音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサード リンク

Evie Sandsの1979年作『Suspended Animation』。
Evie Sands / Suspended Animation
Evie SandsはNY生まれのシンガーソング・ライター。
1970年と74年にアルバムが1枚ずつあり、本作がサード・アルバムとなる。
1965年から活動しているのでキャリアは長いが、アルバム制作に関してはとても寡作。
これまでに5枚のアルバムしか残していない。

本作の収録曲は、全てEvie Sandsのペンによるナンバーだ。

1曲目のメロウ・チューン「Lady Of The Night」を聴くと、体温が数度下がる心地がする。
Evie Sandsのアルト・ヴォイスには程よい暖かさと乾きがあり、夏の夕暮れに穏やかな風に吹かれているような心地よさがある。

他に、「Take A Little Love」や「As We Fall In Love Once More」、「I Don't Want To Let It Go」も、極上のメロウ・チューン。

「Get Up」のような熱いロック・ナンバーや、「Brain Damage」のようなラテン・フレイバーの曲もあるが、Evie Sandsのソウルフルな歌唱の素晴らしさは、スローな曲で発揮されるようだ。

Fusionシーンの実力あるプレイヤーやTOTOの面々による、要所を押さえた裏方仕事も見事。
特にギタリストは豪華で、Buzzy Feiten、Steve Lukather、Lee Ritenour、Richie Zito等が参加した。
ソロ・パートは基本的にBuzzy Feitenが弾いているが、「As We Fall In Love Once More」ではSteve Lukatherがとろけるようにセクシーなソロで魅了する。

ジャケットでは良く分からないが、Evie Sandsはとても美しい女性なので、画像をアップしておこう。
Evie Sands
暑い日のクール・ダウン用にお薦めの一枚である。

●収録曲
1. Lady Of The Night - 3:49
2. Keep My Lovelight Burnin' - 3:25
3. Take A Little Love - 3:33
4. I Can't Wait For You - 3:26
5. As We Fall In Love Once More - 6:08
6. Get Up - 3:45
7. You Sho' Look Good To Me - 3:45
8. You Can Do It - 4:17
9. I Don't Want To Let It Go - 4:04
10. Brain Damage - 4:35


◆プロデュース: Michael Stewart(bv), Evie Sands(vo, k)

◆参加ミュージシャン: Buzzy Feiten/Steve Lukather/Lee Ritenour(g), Greg Phillinganes(k), David Hungate/Reggie McBride(b), Andy Newmark/James Gadson(ds), Ollie E. Brown/Paulinho Da Costa(per), Bill Champlin/Bobby Kimball/Tom Kelly/Dusty Springfield(bv), etc.


関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサード リンク



2016/08/31 11:11 AOR名盤(1979年) TB(0) CM(0)
コメント













 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/239-0e4dc48f
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサード リンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
AOR名盤(1981年) - Niteflyte / Niteflyte II 2017/09/20
AOR名盤(1976年) - Silver / Silver (シルヴァー・ファースト) 2017/09/18
AOR名盤(1977年) - Fools Gold / Mr. Lucky 2017/09/15
AOR名盤(1978年) - Melissa Manchester / Don't Cry Out Loud 2017/09/13
AOR名盤(1980年) - Paul Davis / Paul Davis (パステル・メッセージ) 2017/09/11
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
アクセスカウンター