跡 - 3:07
11. What's Forever For - 3:25


◆プロデュース: Kyle Lehning

◆参加ミュージシャン: Dan Seals(vo, ag), John Corey(vo, k)
with Steve Lukather/Lee Ritenour/Steve Gibson/Richie Zito(g), Greg Phillinganes/Bill Payne/Steve Porcaro/Jai Winding/Joey Calbone(k), Lee Sklar/Wilton Felder(b), Jeff Porcaro/Ed Greene(ds), Ernie Watts(sax), Leslie & Kelly Bulkin(bv), etc.

▶こちらもお薦め

関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサード リンク



2016/08/16 17:41 AOR名盤(1979年) TB(0) CM(0)
コメント













 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/202-1faa3829
カテゴリー一覧

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサード リンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年作『Bobby Caldwell

お気に入りに追加

ブロとも申請

この人とブロともになる

お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
ミュージックのお薦め
アクセスランキング
QRコード
QR
最新記事一覧
AOR名盤(1981年) - James Taylor / Dad Loves His Work 2017/06/24
AOR名盤(1979年) - J.D. Souther / You're Only Lonely 2017/06/23
AOR名盤(1976年) - Ned Doheny / Hard Candy 2017/06/22
AOR名盤(1979年) - Deniece Williams / When Love Comes Calling 2017/06/21
AOR名盤(1983年) - Paul Anka / Walk A Fine Line 2017/06/20
Amazon専用ストア
アクセスカウンター