音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサード リンク

Diana Rossの1980年作『Diana」の紹介です。

モノトーン・ジャケットのDianaがとてもクール。
自信に満ち溢れています。

プロデュースしたのは、Chicの中心メンバーであるNile Rodgers(g)とBernard Edwards(b)。

「Upside Down」が全米1位、「I'm Coming Out」が全米5位のヒット。
セールス面で低迷していたDiana RossをChicが救いました。

Tony Thompson(ds)とBernard Edwards(b)の生み出す引き締まったビート。
Nile Rogers(g)の切れのあるギターのカッティング。
スマートなサウンドです。

Diana Rossの歌声は瑞々しく、エレガント。

今でも通用する、普遍的な心地良さのあるアルバムです。

●収録曲
1. Upside Down
2. Tenderness
3. Friend To Friend
4. I'm Coming Out
5. Have Fun
6. My Old Piano
7. Now That You're Gone
8. Give Up


関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサード リンク



2015/09/26 19:00 Soul / R&B(80年代) TB(0) CM(0)
コメント













 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/263-3439e03b
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサード リンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
AOR名盤(1983年) - Peter Allen / Not The Boy Next Door 2017/08/22
Rock名盤(1980年) - Paul Simon / One Trick Pony 2017/08/20
Soul/R&B名盤(1985年) - Dionne Warwick / Friends 2017/08/16
Rock名盤(1977年) - Dave Mason / Let It Flow (流れるままに) 2017/08/14
Rock名盤(1977年) - The Sons Of Champlin / Loving Is Why 2017/08/12
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
アクセスカウンター