音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサード リンク

Randy Crawfordの1981年作『Secret Combination / 愛の諜報員』。
Randy Crawford / Secret Combination (愛の諜報員)
Randy Crawfordはアメリカの女性Jazz/R&Bシンガー。
The Crusadersの1979年のヒット曲「Street Life」の熱唱が有名だ。

本作は、Randy Crawfordの通算5枚目のアルバム。
Tommy LiPuma(プロデュース)、Al Schmitt(エンジニア)、Nick DeCaro(ストリングス・アレンジ)という黄金のコンビが制作した、AORの名盤である。

収録曲は全て、外部のソングライターもしくは他のアーティストの曲だ。

1曲目の「You Might Need Somebody / とどかぬ想い」は、Turley Richardsの1979年のアルバム『Therfu』の収録曲。
Tom Snowが曲を書いており、ポップなメロディはTom Snowらしいが、アレンジがSteely Danの曲のようにクール。
Turley Richardsの同じアルバムからはもう1曲、軽快なソウル・ナンバー「When I Lose My Way」もカバーしている。

Tom Snowは「You Bring The Sun Out / 翳りの中で」と、タイトル曲「Secret Combination / 愛の諜報員」の2曲も提供。
前者はしっとりした静かなバラードで、Tom Snowの作るメロディの美しさが際立つ。
後者はリラックスしたメロウ・チューン。

ソウルフルだが都会的な華のある「Two Lives」は、Marc Jordan作。
Robben Fordの弾くブルージーなギターの渋さが印象に残る。

Leon Russell作の「Time For Love / 愛の青い鳥」はロマンティッシズム溢れる爽やかな曲。
原曲は、Leon Russellの1974年のアルバム『Stop All That Jazz』に収録されている。

ラストの「Trade Winds / 貿易風」は、雄大でスケールの大きいナンバー。
Nick DeCaroによるストリングスが、ため息の出るような美しさだ。
Rod Stewartも1976年の名作『Night on the Town』のラストで、この曲を熱唱した。

Tommy LiPumaのプロデュース作品はどれも良質で、安心して聴くことができる。
本作も素晴らしい内容だが、『愛の諜報員』という邦題だけはさすがに違和感がある。

●収録曲
1. You Might Need Somebody / とどかぬ想い - 4:17
2. Rainy Night In Georgia / 雨のジョージア - 4:21
3. That's How Heartaches Are Made - 2:55
4. Two Lives - 3:47
5. You Bring The Sun Out / 翳りの中で - 3:25
6. Rio De Janeiro Blue - 4:16
7. Secret Combination / 愛の諜報員 - 3:23
8. When I Lose My Way - 3:43
9. Time For Love / 愛の青い鳥 - 4:15
10. Trade Winds / 貿易風 - 4:58


◆プロデュース: Tommy LiPuma

◆参加ミュージシャン: Steve Lukather/Robben Ford/Dean Parks(g), Neil Larsen/Leon Pendervis(k), Abraham Laboriel(b), Jeff Porcaro(ds), Lenny Castro(per), Ernie Watts(sax), Phyllis St. James/Alphie Silas(bv), Nick DeCaro(strings ar), etc.


関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサード リンク



2016/09/08 17:48 AOR名盤(1981年) TB(0) CM(0)
コメント













 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/234-352c617c
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサード リンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
Soul/R&B名盤(1985年) - Dionne Warwick / Friends 2017/08/16
Rock名盤(1977年) - Dave Mason / Let It Flow (流れるままに) 2017/08/14
Rock名盤(1977年) - The Sons Of Champlin / Loving Is Why 2017/08/12
AOR名盤(1977年) - Kenny Loggins / Celebrate Me Home (未来への誓い) 2017/08/10
AOR名盤(1988年) - Boz Scaggs / Other Roads 2017/08/08
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
アクセスカウンター