音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサード リンク

David Packの1985年作『Anywhere You Go』。
David Pack / Anywhere You Go
David PackはAmbrosiaのヴォーカリスト兼ギタリストであり中心人物。

Ambrosiaは、結成当初はプログレッシヴ・ロックを指向していたが、その後、コンテンポラリーなサウンドに転向。
「How Much I Feel」(1978年, 3位)、「Biggest Part Of Me」(1980年, 3位)、「You're The Only Woman」(1980年, 13位)などのメロウ・バラードを次々とヒットさせて成功を収めた。
これらの曲を書いた優れたソング・ライターがDavid Packだ。

本作はDavid Packの初のソロ・アルバム。
ビターでロマンティックなメロディを、80年代らしい打ち込み系のサウンドで上手に料理しており、この時期のAORとしては最高の一枚である。

何と言っても、「That Girl Is Gone」、「I Just Can't Let Go」などのバラードの出来が頗る良い。
特に「I Just Can't Let Go」では、David Pack、Michael McDonald、James Ingramの3人のクリスタル・ヴォイスによる極上のハーモニーを聴くことができる。

スターターの「Anywhere You Go」も、爽やかな風が吹き抜けるようなポジティヴな曲だ。

全ての曲をDavid Packが書いているが、共作メンバーにはTOTOのMike Porcaro(1)、Randy Goodrum(3)、James Ingram, Michael McDonald(6)等の名前が見られる。

また、参加ミュージシャンには米国プログレ・バンドの代表であるKansasのKerry Livgren(g, k), John Elefante(bv)の名前があり、AOR路線にシフトしたKansasが好きな人にもお薦めだ。

「Prove Me Wrong」ではTOTOのJeff Porcaroがドラムスを叩いている。
この曲は同年の映画『White Nights』のサウンド・トラックに使われた。

このアルバムは、ワーナーの「AOR BEST SELECTION 1300」シリーズの第1弾として、9月21日に高品質SHM-CDで再発された。
久しく入手が難しかったCDなので、嬉しい再発である。

●収録曲
1. Anywhere You Go - 5:00
2. I Just Can't Let Go - 4:54
3. Won't Let You Lose Me / 愛を消さないで - 3:37
4. My Baby - 4:17
5. That Girl Is Gone - 4:46
6. She Don't (Come Around Anymore) - 5:26
7. Do Ya - 4:48
8. Prove Me Wrong - 4:20
9. No Direction (No Way Home) - 5:46
10. Just Be You - 4:15


◆プロデュース: David Pack(vo, g, k, prog), Michael Verdick

◆参加ミュージシャン: Kerry Livgren(g, k), James Newton Howard/Jai Winding(k), Hawk Wolinski(sy), Joe Puerto(b, bv), Stanley Clarke/Mike Porcaro(b), Jeff Porcaro/John Robinson/Prairie Prince/George Perilli(ds), Burliegh Drummond/Paulinho Da Costa(per), Ernie Watts(sax), Michael McDonald/James Ingram/John Elefante/Jennifer Holliday(bv), etc.


関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサード リンク



2016/08/07 16:11 AOR名盤(1984~1990年) TB(0) CM(0)
コメント













 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/211-c07bbeda
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサード リンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
Soul/R&B名盤(1985年) - Dionne Warwick / Friends 2017/08/16
Rock名盤(1977年) - Dave Mason / Let It Flow (流れるままに) 2017/08/14
Rock名盤(1977年) - The Sons Of Champlin / Loving Is Why 2017/08/12
AOR名盤(1977年) - Kenny Loggins / Celebrate Me Home (未来への誓い) 2017/08/10
AOR名盤(1988年) - Boz Scaggs / Other Roads 2017/08/08
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
アクセスカウンター