音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサード リンク

Paul Ankaの1983年のアルバム『Walk A Fine Line / マイ・ソングス~朝のとばりの中で』。
Paul Anka / Walk A Fine Line (1983年)
Paul Ankaはカナダ出身のシンガー・ソングライター。「Diana」(57年, 米2位)、「Lonely Boy」(59年, 米1位)、「Put Your Head On My Shoulder」(59年, 米2位)、「(You're) Having My Baby」(74年, 米1位)などのヒット曲の作者であり、Frank Sinatraの代表曲である「My Way」の英詩を担当したことでも知られる。

50年代後半から60年代前半にヒットを飛ばしたクラブ歌手的なイメージがあるが、その後も途切れることなくアルバム制作を続け、70年代中盤には再びチャートに復帰するようになる。同郷のDavid Fosterとも徐々に親交を深め、そのFosterが最も関与したアルバムが本作『Walk A Fine Line』だ。

ラストの「Golden Boy」を除く全曲がPaul Ankaの作で、共作者にはDavid FosterとMichael McDonaldの名前が多く登場する。アレンジもFoster担当の7曲(1-3, 6-9)とMcDonald担当の2曲(4, 5)に分かれており、この3人を中心に制作されたアルバムという印象が強い。

1曲目の「Second Chance」はこの3人による共作で、本作の成り立ちを象徴する1曲。爽かなAORナンバーで、ACチャートの14位をマークした。

「Hold Me 'Til The Mornin' Comes / 朝のとばりの中で」はFosterと共作した美しいバラード。バックで歌うPeter Ceteraに存在感があり、どちらがメイン・ヴォーカルか分からないほど。Billboard Hot 100チャートの40位、ACチャートでは2位を記録し、アルバムの邦題にはこの曲が採用された。

McDonaldと共作した「No Way Out」はとろけるようにメロウな曲。Ernie WattsのSaxが切なく響き、Paul Ankaの歌声も哀愁たっぷりだ。続くタイトル曲「Walk A Fine Line」もMcDonaldとの共作で、小気味良いリズムとふくよかなサウンドはMcDonaldの作法といった感じ。

繊細なタッチのバラード「This Is The First Time」はPeter McCannとの共作。Pagesのさり気ないバック・コーラスが感動的に美しい。

CDは長らく入手困難な状態が続いていたが、ソニーの「AOR CITY 1000」シリーズから昨年7月に再発された。同じシリーズから今年の8月にも100タイトルのCDが発売されるが、Paul Ankaの78年のアルバム『Listen To Your Heart / 愛の旋律(しらべ)』が世界初CD化されるので楽しみだ。また、79年のアルバム『Headlines』のCDも再発される。

●収録曲
1. Second Chance - 3:54
2. Hold Me 'Til The Mornin' Comes / 朝のとばりの中で - 4:30
3. Darlin', Darlin' - 4:44
4. No Way Out - 4:26
5. Walk A Fine Line - 4:48
6. Take Me In Your Arms - 3:31
7. This Is The First Time - 4:22
8. Gimme The Word - 4:00
9. Golden Boy - 4:15


◆プロデュース: Denny Diante(ar)

◆参加ミュージシャン: Karla DeVito(vo), Jay Graydon(g, ar), Steve Lukather/Marty Walsh(g), David Foster/Bill Cuomo(k, ar), Michael McDonald(k, bv, ar), Michael Colombier(k), Nathan East/Lee Sklar(b), Jeff Porcaro/John Robinson/Mike Baird/Vinnie Colaiuta(ds), Paulinho Da Costa(per), Ernie Watts(sax), Peter Cetera/Kenny Loggins/Richard Page/Steve George/Steve Kipner(bv), etc


関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサード リンク



2017/06/20 15:38 AOR名盤(1983年) TB(0) CM(2)
コメント
おはようございます。今日はようやく梅雨天気となりましたね。水不足にならないためにお湿りも必要ですね。ポールアンカは1980年代も頑張っていたのか・・、ビックリ!またたまにはコチラにも遊びに来られて下さい。
2017/06/21 06:28 ローリングウエスト URL
Re: タイトルなし
RWさん、こんにちは

今日は久し振りにしっかりと雨が降ってますね。ポールアンカのこのアルバムは私も意外でした。レベルの高い洗練されたAORを聴くことが出来て、ポールアンカ=ダイアナという先入観を払拭できました。いいアルバム、まだまだ沢山ありますね。
2017/06/21 15:57 Warm Breeze URL













 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/267-efca484f
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサード リンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
Soul/R&B名盤(1985年) - Dionne Warwick / Friends 2017/08/16
Rock名盤(1977年) - Dave Mason / Let It Flow (流れるままに) 2017/08/14
Rock名盤(1977年) - The Sons Of Champlin / Loving Is Why 2017/08/12
AOR名盤(1977年) - Kenny Loggins / Celebrate Me Home (未来への誓い) 2017/08/10
AOR名盤(1988年) - Boz Scaggs / Other Roads 2017/08/08
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
アクセスカウンター