音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサード リンク

Carly Simonの1978年作『Boys In The Trees / 男の子のように』。
Carly Simon / Boys In The Trees
本作は、アメリカの女性シンガーソング・ライター、Carly Simonの7枚目のスタジオ・アルバム。

収録された11曲は、夫James Taylor作の「One Man Woman」と、The Everly Brothersのカヴァー「Devoted To You / 愛をいつまでも」を除き、彼女のオリジナルである。

1曲目の「You Belong to Me」は、Michael McDonaldとの共作。
ソウルフルでメロウなこの曲はセカンド・シングルとなり、Billboard Pop Singlesチャートの6位となるヒットを記録した。
本作に先駆けて、The Doobie Brothersが前年のアルバム『Livin' on the Fault Line / 運命の掟』にこの曲を収録している。

「Devoted To You / 愛をいつまでも」は、The Everly Brothersの1958年のヒット曲のカバー。
夫であるJames Taylorとデュエットしており、仲睦まじい。
ヒットこそしなかったが、この曲が本作からのファースト・シングルである。

James Taylorはブルージーなロック・チューン「One Man Woman」も提供。
また、「Tranquillo (Melt My Heart) / 燃えるハート」をCarly Simonと共作している。

タイトル曲「Boys In The Trees」は感動の一曲。
Carly Simonが落ち着いた声で "Boys grew in the trees ..." と唄う、静謐なナンバーだ。
透明感の高いアコースティックなアレンジも、鳥肌の立つような美しさである。
この曲における彼女の大人びた魅力と包容力の前では、少年のようになるしかない。

本作の参加ミュージシャンは、STUFFのメンバーに加え、David SanbornやMichael Brecker等、Fusionシーンの実力派揃い。
マイルドで落ち着いたサウンドに仕上がっている。

Carly Simonは私の大好きな女性アーティストだ。
女性として憧れていると言った方が良い。

どの曲も、どのアルバム・ジャケットの彼女も素敵だ。
その圧倒的な美貌は言うまでもなく、包容力、たくましさとしなやかさ、時折見せる弱さや "隙" のようなもの、それら全てにいわく言いがたい魅力を感じる。

●収録曲
1. You Belong To Me - 3:52
2. Boys In The Trees / 男の子のように - 3:13
3. Back Down To Earth / 幸福はどこへ - 3:08
4. Devoted To You / 愛をいつまでも - 2:29
5. De Bat (Fly In Me Face) / 気まぐれコウモリ - 2:28
6. Haunting / 愛のとりこ - 2:28
7. Tranquillo (Melt My Heart) / 燃えるハート - 4:02
8. You're The One / あなただけ - 3:38
9. In A Small Moment - 3:08
10. One Man Woman - 3:39
11. For Old Times Sake / 想い出を抱きしめて - 3:41


◆プロデュース: Arif Mardin

◆参加ミュージシャン: Carly Simon(vo, ag), James Taylor(ag, bv), John Hall/Hamish Stuart(g, bv), Cornell Dupree/Eric Gale/Jeff Mironov/Hugh McCracken(g), Richard Tee/Don Grolnick(k), Will Lee/Tony Levin/Gordon Edwards(b), Steve Gadd(ds), David Sanborn/Michael Brecker(sax), Luther Vandross/Cissy Houston(bv), etc.


関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサード リンク



2016/08/27 16:29 AOR名盤(1978年) TB(0) CM(0)
コメント













 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/226-89c9a400
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサード リンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
Soul/R&B名盤(1985年) - Dionne Warwick / Friends 2017/08/16
Rock名盤(1977年) - Dave Mason / Let It Flow (流れるままに) 2017/08/14
Rock名盤(1977年) - The Sons Of Champlin / Loving Is Why 2017/08/12
AOR名盤(1977年) - Kenny Loggins / Celebrate Me Home (未来への誓い) 2017/08/10
AOR名盤(1988年) - Boz Scaggs / Other Roads 2017/08/08
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
アクセスカウンター