音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサード リンク

John O' Banionの1982年作『Danger』の紹介です。

1982年の東京音楽祭でグランプリを受賞した「I Don't Want To Lose Your Love / きみだけのバラード」を収録したアルバムです。

金澤寿和氏の『AOR Light Mellow』では、1981年のファースト・アルバム『John O' Banion / 僕のラヴ・ソング』が紹介されています。

ファースト・アルバムは、微熱系のサウンドと切ないメロディ、情熱的なヴォーカルを堪能できるハイクオリティなAOR。
個人的に大好きなアルバムです。

このセカンド・アルバムもファーストと同様の路線。
John O' Banionの音域の広いヴォーカルと豊かなメロディ、Carlos Vega(ds)等、腕の確かなミュージシャンによるしっかりした演奏を楽しむことができます。

特に、「I Don't Want To Lose Your Love」、「Take Me Back」、「Inside This Heart Of Mine」などのバラードが素晴らしい。

2011年にヴィヴィッド・サウンドから紙ジャケットで再発されたCDには、ボーナス・トラックとして4曲が収録されました。
そのうちの3曲は1982年の東京虎ノ門久保講堂でのライヴ。
アルバムと遜色ないクオリティの当時のライヴが再現されています。

●収録曲
1. Danger
2. She Doesn't Mean A Thing To Me
3. I Don't Want To Lose Your Love
4. Thru The Eyes Of Love
5. Undercover Love
6. Our Love
7. I'm The One
8. Deep In The Night
9. Let Me Be Yours Tonight
10. Take Me Back
11. Inside This Heart Of Mine
12. Thru The Eyes Of Love (Live)
13. Standing On The Edge (Live)
14. Caught (Live)


◆プロデュース: Joey Carbone, Richie Zito

◆参加ミュージシャン: Carlos Vega(ds), Richie Zito(g, k), John Pierce(b), Joey Carbone(k), Paulinho Da Costa(per), James Newton Howard(sy), Jim Horn(sax), Bobby Kimball, Joe Chemay(bv), etc.


関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサード リンク



2015/03/29 19:18 AOR名盤(1982年) TB(0) CM(0)
コメント













 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/206-3115fbe7
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサード リンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
Soul/R&B名盤(1985年) - Dionne Warwick / Friends 2017/08/16
Rock名盤(1977年) - Dave Mason / Let It Flow (流れるままに) 2017/08/14
Rock名盤(1977年) - The Sons Of Champlin / Loving Is Why 2017/08/12
AOR名盤(1977年) - Kenny Loggins / Celebrate Me Home (未来への誓い) 2017/08/10
AOR名盤(1988年) - Boz Scaggs / Other Roads 2017/08/08
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
アクセスカウンター