音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサード リンク

Paul Simonの1975年の名作『Still Crazy After All These Years / 時の流れに』。
Paul Simon / Still Crazy After All These Years
本作は、Paul Simonの4枚目のソロ・アルバム。
最初のソロ・アルバムはSimon & Garfunkelの活動中に出されているため、S&G解散後のアルバムとしては3作目にあたる。

本作は、非凡なシンガー・ソングライターであるPaul Simonの代表作といって良いだろう。
セールス的にも、アルバムはBillboard 200チャートの1位を獲得し、今のところ、全米1位を獲得した唯一のソロ・アルバムである。シングルは、「50 Ways to Leave Your Lover」がBillboard Hot 100チャートの1位を獲得した他、「My Little Town」が同9位、「Gone at Last」が23位、「Still Crazy After All These Years」が40位をマーク。更に1976年のグラミー賞では、本作が「Album of the Year」と「Best Male Pop Vocal Performance」の2冠を受賞した。

昔の恋人に再開した心境を "Still Crazy After All These Years" と歌うタイトル曲。
"Still Crazy" とは、何と素敵なフレーズだろう。Barry Beckettの静かなエレピにリードされ、美しいメロディが淡々と流れる様は、さながら邦題の "時の流れ" のよう。穏やかで静かだが、本作の中で最も存在感があり、深い印象を心に刻みつける名曲だ。

爽やかな「My Little Town」は、S&G解散後、久しぶりにArt Garfunkelとデュエットした曲。
ヴォーカル・クレジットは、"Simon and Garfunkel" になっている。Art Garfunkelも、同年のセカンド・ソロ・アルバム『Breakaway / 愛への旅立ち』で、この曲を歌った。

続く「I'd Do It For Your Love / きみの愛のために」は、穏やかなバラード。
美しいメロディと、Ken Asherの優しいエレピが胸を打つ。

一転して、「50 Ways To Leave Your Lover / 恋人と別れる50の方法」は、とてもシリアスな曲調。
クールで精巧なドラム捌きは、職人的なドラマーのSteve Gadd。粋な女性バック・コーラスはPhoebe Snow, Valerie Simpson, Patti Austinの3人だ。

"すいすいと人生をわたっていく者がいる一方で、全くそうでない者もいる" と歌う、「Some Folks' Lives Roll Easy / ある人の人生」。切ないメロディに乗せて歌われるメッセージが苦い…。Bob Jamesの弾く美しいエレピが救いのように優しく、泣けてくる。

ラストでは、Paul Simonが「Silent Eyes / もの言わぬ目」をしっとりと歌い、アルバムの幕を閉じる。
この曲は、Paul Simonが音楽を担当した1975年の映画『Shampoo』で使われた。

深い味わいのある、苦い歌詞。熟したメロディと無駄のないサウンド。
Paul Simonは、80年代以降、民族音楽を始めとする多様な音楽を取り入れて活動の幅を広げるが、その本質はS&G時代からそうであったように、優れたシンガー・ソングライターであると思う。
本作は、Paul Simonのシンガー・ソングライターとしての魅力が凝縮された名盤である。

●収録曲
1. Still Crazy After All These Years / 時の流れに - 3:26
2. My Little Town - 3:51
3. I'd Do It For Your Love / きみの愛のために - 3:35
4. 50 Ways To Leave Your Lover / 恋人と別れる50の方法 - 3:37
5. Night Game - 2:58
6. Gone At Last / 哀しみにさようなら - 3:40
7. Some Folks' Lives Roll Easy / ある人の人生 - 3:14
8. Have A Good Time / 楽しくやろう - 3:26
9. You're Kind / 優しいあなた - 3:20
10. Silent Eyes / もの言わぬ目 - 4:12


◆プロデュース: Paul Simon(vo, ag, ar)

◆参加ミュージシャン: Phil Ramone/Art Garfunkel(vo), Bob James(k, ar), Joe Beck/Pete Carr/Hugh McCracken/John Tropea(g), Richard Tee/Barry Beckett(k), Tony Levin/Gordon Edwards/David Hood(b), Steve Gadd/Grady Tate/Roger Hawkins(ds), Ralph MacDonald(per), Sivuca(accordion, vo), Michael Brecker/David Sanborn(sax), Toots Thielmans(harmonica), Valerie Simpson/Patti Austin/Phoebe Snow(bv), etc.


関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサード リンク



2016/10/10 18:07 Rock / Pops名盤(70年代) TB(0) CM(0)
コメント













 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/265-f5e7b52b
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサード リンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
AOR名盤(1979年) - The Bliss Band / Neon Smiles 2017/09/24
AOR名盤(1982年) - China / China (夜明けのダンサー) 2017/09/22
AOR名盤(1981年) - Niteflyte / Niteflyte II 2017/09/20
AOR名盤(1976年) - Silver / Silver (シルヴァー・ファースト) 2017/09/18
AOR名盤(1977年) - Fools Gold / Mr. Lucky 2017/09/15
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
アクセスカウンター