音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサード リンク

Sneakerの1981年のデビュー作『Sneaker / 想い出のスニーカー』。
Sneaker / Sneaker (想い出のスニーカー) (1981年)
SneakerはLAで結成された6人組のウェスト・コースト・ロック・バンド。

Steely Danの影響を色濃く受けたバンドであり、バンド名は、Steely Danの1975年作『Katy Lied / うそつきケイティ』に収録された人気曲「Bad Sneakers」から取っている。

スタジオ・アルバムは2枚あり、本作はファースト・アルバム。
セカンド・アルバムは翌1982年の『Loose In The World』である。
両アルバムとも、プロデュースをSteely Danの元メンバーであるJeffrey Baxter (Jeff Baxter)が担当しており、AORのファンのみならず、Steely Danのファンにも人気がある。

本作の1曲目、「Don't Let Me In」は、Steely DanのDonald FagenとWalter Beckerがまだ無名だった頃に作った曲のカヴァー。
曲の終わりには本家Jeff Baxterのギター・ソロを聴くことができる。

ちなみに、ラストの「No More Lonely Days」における最後のギター・ソロもJeff Baxter。
どちらのソロも、Jeff Baxterらしい、個性的なギターの音色とフレーズに聴き入ってしまう。

2曲目以降は、全て彼らのオリジナル。
その中でも、2曲目の「More Than Just The Two Of Us」は、Sneakerのキャリアを代表する名バラード。
綺麗なメロディと澄み切ったサウンドは極上の聴き心地であり、AORの数あるバラードの中でも最高の1曲と言える。
この曲はシングル・カットされ、Billboard Hot 100チャートの34位に到達した。

なお、本作にはDavid Fosterも参加しており、「Jaymes」でClavinetを弾いている。

Steely Danというとシニカルな歌詞や、洗練を極めた都会的なサウンドが持ち味であるが、初期から中期にかけては穏やかなアメリカン・ポップスを聴かせるバンドであった。
その頃のSteely Danを好きな人は、きっとこのアルバムを気に入ると思う。

クール・サウンドから2015年11月に、紙ジャケット仕様、Blu-Spec CD、ボーナス・トラック4曲収録という内容でCDが再発されている。
セカンド・アルバム『Loose In The World』も同時にCDが再発されており、併せてお薦めである。

●収録曲
1. Don't Let Me In - 4:13
2. More Than Just The Two Of Us - 4:21
3. One By One - 2:50
4. Jaymes - 3:44
5. In Time - 4:38
6. Get Up, Get Out - 3:32
7. Looking For Someone Like You - 4:01
8. Millionaire - 4:22
9. No More Lonely Days - 5:11
10. More Than Just The Two Of Us (demo version)
11. Don't Let Me In (demo version)
12. Easy With Your Love
13. Lazy Lady


◆プロデュース: Jeffrey Baxter(g)

◆参加ミュージシャン: Michael Carey Schneider(vo, k), Mitch Crane(vo, g), Tim Torrance(g), Michael Cottage(b, bv), Jim King(k, vibe), Mike Hughes(ds, bv)
with David Foster(k), Ed Green(ds), Bobby LaKind(per), etc.


関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサード リンク



2016/09/08 15:21 AOR名盤(1981年) TB(0) CM(0)
コメント













 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/269-cb02d205
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサード リンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
AOR名盤(1983年) - Peter Allen / Not The Boy Next Door 2017/08/22
Rock名盤(1980年) - Paul Simon / One Trick Pony 2017/08/20
Soul/R&B名盤(1985年) - Dionne Warwick / Friends 2017/08/16
Rock名盤(1977年) - Dave Mason / Let It Flow (流れるままに) 2017/08/14
Rock名盤(1977年) - The Sons Of Champlin / Loving Is Why 2017/08/12
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
アクセスカウンター