音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサード リンク

Ned Dohenyの1976年のアルバム『Hard Candy』。
Ned Doheny / Hard Candy (1976年)
Ned Dohenyは70年代の米ウェストコースト音楽シーンで活躍した男性シンガー・ソングライター。Jackson BrowneやJ.D. Southerと同時期にアサイラム・レコードからデビューし、73年に爽やかなファースト・アルバム『Ned Doheny First』を、76年にAOR屈指の名盤として知られる本作『Hard Candy』をリリースした。

海辺でシャワーのしぶきを浴びるジャケットからは "真夏のぎらつく太陽" 的なサウンドを想像するが、聴こえてくるのはアコースティックを基調とするソウルフルなサウンド。夏の終わり、陽の傾いた海岸で、穏やかな風に吹かれて涼む。そんな心地よさのある音楽だ。

全曲がNed Dohenyの作で、「A Love of Your Own」のみAverage White BandのHamish Stuartとの共作。どの曲にもソウルやジャズの香りが漂う。

ビターな「Get It Up for Love / 恋は幻」は多くのカヴァーが存在する名曲。David Cassidyの75年のアルバム『The Higher They Climb - The Harder They Fall』の他、Nigel Olssonの『Nigel Olsson』(75年)、The Mobの『The Mob』(75年)、Maxine Nightingaleの『Night Life』(77年)、Táta Vegaの『Try My Love』(78年)などのアルバムで歌われている。

「A Love of Your Own」も渋い曲。Average White Bandの同年のアルバム『』に収録された他、Melissa Manchesterの77年のアルバム『Singin'... / 雨と唄えば』や、Leslie Smithの92年のアルバム『』などでカヴァーされた。

Ned Dohenyの歌声には少年のような甘さがありながら、そこはかとない大人の陰りがある。この微妙なバランスが魅力で、どの曲もロマンティックに響く。特にラストの「Valentine」は秀逸。ジャジーなメロディを、David Fosterのピアノをバックに切なげに歌う。

フロント・カヴァーの写真はMoshe Brakha (モシャ・ブラカ)氏が撮った。Boz Scaggsの名盤『Silk Degrees』の艶っぽいジャケットを撮った写真家だ。バック・カヴァーでは水を豪快に浴びており、2014年に発売されたベスト盤『』のフロント・カヴァートには、これが採用された。
Ned Doheny / Hard Candy (バック・カヴァー)
2017年8月にはソニーの「AOR CITY 1000」シリーズから、79年のサード・アルバム『Prone』のCDも再発されており、こちらもお薦め。

●収録曲
1. Get It Up for Love / 恋は幻 - 4:44
2. If You Should Fall / 恋におちたら - 3:36
3. Each Time You Pray / 愛を求めて - 3:38
4. When Love Hangs in the Balance / 傷心の恋 - 5:12
5. A Love Of Your Own - 3:46
6. I've Got Your Number - 3:14
7. On The Swingshift - 3:03
8. Sing To Me / 歌っておくれ - 3:36
9. Valentine (I Was Wrong About You) - 5:06


◆プロデュース: Steve Cropper(g)

◆参加ミュージシャン: Ned Doheny(vo, g), David Foster/Craig Dorege(k), Brian Garofalo(b), Gary Mallaber(ds), Tower Of Power(horn), Glenn Frey/Don Henley/J.D. Souther/Linda Ronstadt/Hamish Stuart/Rosemary Butler(bv), etc


関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサード リンク



2017/06/22 15:16 AOR名盤(1974~1976年) TB(0) CM(0)
コメント













 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/233-afa65906
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサード リンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
AOR名盤(1983年) - Peter Allen / Not The Boy Next Door 2017/08/22
Rock名盤(1980年) - Paul Simon / One Trick Pony 2017/08/20
Soul/R&B名盤(1985年) - Dionne Warwick / Friends 2017/08/16
Rock名盤(1977年) - Dave Mason / Let It Flow (流れるままに) 2017/08/14
Rock名盤(1977年) - The Sons Of Champlin / Loving Is Why 2017/08/12
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
アクセスカウンター