音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサード リンク

Dane Donohueの1978年のアルバム『Dane Donohue』。
Dane Donohue / Dane Donohue (1978年)
Dane Donohueはアメリカのシンガー・ソングライター。その唯一のアルバムが本作である。内容がとても素晴らしく、錚々たるミュージシャンを集めて制作されているが、本作以外にDane Donohueの名前を目にすることは(殆ど)無い。謎めいたミュージシャン、アルバムである。

本作のプロデュースはTerence Boylanが担当した。Terence Boylanは前年に『Terence Boylan / リリシズム』というアルバムを出しているが、それと本作のサウンド、二人の歌声はとても良く似ている。参加ミュージシャンも半分ぐらいは重なる。

1曲目の「Casablanca」を聴くと鳥肌の立つような感動を覚える。哀愁を帯びたメロディが何と切ないことか。曲の終わりでは全員一丸でスリリングな演奏を展開し、ドラマティックに曲を盛り上げる。繊細ながら情熱的なLarry Carltonのギターも素晴らしい。

曲は全てDane Donohueが書いており、約半分(1, 2, 6, 7, 9, 10)をDavid Getreau, Mark Fisherと共作している。どの曲も、メロディが良い。Dane Donohueの乾いたヴォーカルにはどこか厭世的でロマンティックな響きがあり、曲の雰囲気と合っている。

特に「Woman / 女」「Where Will You Go / 去りゆく君」「Whatever Happened / 突然の出来事」「Congratulations」の枯れた味わいは秀逸。

「Freedom」や「Can't Be Seen / 煙に消されて」「Tracey」でのジャジーでスリリングな演奏は、参加ミュージシャンの技量のなせる技。Stevie Nicksの魅惑のバック・ヴォーカルやErnie WattsのSaxも、とても存在感がある。「Tracey」ではChuck Raineyのベースが凄い。

ロマンティシズムと男の哀愁が漂う素敵なアルバム。ちなにみ、Bertie Higginsの82年のアルバム『Just Another Day In Paradise』にも「Casablanca」という曲があり、郷ひろみが「哀愁のカサブランカ」というタイトルでカヴァーしたが、Donohueの「Casablanca」の方がうわてかな。

●収録曲
1. Casablanca - 4:01
2. Dance With The Stranger - 4:00
3. What Am I Supposed To Do / 想いを馳せて - 3:40
4. Woman / 女 - 3:52
5. Where Will You Go / 去りゆく君 - 3:38
6. Freedom - 3:04
7. Can't Be Seen / 煙に消されて - 3:00
8. Whatever Happened / 突然の出来事 - 3:01
9. Tracey - 3:35
10. Congratulations - 2:53


◆プロデュース: Terence Boylan, Jai Winding(k, bv), Steve Hodge, John Boylan

◆参加ミュージシャン: Dane Donohue(vo, g), Larry Carlton/Jay Graydon/Steve Lukather(g), Victor Feldman(k, per, vib), Chuck Rainey/Mike Porcaro/Bob Glaub(b), Steve Gadd/Ed Greene(ds), Ernie Watts(sax), Don Henley/Stevie Nicks/J.D. Souther/Timothy B. Schmit/Bill Champlin/Tom Kelly(bv), etc

▶こちらもお薦め

関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサード リンク



2017/06/17 18:52 AOR名盤(1978年) TB(0) CM(2)
コメント
大好きなアルバムです
こんばんは。
コレ、大好きなんです。とにかく楽曲がイイ。もちろんバックのミュージシャンの演奏もいいんですが。
哀愁漂うメロディに、抑え気味の演奏。いいですね。
それにしても、なぜセカンドアルバムすら発表されずに、シーンから消えていったのか、個人的にはAOR最大の謎です。
2017/06/17 19:46 240 URL [ 編集 ]
Re: 大好きなアルバムです
240さん、こんばんは

いいですよね~、このアルバム。男の哀愁が漂う感じで。
続きがないのは確かに不思議です。足跡を調べても、殆ど出てこないですね。ただ、Chasing Violetsというフランスの女性デュオの2012年のアルバム『Outside Heaven』のタイトル曲のバック・ヴォーカルにDane Donohueの名前がありますね。本人かどうか分からないですが…
2017/06/17 20:10 Warm Breeze URL













 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/213-bd565834
カテゴリー一覧

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサード リンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年作『Bobby Caldwell

お気に入りに追加

ブロとも申請

この人とブロともになる

お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
ミュージックのお薦め
アクセスランキング
QRコード
QR
最新記事一覧
AOR名盤(1979年) - J.D. Souther / You're Only Lonely 2017/06/23
AOR名盤(1976年) - Ned Doheny / Hard Candy 2017/06/22
AOR名盤(1979年) - Deniece Williams / When Love Comes Calling 2017/06/21
AOR名盤(1983年) - Paul Anka / Walk A Fine Line 2017/06/20
AOR名盤(1982年) - Dwayne Ford / Needless Freaking 2017/06/19
Amazon専用ストア
アクセスカウンター